すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

カロダイル(リマダイルのジェネリック)

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。

 






カロダイル25mg60錠(リマダイルのジェネリック)
1錠中カルプロフェン25mg
メーカー:SAVA VET







カロダイル75mg60錠リマダイルのジェネリック)
1錠中カルプロフェン75mg
メーカー:SAVA VET

カロダイル100mg6錠(リマダイルのジェネリック)
1錠中カルプロフェン100mg
メーカー:SAVA VET
 価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
60錠(1ボトル)2,600円
120錠(2ボトル)4,800円(1ボトル当たり2,400円)
180錠(3ボトル)6,600円(1ボトル当たり2,200円)

240錠(4ボトル)8,000円(1ボトル当たり2,000円)
300錠(5ボトル)9,000円(1ボトル当たり1,800円)
600錠(10ボトル)13,000円(1ボトル当たり1,300円)
60錠(1ボトル)3,600円
120錠(2ボトル)6,800円(1ボトル当たり3,400円)
180錠(3ボトル)9,600円(1ボトル当たり3,200円)

240錠(4ボトル)12,000円(1ボトル当たり3,000円)
300錠(5ボトル)14,000円(1ボトル当たり2,800円)
600錠(10ボトル)23,000円(1ボトル当たり2,300円)
60錠(6x10)6,000円
120錠11,600円(60錠当たり5,800円)
180錠16,800円(60錠当たり5,600円)
240錠21,600円(60錠当たり5,400円)

300錠26,000円(60錠当たり5,200円)
600錠50,000円(60錠当たり5,000円)




リマダイル25mg
リマダイル25mg60錠
1錠中カルプロフェン25mg
メーカー:ファイザー
 
リマダイル75mg60(写真は25mg)
1錠中カルプロフェン75mg
メーカー:ファイザー
 リマダイル100mg
リマダイル100mg60錠(写真は25mg)
1錠中カルプロフェン100mg
メーカー:ファイザー
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
 
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
 
60錠(1ボトル)4,500円
120錠(2ボトル)9,000円(1ボトル当たり4,500円)
180錠(3ボトル)12,900円(1ボトル当たり4,300円)

240錠(4ボトル)16,400円(1ボトル当たり4,100円)
300錠(5ボトル)19,500円(1ボトル当たり3,900円)
600錠(10ボトル)34,000円(1ボトル当たり3,400円)
60錠(1ボトル)7,000円
120錠(2ボトル)13,600円(1ボトル当たり6,800円)
180錠(3ボトル)19,800円(1ボトル当たり6,600円)

240錠(4ボトル)25,600円(1ボトル当たり6,400円)
300錠(5ボトル)31,000円(1ボトル当たり6,200円)
600錠(10ボトル)57,000円(1ボトル当たり5,700円)
60錠(1ボトル)15,000円
120錠(2ボトル)29,600円(1ボトル当たり14,800円)
180錠(3ボトル)43,800円(1ボトル当たり14,600円)

240錠(4ボトル)57,600円(1ボトル当たり14,400円)
300錠(5ボトル)71,000円(1ボトル当たり14,200円)
600錠(10ボトル)137,000円(1ボトル当たり13,700円)

カロダイル添付文書日本語訳

非ステロイド系抗炎症薬
犬用経口薬
1錠に含まれる成分:カルプロフェン(リマダイル)25mg・75mg・100mg
指示:無痛覚(症)や慢性炎症、犬の進行性関節病など

服用量:犬への経口投与
はじめは1日2回等量で、体重1kgあたり2〜4mgのカルプロフェン(リマダイル)を与えます。7日後には、効果を見て、1日1回、体重1kgあたり2mgのカルプロフェン(リマダイル)を与えます。長期間の使用にあたっては獣医の見解が必要でしょう。カルプロフェン(リマダイル)を含む、NSAIDの除去の時間は、猫では犬よりも長く、治癒はより制限されます。猫でのこの製品の使用は特にデータがないので、すべきではありません。

(注意)
他のNSAIDと同時に、あるいは24時間以内には使用しないで下さい。
NSAIDの中には、血しょう蛋白に非常に強く関係し、他の薬品と拮抗しあうものもあります。そして、これは毒性の効果に結びつく可能性があります。
心臓、肝臓、腎臓に病気のある犬には使用しないで下さい。
腸に潰瘍ができたり、出血、血液疾患、製品に対する過敏症を起こす可能性があります。
他のNSAIDと一緒に用いたとき、まれに腎臓または肝臓に問題を起こすリスクがあります。
指定されている服用量を超えてはいけません。
生後6週間に満たない、あるいは6週間の犬に用いた場合は問題が起きる可能性があります。
こういった場合は、服用量を減らすか、専門家のアドバイスが必要です。
腎臓に毒性を及ぼす危険がありますので、脱水症状や低血圧の犬への使用は避けてください。
潜在的なネフロトキシック薬との同時使用は避けてください。
妊娠している犬に対する研究結果はないため、使用は避けてください。
NSAIDは食作用抑制を引き起こす場合があるため、バクテリア感染に関連する炎症の治療のためには、適切な抗菌療法が同時に施される必要があります。

子供の手の届かないところに保管して下さい。

保管:
30度以下の直射光の当たらないところに置いて下さい。


リマダイルに関し別途説明がありましたので翻訳しました。
http://www.petplace.com/article/drug-library/library/prescription/carprofen-rimadyl-novox

カルプロフェン(リマダイル、カロダイル)

概要:
・リマダイル(カルプロフェン)は抗炎症、鎮痛薬です。
・リマダイル(カルプロフェン)は次のような薬に属しています: 非ステロイド抗炎症薬、体内(プロスタグランジン)で特定の化学物質の形成を阻害するアスピリンやイブプロフェンと関連した薬。NSAIDは痛みや炎症、発熱を緩和する効果がありますが、動物に対して胃潰瘍や肝臓の疾患、腎臓にダメージを与える可能性もあります。他に関連した薬としてはイブプロフェン、アスピリン、ナプロキセンがあります。
・これらの薬はプロスタグランジンと呼ばれる複合体の合成を阻害することで炎症や痛みを抑えます。
・リマダイル(カルプロフェン)は他のNSAID薬と比較してその作用メカニズムなどが特有なものです。
・リマダイル(カルプロフェン)は処方薬であり、獣医の処方によってのみ手に入るものです。

ブランド名・その他の名称:
・この薬は動物の使用に対してのみ登録があります。
・人間用のものはありません。
・リマダイル(ファイザー)、ノボックス(ベドコ)、その他のジェネリックがあります。
・イギリスではゼネカープとして売られています。

リマダイル(カルプロフェン)の使用:
・リマダイル(カルプロフェン)は主に痛み、炎症、慢性関節炎などの症状の治療に使われます。また、柔組織や外科手術に伴う痛みに対しても使用されます。
・猫への使用は限られており、さらなる研究が必要とされています。

注意・副作用:
・獣医からの処方に従って使用していれば効果的で安全なものですが、中には副作用を示す動物もいます。
・リマダイル(カルプロフェン)はこの薬に過敏やアレルギーのある場合は使用すべきではありません。
・猫はリマダイル(カルプロフェン)に特に敏感です。
・リマダイル(カルプロフェン)は他の薬と相互作用を起こす可能性があります。そういった薬を使用している場合は獣医に相談してください。アスピリンやコルチコステロイドなどがそういった薬に含まれます。他のNSAID薬あるいはコルチゾンのような薬を同時に使用すると出血や潰瘍といった問題を引き起こす可能性があります。
・リマダイル(カルプロフェン)は一般に犬には非常に安全なものです。ただし、胃に不調が起こったり、潰瘍や下痢などの症状を見せることもあります。
・リマダイル(カルプロフェン)と関連したより深刻な問題としては、胃潰瘍、肝障害、尿の問題があります。他には、血球の抑制や発作などの副作用もあります。
・多くの獣医は、この薬の潜在的副作用を確認するために定期的に血液検査をすることを勧めています。

リマダイル(カルプロフェン)はどのようなものがあるか:
・リマダイル(カルプロフェン)は25mg、75mg、100mgのチュワブルタブレットとカプセルがあります。

その他の情報:
・薬の使用開始前に必ず獣医の指示を受けてください。
・犬に対しての典型的な経口投与の量は、1日1回12時間おきに体重1kgあたり2.2mg、あるいは体重1kgあたり4.4mgです。
・最初の外科的な痛みに対する注射による推奨使用量は静注で体重1kgあたり4mg、そして、その後は、経口、静脈注射、皮下注射、筋肉注射では必要であれば12時間ごとに体重1kgあたり2.2mgです。
・薬の連続使用期間は状況によって変わってきます。獣医によって処方された量はしっかりと守るようにしてください。ペットの状態がよくなったように見えても、処方されたものを守らなければ再発や再感染の危険があります。

リマダイル(カルプロフェン)中毒の毒性や副作用の関し以下の記事がありましたので翻訳しました。
http://www.petplace.com/dogs/rimadyl-carprofen-toxicity
リマダイル(カルプロフェン)中毒

・リマダイル中毒ではリマダイル(カルプロフェン)、関節炎の治療薬である非ステロイド抗炎症薬の使用に伴う中毒の徴候に言及します。
・プロスタグランジンと呼ばれている複合物の合成を阻害することで炎症や傷みを抑えます。リマダイルトキシティは消化管、肝臓、腎臓に障害を引き起こす可能性があります。
リマダイルに中毒は一般には次のようなことからもたらされます。
・偶発的な事故による薬の過剰量摂取
・所有者(過量)による薬の誤った服用
・特有の反応 ― ペットは薬の副作用に異常に影響されやすいものです。そして、その反応は服用量とは無関係です。正しい使用量はしっかりと管理されるべきですが、ペットは毒性と一致した徴候を現します。特有の反応は、通常特に肝臓に障害を引き起こしますが、腎臓と消化管に影響を及ぼすこともあります。これらの反応はリマダイルを何ヵ月も使用したあとに起こることもあります。

気をつけること:
・吐き気、食欲不振、嘔吐、下痢、タール状の便などの胃腸の症状、腹痛、胃の潰瘍
・腎臓への障害は、急性腎不全、排尿感の増加、嘔吐、下痢、食欲不振、無気力、薄い尿(淡色)が起きる場合があります。
・肝臓の障害には嘔吐、下痢、食欲不振、無気力と同様に、黄疸にかかった皮膚(歯茎)、耳、強膜(目の白目)なども含まれます。

診断:
・リマダイルを不適切に過量使用してしまったような場合は、あなたのペットは獣医の診断をあおがなくてはなりません。様々な医学的検査を受けて診断がくだされるでしょう:
・完全血球測定(CBC)は、ペットの白血球数と赤血球数をチェックするための血液検査です。白血球数は、リマダイル中毒とともにわずかに上がるかもしれません。赤血球数は、消化管で出血する潰瘍を伴う失血により減少するかもしれません。
・生化学的には肝臓の酵素濃度を測定する血液検査が行われます。肝臓がダメージを受けているならば、この値は上がります。さらに、このテストはクレアチニンと血中尿素窒素(BUN)のような腎臓の値を計ります。これはもし急性腎不全がおこっている場合に上昇します。獣医はペットが回復に向かうまでこのテストを繰り返すでしょう。

・尿検査は、尿を濃縮する腎臓の能力を評価するためになされます。急性腎不全の動物は、腎臓で尿を濃縮することができないために、薄い尿を示します。尿はキャストの存在の評価にも有効で、存在するならば腎細管と呼ばれている腎臓の部位がダメージを受けたことを示します。腎細管のダメージは、リマダイル中毒と一致します。
・尿における細菌感染を除外する尿培養と感度。
・腹部の超音波検査は、腎臓と肝臓を評価するためになされます。これらの器官へのダメージの範囲を確認するのに必要な場合があります。

治療:
入院が必要な場合もあり、2〜5日を必要とするかもしれません。
他の処置としては:
・ペットが4時間前以内に過量を偶然に摂取したとわかっていた場合は、嘔吐を誘導させ消化不良の錠剤を取り出して、胃洗浄をします。
これらのステップは、慢性のリマダイル中毒または、特有の反応の場合には示されません。
・胃でのリマダイル吸収を妨げる活性炭。炭は、慢性のリマダイル中毒または、特有の反応の場合には使用されません。
・静脈内補液と他の薬投与のための静脈内カテーテルの設置。嘔吐と下痢による脱水状態からペットを守り、腎不全を防止するために静脈内補液が投与されます。
・胃の潰瘍の予防や治療のためにスクラルファート(カラフェート)、ファモチジン(ペプシドAC)、シメチジン(タガメット)のような制酸薬の使用。
・メトクロプラミド(レグラン)あるいはクロルプロマジン(ソラジン)のような抗嘔吐(反嘔吐)薬の投与。

どのようにケアしていくか:
・もし事故でペットが薬を飲み込んだような場合は残りの錠剤をその環境から取り除いてください。そして、リマダイルの過剰投与に対応するために、できるだけ早くあなたのペットを獣医へ連れて行ってください。

・あなたがリマダイルを与えて嘔吐、メレナ、歯肉の変色または食欲不振に気づいた場合は、リマダイルの使用を止めて、できるだけ早くあなたのペットを獣医へ連れて行ってください。

・中毒を防ぐために、獣医によって処方されるリマダイルの使用量を決して上回らないでください。胃の不調を予防するために、食物といっしょにリマダイルを使用してください。


海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。

/アトピカ/ドロンタールプラス/ドロンタール幼犬/ドロンタール猫用/ハートガードプラス/ネクスガードスペクトラ/インターセプター/プロハート/アドバンティックス/アドボケート犬用/アドボケート猫用/フロントラインプラス/レボリューション/ストロングホールド/マバコキシブ/サーチフェクト/コンフォティスプラス/フロントラインスプレー/リマダイル/プレビコックス/メロキシカム/ピロキシカム/レボチロキシン/エピオティック/エピスムース/フラジール/オプティミューン/メベンダゾール/アルベンダゾール/スルファサラジン/イベルメクチン/アイボメック注/ゾビラックス/ゾビラックス眼軟膏/エリスロマイシン/クラリスロマイシン/セファレキシン/ST合剤/デキサメタゾン/プレドニゾロン/メチルプレドニゾロン/ケトコナゾール/エナラプリル(エナカルド錠)/酢酸フルドロコルチゾン/グリセオフルビン/アジスロマイシン/アモキシシリン/アモキシシリン注/アミトラズ/アンピシリン/イトラコナゾール/クリンダマイシン/フルコナゾール/フルオキセチン/ベナゼプリル/ベタネコール/カルシトリオール(ビタミンD)/クロミプラミン/オメプラゾール/ラニチジン/メトクロプラミド/テオフィリン/ドキシサイクリン/クラバセプチン/セフィキシム/セファドロキシル/ナプロキセン/ワーファリン/メトカルバモール/シプロフロキサシン/レボフロキサシン/スパルフロキサシン/クロラムフェニコール/クロルプロマジン/テラマイシン/テラマイシン眼軟膏/テトラサイクリン/ミノサイクリン/ジルチアゼム/アムロジピン/アテノロール/フロセミド/ウルソジオール/テルブタリン/シクロフォスファミド/シプロヘプタジン/セレギリン/ヒドロキシジン/ジゴキシン/ロペラミド/フェノキシベンザミン/メトトレキサート/トブラマイシン/ナタマイシン/ラタノプロスト/ピモベンダン/ミルクシスル/グリピジド/セレニア/イリウム/センチネル/スクラルファート/アロプリノール/ニゾラルシャンプー/マラセブシャンプー/コセクインDS/エンジェルアイズ/トロピカミド/ブリンゾラミド/カルバマゼピン/コルヒチン/コソプト/フルルビプロフェン/プロプラノロール/リファンピシン/トラマドール/イミプラミン/クロトリマゾール/セフポドキシム・プロキセチル/バイコックス/バイトリル錠/バイトリル注/バイトリル経口液/ザイマックスイヤープロテクター/トリアムシノロン/ファモチジン/CAN-C/カルベジロール/アセタゾラミド/アザチオプリン/ブスピロン塩酸塩/メラトニン/アダプティルDAP/マイクロラックス/スキンコート/カプトプリル/スピロノラクトン/ビジオティアーズ/ビジオエイド/タクロリムス/トレンタール/トラボプロスト/スキャット/コクシベット/メガバク/クロルヘキシジン/ドキシサイクリン鳥/マイコプラズマ/鳥トリコモナス/鳩ジアルジア/クロルテトラサイクリン/ミツバチ毒(マヌカ蜂蜜)/ゾニサミド/酢酸メゲストロール/エモギイガイ馬用/エモギイガイ犬用/エモギイガイ猫用/デナマリン/ゼントニル/チニダゾール/クレマスチン/テルビナフィン/メドロキシプロゲステロン/リスペリドン/オンダンセトロン/オセルタミビル/イミドカルブ/オキシトシン/フェンベンダゾール/パナクール液/鳥のオウム病/鳥用ドキシサイクリン液/鳩エネルギー/鳩トリコモナス/鳩コクシジウム/鳩駆虫薬/白点病/プロクロルペラジン/ヒドロキシウレア/メチマゾール/グリベンクラミド/ドキセピン/タイロシン/ケトプロフェン/マルボフロキサシン/カーダリス/トリロスタン/コンベニア/パーコーテンV/チアンフェニコール/ミルプラゾン犬用/ミルプラゾン猫用/ノロジン/キシラジン/エクゼマチン/エプリノメクチン/ネクトンS/ネクトンE/コクシジウム/メトロニダゾール/オキシテトラサイクリン/ネクトンR/エニルコナゾール/ネクトンドッグVM/ネクトンドッグH/クロサゾール/ミルプロ犬用/ミルプロ猫用/ベタハート/セラフォーテ/ブラベクト錠犬用/ブラベクトスポット犬用/ブラベクトスポット猫用/ブラベクトプラススポット猫用/カルプロフェン/イミダプリル塩酸塩/チルミコシン/リンコマイシン/チアムリン/デキサメタゾン注/アリジン/フロルフェニコール/フロルフェニコール注/レバミゾール/ドラメクチン注/ケプロメック/センスルファトリム/プロカイン・ジヒドロストレプトマイシン注/ペニシリン注/クリンダマイシン経口液/リンコマイシン・スペクチノマイシン/オキシテトラサイクリン注/メデトミジン/アリジン/クイックストップ/パラディア/ゴナトロピン/トリパノセン注/