すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

チニダゾール(ファシジン・ハイシジン)

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。







チニダゾール
ファシジン500mg100錠
1錠中チニダゾール500mg
メーカー:ファイザー
チニダゾール
 チニバ500mg100錠(ファシジンのジェネリック)
1錠中チニダゾール500mg
メーカー:Zydus
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
 
100錠:4,500円
200錠:8,800円(100錠当たり4,400円)
300錠:12,900円(100錠当たり4,300円)
400錠:16,800円(100錠当たり4,200円)
500錠:20,500円(100錠当たり4,100円)
1000錠:36,000円(100錠当たり3,600円)
100錠:4,000円
200錠:7,800円(100錠当たり3,900円)
300錠:11,400円(100錠当たり3,800円)
400錠:14,800円(100錠当たり3,700円)
500錠:18,000円(100錠当たり3,600円)
1000錠:31,000円(100錠当たり3,100円)

本来人間用ですが、動物用として広く使われていますので英文説明を翻訳しました。

ファシジン(チニダゾール)

どのような効果があるのか:
ファシジン(ハイシジン)には活性成分としてチニダゾールが含まれています。これは抗生物質の一種です。細菌による感染の治療や原生動物の微生物などによる感染にも用いられます。チニダゾールは細菌や原生動物の細胞内に入り、その遺伝物質(DNA)に干渉することによってはたらきます。そしてDNAにダメージを与え、細菌と原生動物が新しいDNAを形成するのを防ぎます。これは微生物を殺すこととなり、感染症を片づけることになります。

チニダゾールは、嫌気性菌として知られている多種多様なバクテリアを殺します。これは、彼らの成長や増殖には酸素を必要としません。嫌気性菌は、例えば腸、骨盤空洞、歯茎などの領域で感染症を引き起こします。チニダゾールはこういった感染の治療に用いられます。また、皮膚や柔組織の感染症(例えば嫌気性菌に感染している足潰瘍や床ずれ)にも用いられます。チニダゾールは特に婦人科手術や腸の手術などの外科手術後に、感染を防止するのに用いられます。そういったところには多くの嫌気性菌がある可能性があるからです。

チニダゾールは、原生動物による感染症にも用いられます。これらの微生物は嫌気性であり、トリコモナスバギナリス(膣の単一感染症を引き起こすもの)や他の原生動物(例えばエンタモエバヒストリティカなどのアメーバ異常を引き起こすもの)とガルジアランビラ(ジアルジア鞭毛虫症を引き起こすもの)なども含まれます。

感染症を引き起こしている微生物がチニダゾールに影響されやすいことを確認するために、医者は、組織のサンプル(たとえば感染域から)をとることもあります。

チニダゾールは腸からのヘリコバクターピロリ(H. pylori)と呼ばれるバクテリアを根絶するために、治療の一部としても使われます。腸におけるこれらのバクテリアの存在は、胃や十二指腸の潰瘍と関係しています。腸からH. pyloriを根絶することは、潰瘍を治癒させ、そしてそれが繰り返されるのを妨げます。 チニダゾールは、ランソプラゾール、オメプラゾール、抗生物質クラリスロマイシン、アモキシシリンのようなプロトンポンプ阻害剤とあわせて使われます。  プロトンポンプ阻害剤は胃酸の生産を減らし、抗生物質がより効果的にバクテリアに作用することができるような環境をつくります。これも、潰瘍が治癒するのを助けます。

使用目的:
・手術、特に腸の手術または婦人科手術の後の嫌気性菌による感染症予防。
・腹部(腹膜炎)の細菌性感染症。
・骨盤空洞(通常腹部の感染症の結果)の膿瘍。
・婦人科感染症(例えば卵巣・卵管の子宮内膜炎または膿瘍)。
・細菌感染から生じる膣の炎症(腟炎)。
・泌尿器または性器の原虫性感染症(尿生殖器トリコモナス症)。
・血液の細菌感染(敗血症)。
・細菌による皮膚、柔組織感染症。
・気道(例えば肺炎、肺膿瘍など)の細菌性感染症。
・歯茎の痛みを伴う炎症と潰瘍(潰瘍性歯肉炎)。
・原生動物ランブル鞭毛虫(ジアルジア鞭毛虫症)に起因する寄生性腸感染症。
・肝臓または腸のアメーバの感染症。
・消化性潰瘍のある人々における腸からのヘリコバクターピロリ・バクテリアの根絶。

服用方法:
処方されるチニダゾールの服用量は、症状によって、そして年齢によっても異なっています。感染の程度によっては、たった一回の服用を必要とするだけのものもあります。医師の指示に従うことが重要です。また、薬剤師が箱にはったラベルに情報が印刷されています。
ファシジンタブレットは、たくさんの水と一緒にあるいは食後にとります。タブレットは噛んだりつぶしたりせずに、しっかりとのみこまれなければなりません。1日の中で使用の間隔を均一にするようにしてください。
ある一回の服用を忘れた場合は、次の服用回がすぐにくるような状態でなければ、思い出したときに服用してください。すぐに次の服用回が来るようなときには、忘れた回の分は飲まずに、次の回を通常通りにおこなってください。忘れた分まで2回分を飲むといったことはしないでください。
あなたの医者に指示されない限り、前より良くなったあるいは完治したと思っていても、この抗生薬の定められた量は全部使い切ってください。そうしないと、再感染の恐れやバクテリアが抗生物質に対して耐性を示すようになるという可能性が出てきます。

注意:
この抗生物質を飲んでいて、その少なくとも72時間後まではアルコールを飲まないでください。それは不快な徴候(例えばほてり、腹痛、吐き気、嘔吐、頭痛、動悸など)を引き起こすことがあるからです。
この薬は、いろいろな副作用を引き起こす可能性があります。そして、それは運転や機械の操作に対して精神的あるいは身体的な影響を与えてしまうかもしれません。これはまれなことですが、運転や機械の操作をする前にはこの薬に対してあなたがどのような反応をするかを意識する必要があります。
あなたのこの薬による治療期間が7日間より長いならば、医者の診察の下で使用することをすすめます。そして、副作用が出ていないか、薬がきちんと作用しているかどうかなどを確認してもらいましょう。薬を飲んでいる間、麻痺やちくちく感、不安定な歩行、めまい、発作を経験した場合は医師に話してください。

次のような場合は使用しないでください。
血液疾患のある人々またはポルフィリン症などの病歴のある人。
中枢神経系(例えば癲癇)にトラブルのある人々。
妊娠の最初の3ヵ月。
授乳期にある人。
あなたが成分のいずれかに対するアレルギーがあるならば、この薬は使用してはいけません。あなたが以前アレルギーを経験したかどうかについては医師または薬剤師に知らせてください。また、使用時にあなたがアレルギー反応を起こしたと思ったならば、薬の使用をすぐにやめ、医師または薬剤師に知らせてください。

妊娠・授乳期:
妊娠中や授乳期には特定の薬の使用ができません。しかし、薬によっては母体への利益が胎児への危険を上回るというときに、安全に使用されることもあります。この薬を使用する場合は、使用前に妊娠、授乳期であることを医師に知らせてください。
妊娠中のこの薬の安全性は完全には確立されていません。診断を受けた医師が必要と思った場合は妊娠中にも使うことができます。製造元は妊娠の初期3ヶ月には使用しないことをすすめています。医師からさらなる助言をもらってください。
この薬は母乳に移行し、最後の服用をした後72時間まで移行し続けます。製造元のすすめですが、この薬を飲んでいる間の授乳はすすめていません。またこの薬の使用後少なくとも3日間の授乳もすすめていません。もし、どうしても授乳をしたい場合は、この期間の母乳はしぼって捨ててください。医師からさらなるアドバイスをもらうことが重要です。

ラベル上にある注意:
この薬を飲んでいる間、アルコールを飲まないでください。
食物といっしょに、あるいは食後にこの薬を飲んでください。
この薬はかまずにのみこんでください。
定期的にとってください。指示されない限り、定められた処方に従ってください。

副作用:
副作用の可能性は個人により違いがあります。以下にこの薬に関する副作用の例をあげています。ただし、すべての人がこういった副作用を経験するということではありません。
腸(腹痛、下痢、吐き気、嘔吐)の障害。
苦々しい、あるいは金属的な味覚感覚。
苔で覆われたような舌の知覚。
口や舌の痛み。
食欲不振。
めまいや回転感覚。
頭痛。
疲労感。
尿の黒ずみ。
手、足における弱さ、麻痺、焼け、うずいている感覚などの末梢性神経障害。
運動の不自由と不安定な歩き(運動失調)。
皮膚反応(例えば発疹やうずき)。
発熱
白血球数の一時的な減少(白血球減少症)。
発作(痙攣)。

上記の副作用の例は、メーカーによって報告されている副作用の全てを含むというわけではありません。さらなる情報は薬に付属している注意書きや医師、薬剤師のアドバイスを参考にしてください。

この薬は他の薬に影響しますか
この薬を使用し始める前に、処方やハーブ療法なしでこの薬を買った人も含め、医師や薬剤師に相談することが重要です。同様に、この薬を使用している間に新しい薬を飲み始めるときはその前に医師や薬剤師に同時使用が問題ないかを確認してください。チニダゾールはワルファリンやニコウマロンのような抗凝固性薬の反血液凝固作用を強化する可能性があります。そして、これは出血の危険を増すかもしれません。あなたが抗凝固性薬を飲んでいるならば、チニダゾールの使用期間において、あなたの血液凝固時間(INR)が管理されなければなりません。また、あなたのかかっている医師はあなたの抗凝固性薬の使用量を減らす必要がでてくるかもしれません。

抗生物質の使用後3日間は経口腸チフスワクチン(ビボティフ)は使用してはいけません。これは、抗生物質がワクチンの効果を減少させる可能性があるからです。
同じ活性成分を含んでいる他の薬はありません。イギリスでは活性成分としてチニダゾールを含む薬はありません。


海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。

/アトピカ/ドロンタールプラス/ドロンタール幼犬/ドロンタール猫用/ハートガードプラス/ネクスガードスペクトラ/インターセプター/プロハート/アドバンティックス/アドボケート犬用/アドボケート猫用/フロントラインプラス/レボリューション/ストロングホールド/マバコキシブ/サーチフェクト/コンフォティスプラス/フロントラインスプレー/リマダイル/プレビコックス/メロキシカム/ピロキシカム/レボチロキシン/エピオティック/エピスムース/フラジール/オプティミューン/メベンダゾール/アルベンダゾール/スルファサラジン/イベルメクチン/アイボメック注/ゾビラックス/ゾビラックス眼軟膏/エリスロマイシン/クラリスロマイシン/セファレキシン/ST合剤/デキサメタゾン/プレドニゾロン/メチルプレドニゾロン/ケトコナゾール/エナラプリル(エナカルド錠)/酢酸フルドロコルチゾン/グリセオフルビン/アジスロマイシン/アモキシシリン/アモキシシリン注/アミトラズ/アンピシリン/イトラコナゾール/クリンダマイシン/フルコナゾール/フルオキセチン/ベナゼプリル/ベタネコール/カルシトリオール(ビタミンD)/クロミプラミン/オメプラゾール/ラニチジン/メトクロプラミド/テオフィリン/ドキシサイクリン/クラバセプチン/セフィキシム/セファドロキシル/ナプロキセン/ワーファリン/メトカルバモール/シプロフロキサシン/レボフロキサシン/スパルフロキサシン/クロラムフェニコール/クロルプロマジン/テラマイシン/テラマイシン眼軟膏/テトラサイクリン/ミノサイクリン/ジルチアゼム/アムロジピン/アテノロール/フロセミド/ウルソジオール/テルブタリン/シクロフォスファミド/シプロヘプタジン/セレギリン/ヒドロキシジン/ジゴキシン/ロペラミド/フェノキシベンザミン/メトトレキサート/トブラマイシン/ナタマイシン/ラタノプロスト/ピモベンダン/ミルクシスル/グリピジド/セレニア/イリウム/センチネル/スクラルファート/アロプリノール/ニゾラルシャンプー/マラセブシャンプー/コセクインDS/エンジェルアイズ/トロピカミド/ブリンゾラミド/カルバマゼピン/コルヒチン/コソプト/フルルビプロフェン/プロプラノロール/リファンピシン/トラマドール/イミプラミン/クロトリマゾール/セフポドキシム・プロキセチル/バイコックス/バイトリル錠/バイトリル注/バイトリル経口液/ザイマックスイヤープロテクター/トリアムシノロン/ファモチジン/CAN-C/カルベジロール/アセタゾラミド/アザチオプリン/ブスピロン塩酸塩/メラトニン/アダプティルDAP/マイクロラックス/スキンコート/カプトプリル/スピロノラクトン/ビジオティアーズ/ビジオエイド/タクロリムス/トレンタール/トラボプロスト/スキャット/コクシベット/メガバク/クロルヘキシジン/ドキシサイクリン鳥/マイコプラズマ/鳥トリコモナス/鳩ジアルジア/クロルテトラサイクリン/ミツバチ毒(マヌカ蜂蜜)/ゾニサミド/酢酸メゲストロール/エモギイガイ馬用/エモギイガイ犬用/エモギイガイ猫用/デナマリン/ゼントニル/チニダゾール/クレマスチン/テルビナフィン/メドロキシプロゲステロン/リスペリドン/オンダンセトロン/オセルタミビル/イミドカルブ/オキシトシン/フェンベンダゾール/パナクール液/鳥のオウム病/鳥用ドキシサイクリン液/鳩エネルギー/鳩トリコモナス/鳩コクシジウム/鳩駆虫薬/白点病/プロクロルペラジン/ヒドロキシウレア/メチマゾール/グリベンクラミド/ドキセピン/タイロシン/ケトプロフェン/マルボフロキサシン/カーダリス/トリロスタン/コンベニア/パーコーテンV/チアンフェニコール/ミルプラゾン犬用/ミルプラゾン猫用/ノロジン/キシラジン/エクゼマチン/エプリノメクチン/ネクトンS/ネクトンE/コクシジウム/メトロニダゾール/オキシテトラサイクリン/ネクトンR/エニルコナゾール/ネクトンドッグVM/ネクトンドッグH/クロサゾール/ミルプロ犬用/ミルプロ猫用/ベタハート/セラフォーテ/ブラベクト錠犬用/ブラベクトスポット犬用/ブラベクトスポット猫用/ブラベクトプラススポット猫用/カルプロフェン/イミダプリル塩酸塩/チルミコシン/リンコマイシン/チアムリン/デキサメタゾン注/アリジン/フロルフェニコール/フロルフェニコール注/レバミゾール/ドラメクチン注/ケプロメック/センスルファトリム/プロカイン・ジヒドロストレプトマイシン注/ペニシリン注/クリンダマイシン経口液/リンコマイシン・スペクチノマイシン/オキシテトラサイクリン注/メデトミジン/アリジン/クイックストップ/パラディア/ゴナトロピン/トリパノセン注/