すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

フルオキセチン(プロザック)

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。










プロザック
  プロザック
1カプセル中フルオキセチン20mg
メーカー:Lilly
フルニル
フルニル(プロザックのジェネリック)
1カプセル中フルオキセチン10mg/20mg/40mg
メーカー:INTAS Pharma
 格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
 20mg
1箱24カプセル:3,000円
2箱48カプセル:5,600円
3箱72カプセル:7,800円
4箱96カプセル:9,600円
5箱120カプセル:11,000円
10mg
100カプセル:3,000円
200カプセル:5,600円
300カプセル:7,800円
400カプセル:9,600円
500カプセル:11,000円
 20mg
100カプセル:3,800円
200カプセル:7,200円
300カプセル:10,200円
400カプセル:12,800円
500カプセル:15,000円
40mg
100カプセル:4,500円
200カプセル:8,600円
300カプセル:12,300円
400カプセル:15,600円
500カプセル:18,500円

プロザックはレクサプロゾロフトルボックスパキシルセレクサと並んでよく処方される抗うつ剤です。

ブランド名:フルオキセチン(プロザック)
ジェネリック名:塩酸フルオキセチン
他のブランド名:フルオキセチン(プロザック)・ウィークリー、サラフェム

何故、フルオキセチン(プロザック)は処方されるか:
フルオキセチン(プロザック)は鬱の治療に処方されるものです。鬱の症状で主なものとしては、食欲、睡眠、精神、体の変化、性衝動の減退、疲労感、罪悪感、集中力の欠乏、思考力の低下、自殺観念などに異常が生じるなどがよく見られるものです。フルオキセチン(プロザック)はまた、強迫性障害の治療のためにも処方されます。強迫というのは離れない考えであり、強制というのは、なされた行為、不安を救うためになされたことをいいます。この薬はまた過食症(吐き気を伴う過食)の治療にも使用されます。また、肥満などその他の食性に関する問題にも使用されるものです。さらに、フルオキセチン(プロザック)はパニック障害、広場恐怖症を伴うパニックに対しても使用されます。パニック障害の人々は、通常パニックアタックに悩まされます。これは突然の恐怖感が理由なくおこるものです。心拍が急速になり、胸が痛み。汗をかき、震えがおこり、呼吸が苦しくなるなどの症状が見られます。子供や思春期では、フルニル(プロザック)は主な鬱や強迫性障害に用いられます。フルオキセチン(プロザック)・ウィークリーは主な鬱の症状に対しての使用が認められています。

サラフェムというブランド名のものでは、フルオキセチン(プロザック)の活性成分が、月経前緊張症として以前知られていた月経前不快気分障害の治療に処方されます。これらの病気の症状は、不安感、鬱、いらいら、怒り、気分の不安定、緊張感など精神的なものを含みます。肉体的には、腹部膨満、乳房圧痛、頭痛、関節や筋肉の痛みが見られます。女性の月経期の1−2週間前に徴候は現れます。

フルオキセチン(プロザック)は、選択性セロトニン再吸収阻害剤と呼ばれている薬のクラスに属しています。セロトニンは精神をコントロールする化学物質の1つです。普通、神経間の接合部で放出され、その後、急速に再吸収されます。フルオキセチン(プロザック)のような再吸収阻害のものは、この過程をゆっくりとし、それによって脳の中でのセロトニンの利用可能なレベルを高めるのです。処方箋なしというのがフルオキセチン(プロザック)でもっとも重要なことです。フルオキセチン(プロザック)は他の抗鬱剤(MAO阻害剤)と共に用いられると時に致死となるような深刻な反応を引き起こしてしまいます。これらには、ナルディル、パルネートも含まれます。フルオキセチン(プロザック)の使用を中止し、MAO阻害剤の使用を開始するということをしなくてはなりません。上記のような同時使用、あるいは使用中止14日間以下での服用は決して行わずに、両方のものを用いる場合は、5週間かそれ以上の間隔をあけるようにして下さい。長期間、あるいは高濃度でフルオキセチン(プロザック)を使用していた場合は、特にこのような注意が必要です。

さらに、フルオキセチン(プロザック)はチオリダジン(メラリル)との同時使用も避けるべきです。これは薬の相互作用による危険を避けるためで、最短でも5週間は間隔をおいて両者の使用を考えて下さい。もし、他の処方薬、あるいは処方薬ではない薬を服用している場合は、フルオキセチン(プロザック)の使用前に医師に同時使用についての意見を求めて下さい。

フルオキセチン(プロザック)をどのように使用するか:
フルオキセチン(プロザック)は医師に処方された通りに使用することが重要です。通常は、1日1回か2回の服用になります。効果を出すためには定期的な使用が重要です。定期的な服用と日常生活の規則性も重要です。

鬱が改善されるようになるまでには4週間はかかるかもしれません。しかし、薬の効果は治療開始後3ヶ月からおよそ9ヶ月間続きます。強迫性障害の場合は、効果が出るのは5週間ほどかかります。

もし、フルオキセチン(プロザック)を服用しわすれた場合:
思い出したときにすぐに服用して下さい。もし数時間が過ぎてしまった場合は、その服用回をとばして下さい。追いつかせようと2回分を服用することはやめて下さい。

フルオキセチン(プロザック)の保管:
室温で保管して下さい。

副作用:
副作用は予期できません。もし、強度に変化があれば医師に相談して下さい。医師のみがフルオキセチン(プロザック)の使用の続行が可能かどうかを判断できます。副作用には以下のものが含まれます。
異常な夢、異常な射精、異常視、不安感、下痢、性衝動の低下、めまい、口の渇き、インフルエンザの様な症状、紅潮、ガス、頭痛、インポテンス、不眠、かゆみ、食欲減退、吐き気、神経過敏、発疹、性衝動の変化、副鼻腔炎、眠気、のどの痛み、発汗、振戦、胃の不快、あくび。

フルオキセチン(プロザック)はなぜ処方でないのか:
もし、フルオキセチン(プロザック)やその他の似たような薬(パキシル、ゾロフトなど)にアレルギーのある方は、フルオキセチン(プロザック)を使用しないで下さい。あなたが持っている薬に対する反応を考慮した上での医師による判断を必要とします。MAO阻害剤を使用している間はフルオキセチン(プロザック)を服用しないで下さい。また、メラリル(チオリダジン)を服用している場合も、フルオキセチン(プロザック)は使用しないで下さい。同様にフルオキセチン(プロザック)の使用をやめた後、5週間以内にはメラリルの使用を始めないで下さい。

注意:
臨床研究では、抗うつ剤は、鬱や精神医学的に問題のある子供や思春期にある子の自殺衝動や行動の危険を増加させます。フルオキセチン(プロザック)やその他の抗うつ剤の使用を子供や思春期の子に対して考えている人は、その作用を十分に注意して使用しなくてはなりません。フルオキセチン(プロザック)は8歳以上の子供の鬱や7歳以上の子供の強迫性障害の治療に使用することは認められています。

さらに、鬱の進行は、抗うつ剤を使用していてもいなくても、成人、未成年ともに症状の悪化、自殺衝動や行動の出現と関係してきます。フルオキセチン(プロザック)を使用している人、そしてその介護者は症状の変化に注意して下さい。突然の攪拌、不安感、敵意、パニック、落ち着きのなさ、運動亢進、自殺衝動・行動などが見られた場合は、すぐに医師に診てもらって下さい。特に使用を始めたばかりのときや、服用量を変えたときには注意して経過をみることが重要です。医師の指示がない限り、心臓発作から回復した方や肝臓病、糖尿病の方はこの薬の使用はやめて下さい。

フルオキセチン(プロザック)は判断力を鈍らせることがあります。ですから、運転や危険な機械の操作、行動など注意力を必要とした行動はすべきではありません。

フルオキセチン(プロザック)を服用している間、めまいや意識がもうろうとしたり、横になっていたり座っていたりした状態から立ち上がった際によろけるようなことがあります。このような症状が続いた場合は、医師に相談して下さい。

フルオキセチン(プロザック)を使用している間に肌に発疹やじん麻疹などが出た場合は、フルオキセチン(プロザック)の使用をやめ、すぐに病院に行って下さい。

フルオキセチン(プロザック)は躁病、発作の経験のある方は使用にあたって注意が必要です。フルオキセチン(プロザック)の使用前に病歴に関して意思に相談する必要があります。

フルオキセチン(プロザック)は食欲減退、体重減少をときに起こすことがあります。特に過食の人や低体重で鬱の人はこの可能性があります。もし、食欲や体重に変化が起きたと思われるときには、医師に相談して下さい。

フルオキセチン(プロザック)のような抗うつ剤は、胃から出血する可能性があります。特に非ステロイドや抗炎症薬(アスピリン、イブプロフェン、ナプロキセン、ケトプロフェンなど)といっしょに使用した際に注意が必要です。NSAIDや血液希釈薬を用いる場合はフルオキセチン(プロザック)の使用前に医師に相談して下さい。

フルオキセチン(プロザック)を服用している間、電撃療法を受けている人には発作が起こることがまれに報告されています。フルオキセチン(プロザック)と電撃療法の同時の治療の効果についての研究は現在、まだすすめられていません。

フルオキセチン(プロザック)を服用の際の食物と薬の相互作用:
フルオキセチン(プロザック)はMAO抑制剤やチオリダジン(メラリル)といっしょに用いないで下さい。
フルオキセチン(プロザック)を服用の際はアルコールはとらないで下さい。
もし、フルオキセチン(プロザック)を他の薬とともにとる場合、その効果は増加される場合と減少される場合、変更される場合があります。特に。次にあげるようなものをフルオキセチン(プロザック)とともに用いる場合は、医師に相談することが必要です。
アルプラゾラム(ザナックス)
その他の抗うつ剤
カルバマゼピン(テグレトル)
クロザピン(クロザリル)
ジアゼパム(バリウム)
ジギトキシン(クリストジギン)
睡眠補助や麻薬痛み止めのような脳の機能を損なう薬
フレカイニド(タンボコル)
ハロペリドール(ハルドール)
リチウム(エスカリス)
アスピリン、イブプロフェン(アドビル、モトリン)、ナプロキセン(アリーブ)、ケトプロフェン(オルディスKT)などの非ステロイド抗炎症薬
フェニトイン(ジランチン)
ピモジド(オラップ)
スマトリプタン(イミトレックス)
トリプトファン
ビンブラスチン(ベルバン)
ワルファリン(コウマジン)
妊娠期、授乳期にある方への情報:このような方々へのフルオキセチン(プロザック)の効果に関しては詳しくは研究されていません。ですから、医師への相談が必要です。この薬は母乳にあらわれますので、このような場合はフルオキセチン(プロザック)の使用をすすめられません。
過剰服用の場合は、どのような薬でも結果としてよくないので注意が必要です。フルオキセチン(プロザック)の過剰服用は、致死にいたる事があります。さらに、フルオキセチン(プロザック)と他の薬とを同時使用すると、過剰摂取の症状が出てしまうことがあります。過剰摂取となった場合は、すぐに医師に診てもらうことが必要です。
フルオキセチン(プロザック)の過剰服用の場合の症状には、発作、心拍数の増加、眠気、吐き気などがあります。
その他の過剰服用の場合の症状としては、昏睡、精神錯乱、発熱、低血圧、心拍の不規則、発汗、失神、躁病、筋肉強固、昏迷。


海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。