すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

メラトニン(脱毛動物への発毛効果)

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。


メラトニン3mg100錠
メーカー:ARIST Pharma
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
3mg
100錠:3,500円
200錠:6,800円
300錠:9,900円
400錠:12,800円
500錠:15,500円

メラトニン錠剤3mg
製品名:メロセット
成分(1タブレット中):
メラトニン3mg

メロトニンは松果体がつくりだす内在性ホルモンです。体内時計に働きかけることで、覚醒と睡眠を切り替えて、自然な眠りを誘う作用があり、「睡眠ホルモン」とも呼ばれています。

動物に対しては発毛効果があるようです。以下英文翻訳
http://franklintnvet.com/melatonin-therapy-for-canine-alopecia/

訳)
犬脱毛症に対するメラトニン治療

獣医やペットのオーナーは、犬脱毛症(犬の脱毛)に対するメラトニン治療の成功を同様に経験しています。

もっとも一般的な犬脱毛症は、季節脱毛症、または周期的小胞形成異常とも呼ばれます。この状態は、犬の横腹や背中の上の脱毛を意味します。脱毛は、尾、鼻、耳のベース部分に生じることもあります。通常、皮膚は脱毛が起こった部分でより黒くなります、そして、犬の毛が乾いて粗くなります。

犬によっては、他の犬よりも季節脱毛症になりやすいものがあります。ブルドッグ、ボクサー、シュナウツァー、エアデールテリア、ラブラドール、スコッティッシュテリア、アキタス、ドーベルマンピンシェルはほかよりも影響されやすい犬です。

犬の季節脱毛症は、通常春の初め、または秋の後半に始まり6ヵ月間続きます。時にそういった脱毛の状態が年々繰り返されます。あるいは生涯に一度だけそういった症状になる犬もいます。多くの犬が春に季節脱毛症で影響を受けるので、研究者は日光の不足が原因である場合があると結論しました。

メラトニンは、ホルモンや体の周期リズムを管理するのを助ける松果体によって生産されるホルモンです。それが、犬、猫、フェレットの脱毛の自然な治療法として、動物薬で使われています。メラトニンがどのように毛皮を厚くして再成長させるのかについて、研究者はまだよく理解していません。研究者の中には、メラトニン、日光、体の周期リズムの関係に着目している人もいます。また他の研究者は、メラトニンの抗酸化剤特性が毛の成長促進を助けると思っています。メラトニンはまたペットの外科手術後の体重増や、ストレスまたは病気、不安、不眠症、雑音恐怖症のペットが助けることが示されました。また、ミンクを扱う人々が冬に厚手のコートをつくるためにメラトニンを使うということが以前から知られていました。

メラトニンは、抗酸化剤の働きをするとも思われています。それは遊離基によるダメージを減らし、免疫系を刺激し、心血管系を保護し、若々しい周期リズムを保ちます。そして、成長ホルモンの生産を刺激します。経口でのメラトニン投与は周期的横腹脱毛症のケースの50-75%で毛の再生のために効果的であるとわかりました。自然の鎮痛作用のためには夜に管理されなければなりません。

推奨使用量:
研究では、8〜12時間おきに3〜6mgの適用量を超えないことを勧めています。およそ11kg以下の体重の犬では1.5mgで、中型〜大型犬では3mg、45kgを越える大きな犬では6mgを1日に1〜2回使用します。1日1回の使用では、夜に使用することをすすめます。しかし、もちろんペットによる個体差もあるので、いつも獣医に相談してから使用することが重要となってきます。

副作用:
犬ではメラトニン使用に関する重大な副作用の報告はありません。胃の不快や眠気といった報告がいくつか見られただけです。メラトニンは避妊手術をしていないメスが発情期に入る時間をわずかに変えることを示しました。メラトニンはまた、コルチコステロイドや他の体内のプロセスと相互作用をするかもしれません。発情期や交尾欲求の修正があるために、繁殖期の犬への使用はすすめられません。

過剰投与: 
メラトニンは推奨量を超えないことが非常に重要です。メラトニン製品を選ぶときには注意してください。多くのメラトニン製品は、犬のための推奨量よりも非常に強い人間用です。過剰投与の徴候としては、下痢、嘔吐、高血圧、不均衡、発作なども含まれます。

注意:
ペットが特定の病気にかかっていると結論する前に獣医と相談することが重要です。犬脱毛症の場合、獣医が甲状腺の病気、クッシング病、寄生虫、ダニや特定のバクテリアを除外することを、あなたは確認しなければなりません。これらの全ては、犬の季節脱毛症に類似した徴候を引き起こすことがありうるものです。甲状腺またはクッシング病に対する検査のために、獣医は、血液検査を行う必要があります。寄生虫、ダニ、特定のバクテリアのために、皮膚のサンプルがとられることもあります。


http://www.petremedycharts.com/Learning%20Center/Nutrition/Nutrition/Natural_Treatments_for_Hair_Loss_in_Dogs_Cats_Ferrets.html
訳)
犬、猫、フェレットの脱毛に対する過程での治療:

メラトニン:
脱毛では、メラトニン(下垂体から分泌されるホルモン)が動物薬として用いられます。これは犬、猫、フェレットの食欲増進、ストレスや手術後、病後、遺伝に関する問題などによる体重減のペットの体重増加、そして、毛の再成長などにとっての自然な治療として用いられます。犬、猫、フェレットの脱毛症の多くの場合、メラトニン治療に効果的に反応しました。獣医の使用では、毛の改善のために通常、1.5〜4ヵ月の期間での反応が見られました。

偽クッシング、成人発症型成長ホルモン欠乏、成犬の低身体向性、成長ホルモンに反応する脱毛症、去勢に反応する皮膚病、生殖腺の性ホルモン皮膚病、性ホルモン脱毛症、性ホルモン/成長、ホルモン皮膚病、生検に反応する脱毛症、副腎性ホルモン・アンバランス、先天性副腎過形成症候群、リソドレンに反応する皮膚病、北欧の種類の小胞形成異常、シベリアンハスキーの小胞形成異常、長毛種の小胞成長機能障害、その他、獣医や皮膚科医によるメラトニンを用いた治療では、50%以上において明らかな効果が見られました。

犬、猫、フェレットへのメラトニン使用量:
犬への使用量
約11kg以下の犬には1.5mg、中型〜大型犬では3mg、45kgを越える大きな犬では6mgを1日に1回使用します。夜に使用することをすすめます。

猫への使用量:
まず、メラトニン0.75mgの使用量から始めます。1日1回、4〜6週間、使用します。

フェレットへの使用量:
1日1回、1kgごと、または、フェレット1匹につき、液体メラトニン1mgを使用します。日の出の8〜9時間後に与えられなければなりません。服用のタイミングの重要性は、その秋冬の光周期、フェレットの周期時計の刺激となります。これは、その冬の毛とその冬の体重増加を体に示します。改善が見られない場合、投薬量はフェレットごとに3mgまで増やすことができます。

フェレットの副腎の病気の治療に対してはいくつかのオプションがあります。手術は、通常、最高のオプションであると考えられます。しかし、手術がすべてのケースで必ずしもできるというわけではありません。メラトニンは副腎の病気や可能性の徴候を扱って、コントロールするのに用いられます。もし、早期に使用が開始されれば、予防策としても使えます。ほとんどのフェレットでは、その毛の成長に効果をみせます。メラトニンはルプロンとともに、あるいはそれ自身のみで使用します。

一部の獣医はより速く副腎の手術後にフェレットの毛を再成長させるため、そして、食欲や体重を元に戻すために、メラトニンインプラントを使用してきました。  移植片を使って、食欲を増やして、動物の上に重さを戻します。(フェレット誌、ジェリー・マレイ、DVM、ダラス、テキサス、USA)。インプラントをされることで、毎日の経口投与よりもっと簡単になります。

犬、猫、フェレットへのメラトニン使用の安全性:
メラトニンは安全ですが、オーナーは実験的結果などに注意し、獣医と相談して使用しなければなりません。

禁忌:
メラトニンは、哺乳類では光によって媒介される生殖行動を管理することが示されました。したがって、繁殖している犬には使用しないことがベストです。

副作用:
重大な副作用は報告されていません。しかし、動物によっては、軽い胃の不快や眠気を経験することもあります。

メラトニンサプリメントはどこで手にはいるか:
メラトニンは、大部分のドラッグストアで購入できます。それは、1mgあるいは3mgの錠剤で売られています。また、液体用も入手できます。液体製品はメーカーの混合具合でメラトニンの含有量に大きな違いがあるということに注意してください。製品のラベルを注意して読むことは重要です。そして、何mgが含まれているかなどを理解してください。

製品:液体メラトニン、錠剤。

注:通常のメラトニンを使うべきで、舌下あるいはビタミン強化のものは用いないでください。アメリカや他のいくつかの国では、メラトニンは薬というよりもむしろ人間の栄養補助食品として市場に出ています。メラトニンは合成物であり比較的安価です

さらなる情報:
あなたのペットが自然にメラトニン濃度を上昇させる、あるいは安定させる方法がいくつかあります。あなたのペットが毎日10時間、真っ暗闇の中で寝ていることを確認してください。テレビ画面、コンピューターモニター、常夜灯などの光のない状況下です。もし、家で料理をしているならば、メラトニンの豊富な食品をあなたのペットに与えてください。無農薬の玄米とオート麦がベストです。しかし、あなたのペットがガンにかかっているならば、炭水化物は良いカロリー源ではないのを思い出してください。新鮮なセージを試してみてください。それには植物の葉に天然に存在するメラトニンが含まれています。あなたのペットは高電圧の電気フィールドから遠ざけてください。これらの地域では、メラトニン濃度が体内で減少する原因になります。できれば動物を適切な食事に切り替えてください。

毛の状態:
動物の毛が薄かったり柔らかかったりしたならば、それは血液循環、食物吸収または一般的な代謝に関する問題があることを意味するかもしれません。

あなたは、獣医にあなたのペットの甲状腺を血液検査とともにチェックしてもらう必要があるかもしれません。犬において甲状腺の指標は、背中の側の脱毛になります。また、質の悪い食物は栄養は含まれていても、犬または猫の体で利用できるようにするために必要な酵素が不足しているかもしれません。キレート化され、すぐに吸収されるミネラルの入った食物を使うか、あるいは新鮮な食品を食事に加えてください。

毛を強く光沢があるようにするのを助ける栄養サプリメントは、オメガ3、6オイル(例えば犬用フラックスシードや猫用フィッシュオイル)で必須脂肪酸を含みます。毎日どちらかを100〜200mg与えてください。100〜1000mgのビタミンCを日々与えることで、酸素と血液が皮膚まで達するのを助けます。50〜400IUのビタミンEさらに5000〜10000mgのビタミンA を毎日(肝臓に問題のない限り)、ビオチンやシーウィードとともに、輝く毛のためにとってください。

免責:
この中の情報は、教育的な目的のみを意図しています。診断、処方または処置としての意味を持ちません。また、獣医の医学的なサービスにとって代わるものでもありません。この資料に記述されている治療、アプローチ、技術は、専門の獣医の治療などの代わりにはなっていません。前もって公認の獣医の診断なしには、治療のために使用しないでください。あなたは、治療を開始する前にはいつも獣医に相談してから始めるべきです。


海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。

/アトピカ/ドロンタールプラス/ドロンタール幼犬/ドロンタール猫用/ハートガードプラス/ネクスガードスペクトラ/インターセプター/プロハート/アドバンティックス/アドボケート犬用/アドボケート猫用/フロントラインプラス/レボリューション/ストロングホールド/マバコキシブ/サーチフェクト/コンフォティスプラス/フロントラインスプレー/リマダイル/プレビコックス/メロキシカム/ピロキシカム/レボチロキシン/エピオティック/エピスムース/フラジール/オプティミューン/メベンダゾール/アルベンダゾール/スルファサラジン/イベルメクチン/アイボメック注/ゾビラックス/ゾビラックス眼軟膏/エリスロマイシン/クラリスロマイシン/セファレキシン/ST合剤/デキサメタゾン/プレドニゾロン/メチルプレドニゾロン/ケトコナゾール/エナラプリル(エナカルド錠)/酢酸フルドロコルチゾン/グリセオフルビン/アジスロマイシン/アモキシシリン/アモキシシリン注/アミトラズ/アンピシリン/イトラコナゾール/クリンダマイシン/フルコナゾール/フルオキセチン/ベナゼプリル/ベタネコール/カルシトリオール(ビタミンD)/クロミプラミン/オメプラゾール/ラニチジン/メトクロプラミド/テオフィリン/ドキシサイクリン/クラバセプチン/セフィキシム/セファドロキシル/ナプロキセン/ワーファリン/メトカルバモール/シプロフロキサシン/レボフロキサシン/スパルフロキサシン/クロラムフェニコール/クロルプロマジン/テラマイシン/テラマイシン眼軟膏/テトラサイクリン/ミノサイクリン/ジルチアゼム/アムロジピン/アテノロール/フロセミド/ウルソジオール/テルブタリン/シクロフォスファミド/シプロヘプタジン/セレギリン/ヒドロキシジン/ジゴキシン/ロペラミド/フェノキシベンザミン/メトトレキサート/トブラマイシン/ナタマイシン/ラタノプロスト/ピモベンダン/ミルクシスル/グリピジド/セレニア/イリウム/センチネル/スクラルファート/アロプリノール/ニゾラルシャンプー/マラセブシャンプー/コセクインDS/エンジェルアイズ/トロピカミド/ブリンゾラミド/カルバマゼピン/コルヒチン/コソプト/フルルビプロフェン/プロプラノロール/リファンピシン/トラマドール/イミプラミン/クロトリマゾール/セフポドキシム・プロキセチル/バイコックス/バイトリル錠/バイトリル注/バイトリル経口液/ザイマックスイヤープロテクター/トリアムシノロン/ファモチジン/CAN-C/カルベジロール/アセタゾラミド/アザチオプリン/ブスピロン塩酸塩/メラトニン/アダプティルDAP/マイクロラックス/スキンコート/カプトプリル/スピロノラクトン/ビジオティアーズ/ビジオエイド/タクロリムス/トレンタール/トラボプロスト/スキャット/コクシベット/メガバク/クロルヘキシジン/ドキシサイクリン鳥/マイコプラズマ/鳥トリコモナス/鳩ジアルジア/クロルテトラサイクリン/ミツバチ毒(マヌカ蜂蜜)/ゾニサミド/酢酸メゲストロール/エモギイガイ馬用/エモギイガイ犬用/エモギイガイ猫用/デナマリン/ゼントニル/チニダゾール/クレマスチン/テルビナフィン/メドロキシプロゲステロン/リスペリドン/オンダンセトロン/オセルタミビル/イミドカルブ/オキシトシン/フェンベンダゾール/パナクール液/鳥のオウム病/鳥用ドキシサイクリン液/鳩エネルギー/鳩トリコモナス/鳩コクシジウム/鳩駆虫薬/白点病/プロクロルペラジン/ヒドロキシウレア/メチマゾール/グリベンクラミド/ドキセピン/タイロシン/ケトプロフェン/マルボフロキサシン/カーダリス/トリロスタン/コンベニア/パーコーテンV/チアンフェニコール/ミルプラゾン犬用/ミルプラゾン猫用/ノロジン/キシラジン/エクゼマチン/エプリノメクチン/ネクトンS/ネクトンE/コクシジウム/メトロニダゾール/オキシテトラサイクリン/ネクトンR/エニルコナゾール/ネクトンドッグVM/ネクトンドッグH/クロサゾール/ミルプロ犬用/ミルプロ猫用/ベタハート/セラフォーテ/ブラベクト錠犬用/ブラベクトスポット犬用/ブラベクトスポット猫用/ブラベクトプラススポット猫用/カルプロフェン/イミダプリル塩酸塩/チルミコシン/リンコマイシン/チアムリン/デキサメタゾン注/アリジン/フロルフェニコール/フロルフェニコール注/レバミゾール/ドラメクチン注/ケプロメック/センスルファトリム/プロカイン・ジヒドロストレプトマイシン注/ペニシリン注/クリンダマイシン経口液/リンコマイシン・スペクチノマイシン/オキシテトラサイクリン注/メデトミジン/アリジン/クイックストップ/パラディア/ゴナトロピン/トリパノセン注/