すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

デスベンラファキシン(プリスティーク)

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。

プリスティーク
ニューベン(プリスティークのジェネリック)
1錠中デスベンラファキシン50mg/100mg
メーカー:TORRENT
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
50mg
100錠:9,000円
200錠:17,800円
300錠:26,400円
400錠:34,800円
500錠:43,500円
 100mg
100錠:12,000円
200錠:23,800円
300錠:35,400円
400錠:46,800円
500錠:58,000円

NEWVEN ODの添付文書日本語訳

抗鬱薬タブレット50/100mg

成分(NEWVEN OD 50):
デスベンラファキシン・サッカリネート・モノハイドレート 50r
医薬品添加物
色:赤色酸化鉄色
二酸化チタンIP

成分(NEWVEN OD 100):
デスベンラファキシン・サッカリネート・モノハイドレート 100r
医薬品添加物
色:キノリン黄色
二酸化チタンIP

概要:
デスベンラファキシンは抗鬱薬として処方されるものです。ゆっくりと時間をかけて体に浸透していくタイプのタブレットです。デスベンラファキシン錠は長時間作用するもので、1日1回の服用をするだけです。

デスベンラファキシンはどのようにはたらくか:
デスベンラファキシンはセロトニンーノルアドレナリン再吸収阻害剤で、SNRIsとも呼ばれています。

副作用について:
どの薬にもあるように、デスベンラファキシンにも副作用がありますが、この薬を使用した人がすべて副作用を経験するわけではありません。実際、ほとんどの人は問題はありません。仮に副作用が見られた場合でも、多くはわずかなものであり、治療なしでも済むものや簡単な治療で治るものです。

デスベンラファキシンによく見られる副作用:
1日に50mgという推奨量を使用した場合のもっともよく見られる副作用は
吐き気、めまい、口の渇き、下痢、発汗
他に2−9%程度の人に見られる副作用としては
便秘、食欲減退、体重減少、不眠、いらつき、異常な夢、視力障害、耳鳴り、性欲減退、インポテンツ(EDとしても知られるものです)

デスベンラファキシンの使用:
デスベンラファキシンは成人の鬱に対して用いられるものです。脳内でのセロトニンやノルアドレナリンの再吸収を阻害します。鬱はこれらの化学物質のレベルのアンバランスが原因となっているのです。時に、不安障害や偏頭痛、ADHDなどのためにデスベンラファキシンをヘルスアドバイザーの指導の下に使うこともあります。
デスベンラファキシンは主に鬱を扱うためのもので、セロトニンーノルアドレナリン再吸収阻害剤(SNRI)として知られているものです。鬱というのは悲しく感じるという感覚以上のものです。主な兆候としては次のようなものがあります。
希望のない、あるいは意味のないような感覚
眠りの変化(寝過ぎあるいは不十分な眠り)
食べ過ぎあるいは食欲減退(体重の増加あるいは減少)
以前は楽しかったものへの興味の薄れ
肉体的な苦痛
自殺願望
デスベンラファキシンは臨床データも豊富であり、成人への効果も示されています。しかし、多くの抗鬱薬は使用開始してからその効果が表れるまでに数週間かかります。症状の改善にすぐに気付く人もいますが、鬱の症状は痛みや睡眠の変化も含め、治療開始の数週間以内の改善が通常です。少なくとも4−6週間の期間が症状の改善には必要なことが多いです。症状が悪化する前にデスベンラファキシンの使用を開始することが重要です。

デスベンラファキシンの使用量:
鬱に対して推奨される使用量としては、1日につき50mgです。研究によれば、多く使用すると効果も出るということですが、その分、副作用が出る可能性も増えます。
あなたの体の反応次第では、ヘルスケアの専門家のアドバイスの下に、使用量を増やすということも考えられます。ただし、肝臓に疾患のある人は1日につき100mgを超えないようにしてください。

デスベンラファキシンの使用について:
デスベンラファキシンの使用量は次のような状態によって変わってきます。
どのように薬に反応しているか
他の医学的な症状は出ているのか
他の薬は飲んでいるか

鬱に対しての使用量:
鬱に対しては1日につき50mgの使用量を推奨します。研究では、1日400mgまでの高い使用量でもその効果は示されています。ヘルスケアの専門家による指導の下、使用量を増やすことはできます。ただし、薬への体の反応や効果についての考慮が必要です。しかし、肝臓に病気のある人(肝炎、肝硬変など)は1日につき100mgを超えないように気を付けてください。他の抗鬱薬のようにデスベンラファキシンは突然中止することはすべきではありません。このようなことをすると、症状を引き出してしまうことになります。ヘルスケアの方からどのように薬の使用をやめるべきかアドバイスを受けてください。デスベンラファキシンタブレットは低量にするために半分にカットして使用するといったことができないので、仮に低量だけ使用したいという場合は、服用間隔による低使用量(たとえば1日おき、あるいは3日に1回など)をするという方法になります。

薬の相互作用:
アルコール、ハロペリドール、NSAIDsがデスベンラファキシンといっしょに用いられると、薬の相互作用が起こることがあります。副作用が起こるリスクも高まります。そういった相互作用を起こす薬としては、シメチジン、リチウム、抗凝血性薬などが含まれます。デスベンラファキシンは潜在的にいろいろな薬と相互作用する可能性があります。それらを次にあげると;
アルコール
次のような抗凝血薬あるいは抗血小板薬
アスピリン(バイヤーほか)
クロピドグレル(プラビックス)
次のようなヘパリン、ヘパリン様物質
ダルテパリン(フラグミン)、エノキサパリン(ロベノックス)、チンザパリン(イノヘップ)
次のような非ステロイド抗炎症薬(NSAID)
セレコキシブ(セレブレックス)、ディクロフェナック(ロジン)、イブプロフェン(モトリン、アドビル)、インドメタシン(インドシン)

デスベンラファキシンの過剰使用:
デスベンラファキシンを過剰使用した場合の症状としては下痢、口の渇き、心拍数の増加があります。ただし、過剰使用の場合の症状は人によりさまざまで、また他の薬といっしょに使用したのかどうかということも重要になってきます。対応もさまざまな方法があり、胃洗浄や他のサポートケアの物質を使うこともあります。

過剰使用の際の症状:
頭痛
吐き気と嘔吐
興奮
めまい
便秘あるいは下痢
口の渇き
焼けた、あるいはちくちくしたような異常な感覚
心拍数の増加

過剰使用の際の治療:
これについてもさまざまですが、過剰使用をしたばかりであればヘルスケアに相談して、胃洗浄を行うといいです。ただし、わざと吐くようなことはしない方がいいです。過剰使用の結果出た症状のケアも重要です。次のようなケアの方法があります。
心臓、血圧、呼吸のモニター
静脈内への処置(IV)
合併症への対応

保管:
乾燥した暗い、25度を超えないところに保管してください。
子供の手の届かないところにおいてください。


Pristiqプリスティーク(デスベンラファキシン)がモダフィニル(プロビジル)の代替品になるという情報がありまが、医師に必ず相談することとなっています。
http://www.ehow.com/about_5533533_replacements-provigil.html
Other medications used to treat narcolepsy and other sleep disorders include Methylin, Dexedrine,
Pristiq, Vyvanse, Ritalin, Concerta, Dextrostat, Liquadd and ProCentra. These medications may be suitable replacements for Provigil, but consult your doctor for the right treatment for you.


海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。