すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

ポスティノール(ポスティノア)日本名ノルレボ

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。


ポスティノール2(ポスティノア)日本名ノルレボ
メーカー:GEDEON RICHTER

1錠中:レボノゲストレル0.75mg
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
1箱2錠:2,200円
2箱4錠:4,000円
3箱6錠:5,400円
5箱10錠:8,000円
10箱20錠:14,000円

日本ではノルレボという名前で承認されている。

ポスティノール2(ポスティノア)添付文書日本語訳

ポスティノール2(ポスティノア)・タブレット
レボノゲストレルは黄体ホルモン剤で、子宮内膜における卵細胞の着床を阻害し、輸卵管の運動性を刺激し、子宮頚管粘膜の粘性を増大させます。

活性物質:
0.75mgのレボノゲストレルが1錠中に含まれており、他の成分としては、コロイド性の二酸化ケイ素、ステアリン酸マグネシウム、ジャガイモデンプン、タルク、トウモロコシデンプン、ラクトースが含まれています。

使用指示:
ポスティノール2(ポスティノア)は、緊急用の避妊薬であり、避妊をしていない性交の後72時間以内に服用すれば妊娠を防げるというものです。ポスティノール2(ポスティノア)をこういった避妊に使用することは、次のような場合にすすめられることです。
★性交の間にいかなる避妊法もない場合
以下のような信頼できる避妊法がない場合
★コンドームの不適切な使用、また破損など
★ペッサリーの破損、途中での外れ、廃棄
★性交の中断の失敗
★周期性禁断の場合の生殖期の誤った計算
★IUD(子宮内避妊器具)の損失、除去
★定期的に使用しているホルモン避妊薬の3回あるいはそれ以上の経口摂取の忘れ
★レイプ

禁忌:
妊娠していない限り、ポスティノール2(ポスティノア)の使用での完全な避妊法はありません。不明な膣からの出血、肝臓や胆管の病気、妊娠性黄疸、乳房、卵巣、子宮の細胞癌の経歴のある場合は、その使用上の利益と不利益との両方を考えて、慎重に使用を考えて下さい。

服用量:
ポスティノール2(ポスティノア)は1錠を、性交後72時間以内に経口で摂取します。そして、もう1錠を最初の服用後12時間後にとります。臨床試験では、72時間よりも遅くない、48時間以内に最初の1錠を飲むことがすすめられています。48時間以上になると、薬の消化の時間を考えると効果がうすれることがあります。ポスティノール2(ポスティノア)は、月経周期の中のどの時点でも使用することができます。もし、薬を服用後2時間以内に吐いてしまったような場合には、もう一度あらためて薬を飲む必要があります。1ヶ月に4錠以上は使用しないで下さい。

副作用:
吐き気…使用者の約25%が経験しています。
嘔吐…5%が経験しています。
出血障害…服用後2−3日で見られることがありますが、通常自然におさまるようです。ほとんどの人が次の月経が通常通り起こるかあるいは少し早くなっています。もし、月経が7日以上遅くなったような場合は、妊娠検査を行って下さい。ひどい出血をしたような場合は、婦人科を受診されることをおすすめします。
他の副作用としては、胸の圧痛、頭痛、めまい、疲労などがあります。

薬の情報:
アンピシリン、リファンピシン、クロラムフェニコール、ネオマイシン、サルフォナミド、テトラサイクリン、バービチュレート、フェニルブタゾンなどと併用すると、避妊効果が減少してしまうことがあります。

注意:
喘息、心疾患、高血圧、糖尿病、腎疾患、鬱、片頭痛、てんかん、発作、高脂血症、血栓性静脈炎、血栓閉塞症などのある方は使用にあたっては最大限の注意が必要です。
上記の症状のある方は、緊急の場合の使用のみとし、定期的な使用は避けてください。
性交後の緊急の使用に限ります。日常的な避妊薬としては使用しないで下さい。使用前に妊娠していないようにして下さい。繰り返し使用すると正常な月経周期に影響を及ぼし、突然の出血などをまねくおそれがあります。

保管は15−30℃で行って下さい。

2タブレットがパックになっています。

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。