すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

ゾロフト(塩酸セルトラリン)

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。


ダックスアイディー(ゾロフトの別名)
1錠中塩酸セルトラリン50mg/100mg
メーカー:ファイザー
 














ゾロフト
1錠中塩酸セルトラリン50mg/100mg
メーカー:ファイザー










サートラリン
 サートラリン(ゾロフトのジェネリック)
1錠中塩酸セルトラリン100mg
メーカー:Actavis
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
 
50mg
30錠(1箱):3,000円
60錠(2箱):5,800円
90錠(3箱):8,400円
120錠(4箱):10,800円
150錠(5箱):13,000円
100mg
30錠(1箱):3,500円
60錠(2箱):6,800円
90錠(3箱):9,900円
120錠(4箱):12,800円
150錠(5箱):15,500円
50mg
30錠(1箱):3,500円
60錠(2箱):6,800円
90錠(3箱):9,900円
120錠(4箱):12,800円
150錠(5箱):15,500円
 
100mg
30錠(1箱):4,000円
60錠(2箱):7,800円
90錠(3箱):11,400円
120錠(4箱):14,800円
150錠(5箱):18,000円
 
50mg
28錠(1箱):2,500円
56錠(2箱):4,800円
84錠(3箱):6,900円
112錠(4箱):8,800円
140錠(5箱):10,500円
 
100mg
28錠(1箱):3,000円
56錠(2箱):5,800円
84錠(3箱):8,400円
112錠(4箱):10,800円
140錠(5箱):13,000円

ゾロフトはレクサプロプロザックルボックスパキシルセレクサと並んでよく処方される抗うつ剤です。

セルトラリン(ゾロフトのジェネリック)

成分:セルトラリン50mgと等価の塩酸セルトラリンが含まれています。

指示:
セルトラリンは主な鬱症状、外傷後ストレス障害(PTSD)、強迫性障害、パニック障害の治療に使われます。

服用量:
鬱…成人の鬱症状には、始めの服用量は1日50mgがすすめられている量です。もし、症状の改善が見られなかったような場合は、1日200mgまで服用量を増やすことができますが、1週間未満の間隔では行えませんので注意して下さい。

強迫性障害…成人および13-17才の場合は、1日50mgがすすめられている量です。6〜12才の子供が使用する場合は、1日に25mgとなります。もし、症状の改善が見られなかったような場合は、1日200mgまで服用量を増やすことができますが、1週間未満の間隔では行えませんので注意して下さい。

パニック障害…1日25mgがすすめられている量です。1週間後には1日1回50mgまで増やします。もし、症状の改善が見られなかったような場合は、1日200mgまで服用量を増やすことができますが、1週間未満の間隔では行えませんので注意して下さい。

外傷後ストレス障害…1日25mgがすすめられている量です。1週間後には1日1回50mgまで増やします。

腎臓・肝臓に障害のある方の服用量:
服用には十分注意し、服用量の減量あるいは間隔をあける等の対応が必要です。
モノアミン酸化酵素阻害薬からの(への)変更の場合:
モノアミン酸化酵素阻害薬の中止とセルトラリンの使用の間は、少なくとも14日間はあけなくてはなりません。さらに、セルトラリンの中止後、モノアミン酸化酵素阻害薬の使用開始までも少なくとも14日間はあけなくてはなりません。

禁忌:
モノアミン酸化酵素阻害薬との同時使用は禁忌とされています。
セルトラリンもまたセルトラリンに過敏な方の使用は禁忌とされています。

なぜ、うつ病になるのか?
うつ病は、医師の指導のもとで治療できる、医学的に原因のある、れっきとした病気です。現在、大多数の医師の見解によれば、うつ病は、セロトニンと呼ばれる生体内化学物質の量的バランスの崩れに起因するとなっています。セロトニンは、脳内の神経衝撃や神経伝達を司る物質です。セロトニン・レベルのアンバランスは、行動や感情に影響を及ぼすと言われています。つまり、うつ病は、糖尿病や関節炎のように自身に明確な誘発原因をもたないということです。最愛の人の死や離婚、失業、孤独、重度の病気、そして金銭的トラブルなどの日常生活のストレスが、うつ病の引き金になると言われています。近親者にうつ病の人がいると、よくご当人までうつ病になると言われています。うつ病とは、はっきりとした原因もわからないまま襲ってくるものです。また、うつ病は、何らかの薬物によって引き起こされる場合もあります。例えば、高血圧症、関節炎、心臓病、胃腸病などの治療薬や精神安定剤、鎮静剤、睡眠薬、鎮痛剤、経口避妊薬、抗生物質、抗癌剤などが挙げられます。過度のアルコール摂取は、うつ症状やうつ病誘発原因になります。上記の事象や薬剤がうつ病の誘発原因であるにせよ、根本は、やはり、化学的な生体内バランスの崩れに関係があると考えられます。ここでご理解していただきたいのは、うつ病は個人の体力、気力的衰えを指し示すものではないということです。うつ病は、治療可能な病気です。

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。