すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

オウム病

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。


プシッタベット25g/100g
成分:ドキシサイクリンHCL4%
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
25g
1本:3,500円
2本:6,800円
3本:9,900円
4本:12,800円
5本:15,500円
100g
1本:5,000円
2本:9,800円
3本:14,400円
4本:18,800円
5本:23,000円
 

ベタファーム・プシッタベット 25g/100g

ベタファーム・プシッタベットは飲料水を媒介として鳥小屋での鳥、ハトに起こるオウム病/鳥類病(クラミジアに起因する)や他の感受性細菌性の病気を治療するものです。

使用法:
オウムでは400mLの飲料水に4g、ハトでは800mLの飲料水に4g

冷たく湿ったコンディションでは使用しないでください。水に対してはテラコッタやプラスティック、亜鉛メッキのものではなく、ガラスやステンレス、陶器製のものを使ってください。また、直射日光のあたるところには置かずに、陰になるような状態にしてください。
夕方(朝ではなく)に、水を補充してください。これは、鳥が休む前に薬を飲むようにするためです。プシッタベットは作ってから7-10日の間冷蔵庫に保存することもできます。他の化学製品とは混ぜ合わせないようにしてください−とても敏感な化学製品です。他の適用法としては、ドキシサイクリンが使われているところでプシッタベットが使われることがあります。獣医に確認してみてください。オウム病は、動物原性感染症(動物や人に影響する病気)です。オウム病の鳥を取り扱うときには、適切な予防措置をとらなくてはなりません。

成分:
ドキシサイクリンHCL4%

ベタファーム:
オウム病(別名「オウム熱」、「鳥類病または「クラミジア症)は、クラミジア・シッタシと呼ばれている生物に起因する広範囲にわたる病気です。ペットを鳥とするオーナーはオウム病の罹患率に気づいていると思います。しかし、それは実際の病気発生率よりもむしろ改善された診断法について気にしているということです。

鳥のオウム病:
クラミジアは多種の野生の鳥に一般に起こります、しかし、臨床の病気では人工ストレス(例えば輸送、飼料または環境の変化や集中的な繁殖練習)によって促進されます。オウム病の伝染は、主に糞または羽のチリから、微生物を排出する病気の鳥との接触によって強まります。この理由のために、この病気は、最近輸送されたか、ペットショップに収容されたか、他の鳥と板で囲まれていたような場合に多く見られます。

治療:
オウム病があなたの鳥の中の1羽で見つかったならば、獣医はすべての鳥に対して感染の可能性をチェックすることをすすめるかもしれません。病気の蔓延を減らすために、感染している鳥を他の鳥と分離することは必要です。

プシッタベットがクラミジア症を治療する際に有効であると通常、思われていますが、効果があるのは種、年齢、並列の感染症の存在、感染している動物の免疫に依存します。薬は医薬用ペレット、注射、直接の経口投与によって、または柔らかい食品に加えて与えることができます。

薬の使用法は獣医の指示によります。鳥がすでにペレット化されたものに慣れていない限り、ペレットの使用は難しいです。ストレスを与えて病気が悪化してしまうかもしれません。治療期間は、最短でも45日間です。感染した鳥の状態によっては他の形での治療が必要となってきます。病気に対しての免疫はなく、鳥が完全に回復したとしても再感染する可能性があります。

治療中に気をつけること:
糞の扱いに注意してください。
羽やチリが出てちらばることを最小限にしてください。

病気の徴候を示したような鳥は他の鳥とは隔離してください
治療の初期段階には年配の方や妊娠している方、幼い子が鳥に近づかないようにしてください。鳥のいる環境にストレスを与えないようにしてください。

臨床の徴候:
オウム病には特異性徴候がありません。鳥の中には、一般的な病気の徴候 である食欲減退、体重減少、鬱や無関心、水っぽい緑の糞、目または鼻孔からの排出物、突然死を示すものもいます。当然のことながら、これらの徴候はオウム病以外の病気に関連している可能性もあります。多くの鳥はクラミジア生物を運びますが、安定した状況の下で病気の徴候は示しません。これらの鳥はストレスを多く受けた後に病気になるかもしれません。また、繁殖している鳥は病原生物を子に渡してしまうかもしれません。成鳥より若い鳥のほうが消耗性感染症にかかりやすいです。鳥はクラミジアを伝播するのは病気の徴候を必ずしも示すとは限りません。

診断:
生きている鳥のクラミジア症は、種や鳥の健康状態などから明確な診断は非常に難しいことがあります。起こっている病気の力に加えて、クラミジアが免疫系を弱体化させ、体を多数の他の病原体にさらします。このように細菌性、ウィルス性の障害が同時に起こる場合があります。細菌の問題を診断することがはるかに簡単であるので、クラミジア症は見逃されることがあります。

クラミジア症スクリーニングテスというものがあります。これは鳥類を扱う獣医により行われるものです。獣医は病歴、臨床徴候、X線、血液検査また他の診断法に基づいてオウム病の推定的な診断をすることができる場合があります。オウム病が疑われるならば、治療はすぐに始まらなければなりません。

オウム病:
たとえ臨床徴候が少なくなり治療が完全には効果を示していない場合でも、その鳥をさらにテストして見ていくことは意味のあることです。極端な場合ですが、複数回テストして治療の効果がなくまだ感染症を示している場合には、安楽死ということも必要となってくることがあります。

予防策:
以下の事項はペットのオウム病の予防にすすめられていることです。
1. クラミジア症スクリーニングテストのために購入の直後にすべての新しい鳥を鳥類の獣医のところへ連れて行ってください。
2. クラミジアを防いでいる評判の良い供給元から鳥を買ってください。鳥類の獣医が、よい供給元を知っていることもあります。 
3. 少なくとも6週間すべての新しく入れた鳥を隔離してください。
4. 定期的にモニターしてください。

人間のオウム病:
クラミジアは鳥から人間まで伝わります。しかし、鳥では比較的高い感染発生率にもかかわらず人ではめったに起こりません。人間のオウム病感染症が通常軽いものですが、年配の方や免疫抑制(例えばエイズ患者)、または病気の人にとっては潜在的に危険です。熱、寒け、頭痛、弱化、疲労、呼吸の徴候といったインフルエンザのような症状を経験することがあります。ペットの鳥と接する人、インフルエンザのような症状が長い人は医師の診断を受けるようにしてください。

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。

/アトピカ/ドロンタールプラス/ドロンタール幼犬/ドロンタール猫用/ハートガードプラス/ネクスガードスペクトラ/インターセプター/プロハート/アドバンティックス/アドボケート犬用/アドボケート猫用/フロントラインプラス/レボリューション/ストロングホールド/マバコキシブ/サーチフェクト/コンフォティスプラス/フロントラインスプレー/リマダイル/プレビコックス/メロキシカム/ピロキシカム/レボチロキシン/エピオティック/エピスムース/フラジール/オプティミューン/メベンダゾール/アルベンダゾール/スルファサラジン/イベルメクチン/アイボメック注/ゾビラックス/ゾビラックス眼軟膏/エリスロマイシン/クラリスロマイシン/セファレキシン/ST合剤/デキサメタゾン/プレドニゾロン/メチルプレドニゾロン/ケトコナゾール/エナラプリル(エナカルド錠)/酢酸フルドロコルチゾン/グリセオフルビン/アジスロマイシン/アモキシシリン/アモキシシリン注/アミトラズ/アンピシリン/イトラコナゾール/クリンダマイシン/フルコナゾール/フルオキセチン/ベナゼプリル/ベタネコール/カルシトリオール(ビタミンD)/クロミプラミン/オメプラゾール/ラニチジン/メトクロプラミド/テオフィリン/ドキシサイクリン/クラバセプチン/セフィキシム/セファドロキシル/ナプロキセン/ワーファリン/メトカルバモール/シプロフロキサシン/レボフロキサシン/スパルフロキサシン/クロラムフェニコール/クロルプロマジン/テラマイシン/テラマイシン眼軟膏/テトラサイクリン/ミノサイクリン/ジルチアゼム/アムロジピン/アテノロール/フロセミド/ウルソジオール/テルブタリン/シクロフォスファミド/シプロヘプタジン/セレギリン/ヒドロキシジン/ジゴキシン/ロペラミド/フェノキシベンザミン/メトトレキサート/トブラマイシン/ナタマイシン/ラタノプロスト/ピモベンダン/ミルクシスル/グリピジド/セレニア/イリウム/センチネル/スクラルファート/アロプリノール/ニゾラルシャンプー/マラセブシャンプー/コセクインDS/エンジェルアイズ/トロピカミド/ブリンゾラミド/カルバマゼピン/コルヒチン/コソプト/フルルビプロフェン/プロプラノロール/リファンピシン/トラマドール/イミプラミン/クロトリマゾール/セフポドキシム・プロキセチル/バイコックス/バイトリル錠/バイトリル注/バイトリル経口液/ザイマックスイヤープロテクター/トリアムシノロン/ファモチジン/CAN-C/カルベジロール/アセタゾラミド/アザチオプリン/ブスピロン塩酸塩/メラトニン/アダプティルDAP/マイクロラックス/スキンコート/カプトプリル/スピロノラクトン/ビジオティアーズ/ビジオエイド/タクロリムス/トレンタール/トラボプロスト/スキャット/コクシベット/メガバク/クロルヘキシジン/ドキシサイクリン鳥/マイコプラズマ/鳥トリコモナス/鳩ジアルジア/クロルテトラサイクリン/ミツバチ毒(マヌカ蜂蜜)/ゾニサミド/酢酸メゲストロール/エモギイガイ馬用/エモギイガイ犬用/エモギイガイ猫用/デナマリン/ゼントニル/チニダゾール/クレマスチン/テルビナフィン/メドロキシプロゲステロン/リスペリドン/オンダンセトロン/オセルタミビル/イミドカルブ/オキシトシン/フェンベンダゾール/パナクール液/鳥のオウム病/鳥用ドキシサイクリン液/鳩エネルギー/鳩トリコモナス/鳩コクシジウム/鳩駆虫薬/白点病/プロクロルペラジン/ヒドロキシウレア/メチマゾール/グリベンクラミド/ドキセピン/タイロシン/ケトプロフェン/マルボフロキサシン/カーダリス/トリロスタン/コンベニア/パーコーテンV/チアンフェニコール/ミルプラゾン犬用/ミルプラゾン猫用/ノロジン/キシラジン/エクゼマチン/エプリノメクチン/ネクトンS/ネクトンE/コクシジウム/メトロニダゾール/オキシテトラサイクリン/ネクトンR/エニルコナゾール/ネクトンドッグVM/ネクトンドッグH/クロサゾール/ミルプロ犬用/ミルプロ猫用/ベタハート/セラフォーテ/ブラベクト錠犬用/ブラベクトスポット犬用/ブラベクトスポット猫用/ブラベクトプラススポット猫用/カルプロフェン/イミダプリル塩酸塩/チルミコシン/リンコマイシン/チアムリン/デキサメタゾン注/アリジン/フロルフェニコール/フロルフェニコール注/レバミゾール/ドラメクチン注/ケプロメック/センスルファトリム/プロカイン・ジヒドロストレプトマイシン注/ペニシリン注/クリンダマイシン経口液/リンコマイシン・スペクチノマイシン/オキシテトラサイクリン注/メデトミジン/アリジン/クイックストップ/パラディア/ゴナトロピン/トリパノセン注/