タミフル(オセルタミビル)はパルボウィルスに効く?

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。

 エンフルビル(タミフル)
エンフルビル(タミフルのジェネリック)
1カプセル中:オセルタミビル75mg
メーカー:ATABAY
オセフル(タミフル)
オセフル(タミフルのジェネリック)
1カプセル中:オセルタミビル75mg
メーカー:Neutec Ilac San Tic A.S

タミフル
タミフル
1カプセル中:オセルタミビル75mg
メーカー:Roche
 価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
75mgジェネリック
10カプセル:4,000円
20カプセル:7,800円
30カプセル:11,400円
40カプセル:14,800円
50カプセル:18,000円
100カプセル:31,000円
75mgジェネリック
10カプセル:4,000円
20カプセル:7,800円
30カプセル:11,400円
40カプセル:14,800円
50カプセル:18,000円
100カプセル:31,000円
75mgブランド
10カプセル:7,500円
20カプセル:14,800円
30カプセル:21,900円
40カプセル:28,800円
50カプセル:35,500円
100カプセル:66,000円

タミフル(オセルタミビル)が犬のパルボウィルスの効くという英文記事がたくさん出ていますので、いくつか翻訳しました
混合ワクチンなどでパルボウィルスは予防はできますが、パルボにかかったあとでも効くとなると朗報です。


タミフルと犬のパルボウィルスについて以下に記事がありました。英文ですので翻訳しました。
http://www.marvistavet.com/html/body_oseltamivir.html
タミフル

すばらしい抗生物質です。ペニシリンやサルファ抗生物質はバクテリア感染の微生物を駆除する最初の薬の代表的なものです。それ以来、無数の抗生物質が動物の酵素システムと細胞壁との間の生物学的相違にもとづいて利用されてきました。しかし、これらのどれもがウイルスに対しては同じ反応でした。

ウイルスは、生物としてもっとも単純な器官といえます。その構造はとても単純で、タンパク質の殻にDNAが密集している形です。このウイルスというのは、タンパク質の代謝はなく、また薬の標的となるようなシステムもありません。ウイルスはただ宿主細胞にくっついている注射器のようなものです。その遺伝物質を中に注入し、宿主細胞にうつしていくことを行います。言い換えれば、自分のDNAを注入し、宿主のDNAに自身のDNAをくっつけていくようなものです。ウイルスのDNAは細胞に指示を出し、より多くのウイルスを大量生産することを始めます。そして、宿主細胞は何千もの新しいウイルスを作り出すウイルス工場となってしまうのです。

ウイルスは、ヘルペス、インフルエンザ、HIV、一般の風邪、その他の感染症に関係しています。私たちがウイルスに対抗するような技術を持ったのはつい最近です。オセルタミビルはそのような成果の一つです。

オセルタミビルはインフルエンザウイルスをターゲットにしています。このウイルスはノイラミニダーゼと呼ばれる酵素の表面にくっつきます。この酵素はインフルエンザウイルスを宿主細胞で発達させることを許してしまいます。そして、感染したい細胞の呼吸器官の粘液を通っていきます。ノイラミニダーゼの阻害により、新しいウイルスを効果的に止めることができます。免疫系は感染した細胞を認識してそれを殺します。オセルタミビルはインフルエンザになったときに、私たちの病気の期間を数日でも短くしてくれるものです。これはすべて、ペットとは関連のないことです。最近、獣医師は、オセルタミビルを犬のパルボウイルスの治療に用いることに着目しています。このパルボウイルスは、吐き気や出血性の下痢を伴い、生命に関わる病気です。ただし、まだ本格的な段階にはなっていません。

この薬はどのように用いるか:
犬のパルボウイルス感染の治療のために。オセルタミビルは経口で1日2回与え、これを5日間続けます。パルボウイルスと診断されたら、できるだけ早くこの薬を使用し始めるべきです。もし、子犬がパルボウイルスにさらされた場合は、オセルタミビルによって病気を回避することができるという可能性があります。

通常、経口のものには化学混合物が入っており、動物への使用は認可されていません。

副作用:
ペットでは、副作用は認められていませんが、獣医師は以下のようなオセルタミビルにおけるヒトでの影響を報告しています。
副作用が見られた場合は、すぐに医師や処方された場所に報告して下さい。
・呼吸困難、浅い呼吸
・耳の痛みや感染
・鼻や胸の感染、炎症
・皮膚の荒れ

副作用はもし続くようであれば、あるいは大きな問題となった場合は、処方されたところ、あるいは獣医師に相談して下さい。
・咳
・下痢
・睡眠困難
・めまい
・頭痛
・吐き気
・鼻血

これらは一般的な情報であり、オセルタミビルのペットへの使用にあたっては十分に注意をし、何かあればすぐに獣医師に相談して下さい。

他の薬との相互作用:
オセルタミビルの相互作用については知られていません。

注意:
最も注意すべきことは、犬のパルボウイルスは入院すべき生命の危険に関わる重大なものだということです。自分だけで何とかしようとしたり、獣医師の診断なしに対処しようとしてはいけません。敗血症や脱水症状など、パルボウイルス感染の症状がすすんでいる子犬では、オセルタミビルに反応しないかもしれません。この薬はウイルスが増殖し始める前の症状の早い段階での使用に効果があります。オセルタミビルの使用の目的は、ウイルスの数を最小限にして免疫システムにより、ウイルスを根絶させることです。元に戻したようなオセルタミビルは10日間以上持ちません。その後は廃棄して下さい。


与える量の具体的記載があるサイトを探しました。
http://2muchcat.com/Doctors-and-Vets-Are-Not-Gods_Parvo.html
ここの下部の方にありました。1ポンドは約500gです

使用量:
体重1ポンド(500g)あたり1mgで、10回の治療について12時間毎に与えます。糞便の抗原テストを必要とします。症状が現れてから48時間以内に使用すべきです。もし、始めの使用で何も反応がなければ、2回目からは使用量を2倍に増やして下さい。

ドーベルマン、ロットワイラー、レトリバー、ピットブルドッグ、アラスカスレッドなどの種では、少なくとも2mg/ポンド(500g)をはじめの量として与えます。これらの種ではパルボウイルス感染に対する反応が弱いためです。

予防として:
発症はしていないが、可能性のあるような場合は、予防として用いることができます。この場合は、5日間に1日1回、体重1ポンド(500g)あたり1mgの量を使用します。この場合、吐き気や出血、下痢、食欲不振などの症状がいくつか現れたようなときには、10回の使用で、12時間ごとに1mg/ポンド(500g)を与えます。

IV(静脈)サポートを必要とする動物について: 抗生物質、制吐薬などのIVサポートを必要としている動物に対しては、タミフルの効果がうすい可能性があります。これは胃腸、消化管がダメージを受けているために、タミフルの能力が及ばないためです。これらの動物はまず2mg/ポンド(500g)から始め、その後は症状を見て、調節した量を12時間ごとに与えるとよいでしょう。

経口でタミフルを与えた後に吐いた場合:
この場合は、浣腸として同量を与えることができます。また、75mgカプセルを分け、パンケーキシロップやハチミツに混ぜて舌の下にのせるなどの方法で与えることができます。

5ポンド(2.5kg未満)の子犬:
1カプセルをCanine Reboundの10ccの中に入れて混ぜます。冷やしてからよくシェイクして1ccを与えるということを12時間ごとに10回繰り返します。カプセルは水で薄めないで下さい。これはとても苦いものなので、そのままだと与えても吐いてしまうでしょう。VAL液やビタミンなどを使用することもできます。
(Canine Reboundは甘いジュースのよなもののようです。)


タミフルと犬のパルボウィルスについて以下に記事がありました。英文ですので翻訳しました。
http://vettechs.blogspot.com/2005/04/oseltamivir-is-there-new-treatment-for.html
記事は2005年4月20日に投函されたものです。
日本語訳)
オセルタミビル(タミフル): パルボの新しい治療となるか?

新しいウイルスが現れ、世界中の犬たちに脅威を与えています。特に子犬は非常に大きな影響を受け、最初の徴候が現れてから数時間後には死に至ることもあります。ブリーダーは、子犬が少し元気がないことに気づいて、獣医に診てもらいに行くと、すでに死亡していたということもあります。それで、それまでのことが一晩にして無になってしまうのです。
獣医師は始めはこれに対して、ほとんど手をつくせない状況でした。病気の子犬を前に、絶望的になっている飼い主に対してもどうにもできないような状態でした。感染したほとんどの子犬は、非常に高価な医薬療法を必要としていました。
新しいウイルス(犬パルボウイルス)が、猫汎血球減少症ウイルスから変異して現れ、猫へのワクチンを用いて、犬へのワクチン治療を試みた獣医もいました。この治療が成功したこともありました。そして、まもなく犬パルボウイルスのワクチンが開発され、この恐ろしい病気も、猫のFPVワクチンのように、病気の終わりを迎えることを期待されていました。

残念なことに、ワクチンの効果を邪魔してしまうCPV母体抗体が現れ、16週間ほどもその影響が続いてしまうのでした。子犬は母体抗体をたくさん持っており、病気に影響されない状態でしたが、この病気には十分ではありませんでした。
新しいワクチンは「ハイタイター」と呼ばれ、これらの抵抗性のある母体抗体に打ち勝つように開発されてきました。その後も多くの子犬が犠牲になっていくため、高価な治療に対して、ファンドも設立されました。
今、クロストリジウム・シャボイというバクテリアによるブラックレッグ病として知られているナイジェリア牛のバクテリア病に科学者は注目しています。ナイジェリアの牛を飼育している遊牧民は、クロストリジウムの広がりを防ぐために、ノイラミニダーゼという酵素を阻害するある植物をエサとしています。ノイラミニダーゼ阻害剤は、人間の粘膜感染を治療するために研究されてきたものです。タミフル(オセルタミビル)のような薬は、人間の早期インフルエンザ感染の治療に使われています。
昨年、犬のパルボウイルスや猫汎血球減少症ウイルスを治療するために、タミフルを用いた研究が始まりました。パルボウイルス自体が再生産のためにノイラミニダーゼに頼っているとは考えられていない一方、バクテリアはCPVの徴候に影響をしている可能性があるのです。
犬のパルボウイルスと猫汎白血球減少症ウイルスは近いものであると考えられています。
バクテリアの存在しない実験室内では、子猫には猫汎血球減少症ウイルスによる病気は出ませんでした。これらのウイルス自体が病気を引き起こさせるのではなく、通常、動物の体内にあるバクテリアによる影響が原因だと考えられます。おそらくウイルスとバクテリアの間に何らかの関係があり、単独では生まれない徴候も、これら両者が合わさると現れるものと思われます。ウイルスによりダメージを受けた粘膜免疫系が危険レベルまでバクテリアが成長することを防げないようになってしまうと考えられています。ノイラミニダーゼは体内の感染と戦う機能を阻害する可能性があります。あるいは、何らかの他のシステムで阻害されている可能性もあります。理由は何であれ、最初に徴候が現れたときに、タミフルはパルボウイルスを止めているようだと言うことが言われています。タミフル(抗生物質、静脈内輸液、入院など)でペットのパルボウイルスを治療する飼い主は、かなり経済的余裕がなくてはならず、大変な負担が必要となっています。タミフルを用いた治療により多くの犬が自宅で回復に向かってきました。この際のコストとしては、犬1頭あたり40ドルです。

タミフルは処方でのみ手に入るものです。人間に対する使用量と犬に対する使用量とは異なります。タミフルは、小動物への使用は認められていません。そして、薬剤師による調合が必要なものです。ただし、重度であった場合は、この治療が子犬に有効であるかどうかはまったく保証できません。

もし、あなたが子犬に対して、こういった方法を使いたい場合は、まず獣医師との相談が必要です。そして、最大限の効果を得るためにできるだけ早く始めた方がいいでしょう。あなたがかかる獣医師は必ずしもこの薬について知っているとは限りません。ですから、情報を伝えることは必要となるでしょう。獣医師は獣医師情報ネットワークに入っている場合は、彼等はタミフルに関する情報(使用量など)を得ているでしょう。


タミフルと犬のパルボウィルスについて以下に記事がありました。英文ですので翻訳しました。
http://www.wormsandgermsblog.com/2010/03/articles/animals/dogs/tamiflu-and-parvovirus-in-dogs/
記事は2010年3月25日に投函されたものです。
日本語訳)
獣医学会誌で議論されているものに、犬におけるパルボウイルス感染の治療に、タミフル(オセルタミビル)の使用が有効かというものがあります。
タミフルは、人間のインフルエンザの治療薬としてよく知られているものです。ノイラミニダーゼ阻害剤がインフルエンザのようなウイルスの複製を抑えることができるのです。実際、パルボウイルスには効果を示さないのですが、バクテリアに対して効果を示す、パルボウイルスの病気を重症化してしまう第2のバクテリア感染を予防するであろうということから、獣医師たちがこれを使用してきたというのです。
研究はパルボウイルスに感染した35頭という少数の犬を用いて行われました。通常の治療に伴いタミフルを処方されたグループと偽薬を用いたグループ、通常の治療しかしていないグループとに分けて、研究を行いました。1つのグループ(対照実験とした通常の治療を行ったグループ)では、体重減少が見られたものの、これらのグループ間では大きな違いは見られませんでした。しかし、これらの結果は、薬の有効性を否定するものではなく、薬の使用量が低すぎるという原因か、あるいは研究規模が小さかったためという可能性も十分にあるのです。
獣医師の中には、タミフルのパルボウイルスに対する有効性を信じているものもいます。現在は、それを科学的に証明するような段階ではありませんが、その有効性に関して指示するような結果や話もたくさん伝わってきています。しかし、いくつかの不安材料もあります。
★その有効性がはっきりとわからないこと。情報の乏しいまま治療に使い続けることは得策ではないということ。
★その適切な使用量や使用期間がわからないこと。タミフルがどういった動物に効くのかもはっきりとしていないが、おそらく早期の病気には効くであろう、ということしかわからない状況であること。
★タミフルは人間のインフルエンザ治療薬として重要なものであり、インフルエンザのパンデミックに対抗するような薬をはっきりとした情報もないまま、動物に使用してよいのかということ。
その記事では、結論として「さらなる研究が必要ではあるが、結果にもとづき、オセルタミビルがパルボウイルス腸炎の治療に果たす役割は不確かである」ということです。
以下の2点に注意しなくてはなりません。
○動物へのこの薬の使用に関する合理的な議論がなされるべきであること
○その効用と使用法についてしっかりとした研究がなされるべきであること
その使用に関して確立されたとしても、人間に対する使用とぶつからないように、管理していくことが必要となるはずです。タミフルについては、様々な議論がありますが、願わくば、決定的な研究結果が出ることを祈ります。


海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。

/アトピカ/ドロンタールプラス/ドロンタール幼犬/ドロンタール猫用/ハートガードプラス/ネクスガードスペクトラ/インターセプター/プロハート/アドバンティックス/アドボケート犬用/アドボケート猫用/フロントラインプラス/レボリューション/ストロングホールド/マバコキシブ/サーチフェクト/コンフォティスプラス/フロントラインスプレー/リマダイル/プレビコックス/メロキシカム/ピロキシカム/レボチロキシン/エピオティック/エピスムース/フラジール/オプティミューン/メベンダゾール/アルベンダゾール/スルファサラジン/イベルメクチン/アイボメック注/ゾビラックス/ゾビラックス眼軟膏/エリスロマイシン/クラリスロマイシン/セファレキシン/ST合剤/デキサメタゾン/プレドニゾロン/メチルプレドニゾロン/ケトコナゾール/エナラプリル(エナカルド錠)/酢酸フルドロコルチゾン/グリセオフルビン/アジスロマイシン/アモキシシリン/アモキシシリン注/アミトラズ/アンピシリン/イトラコナゾール/クリンダマイシン/フルコナゾール/フルオキセチン/ベナゼプリル/ベタネコール/カルシトリオール(ビタミンD)/クロミプラミン/オメプラゾール/ラニチジン/メトクロプラミド/テオフィリン/ドキシサイクリン/クラバセプチン/セフィキシム/セファドロキシル/ナプロキセン/ワーファリン/メトカルバモール/シプロフロキサシン/レボフロキサシン/スパルフロキサシン/クロラムフェニコール/クロルプロマジン/テラマイシン/テラマイシン眼軟膏/テトラサイクリン/ミノサイクリン/ジルチアゼム/アムロジピン/アテノロール/フロセミド/ウルソジオール/テルブタリン/シクロフォスファミド/シプロヘプタジン/セレギリン/ヒドロキシジン/ジゴキシン/ロペラミド/フェノキシベンザミン/メトトレキサート/トブラマイシン/ナタマイシン/ラタノプロスト/ピモベンダン/ミルクシスル/グリピジド/セレニア/イリウム/センチネル/スクラルファート/アロプリノール/ニゾラルシャンプー/マラセブシャンプー/コセクインDS/エンジェルアイズ/トロピカミド/ブリンゾラミド/カルバマゼピン/コルヒチン/コソプト/フルルビプロフェン/プロプラノロール/リファンピシン/トラマドール/イミプラミン/クロトリマゾール/セフポドキシム・プロキセチル/バイコックス/バイトリル錠/バイトリル注/バイトリル経口液/ザイマックスイヤープロテクター/トリアムシノロン/ファモチジン/CAN-C/カルベジロール/アセタゾラミド/アザチオプリン/ブスピロン塩酸塩/メラトニン/アダプティルDAP/マイクロラックス/スキンコート/カプトプリル/スピロノラクトン/ビジオティアーズ/ビジオエイド/タクロリムス/トレンタール/トラボプロスト/スキャット/コクシベット/メガバク/クロルヘキシジン/ドキシサイクリン鳥/マイコプラズマ/鳥トリコモナス/鳩ジアルジア/クロルテトラサイクリン/ミツバチ毒(マヌカ蜂蜜)/ゾニサミド/酢酸メゲストロール/エモギイガイ馬用/エモギイガイ犬用/エモギイガイ猫用/デナマリン/ゼントニル/チニダゾール/クレマスチン/テルビナフィン/メドロキシプロゲステロン/リスペリドン/オンダンセトロン/オセルタミビル/イミドカルブ/オキシトシン/フェンベンダゾール/パナクール液/鳥のオウム病/鳥用ドキシサイクリン液/鳩エネルギー/鳩トリコモナス/鳩コクシジウム/鳩駆虫薬/白点病/プロクロルペラジン/ヒドロキシウレア/メチマゾール/グリベンクラミド/ドキセピン/タイロシン/ケトプロフェン/マルボフロキサシン/カーダリス/トリロスタン/コンベニア/パーコーテンV/チアンフェニコール/ミルプラゾン犬用/ミルプラゾン猫用/ノロジン/キシラジン/エクゼマチン/エプリノメクチン/ネクトンS/ネクトンE/コクシジウム/メトロニダゾール/オキシテトラサイクリン/ネクトンR/エニルコナゾール/ネクトンドッグVM/ネクトンドッグH/クロサゾール/ミルプロ犬用/ミルプロ猫用/ベタハート/セラフォーテ/ブラベクト錠犬用/ブラベクトスポット犬用/ブラベクトスポット猫用/ブラベクトプラススポット猫用/カルプロフェン/イミダプリル塩酸塩/チルミコシン/リンコマイシン/チアムリン/デキサメタゾン注/アリジン/フロルフェニコール/フロルフェニコール注/レバミゾール/ドラメクチン注/ケプロメック/センスルファトリム/プロカイン・ジヒドロストレプトマイシン注/ペニシリン注/クリンダマイシン経口液/リンコマイシン・スペクチノマイシン/オキシテトラサイクリン注/メデトミジン/アリジン/クイックストップ/パラディア/ゴナトロピン/トリパノセン注/