すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

メラトニン

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。


メラトニン3mg100錠
メーカー:ARIST Pharma
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
3mg
100錠:3,500円
200錠:6,800円
300錠:9,900円
400錠:12,800円
500錠:15,500円

メラトニン錠剤3mg
製品名:メロセット
成分(1タブレット中):
メラトニン3mg

メロトニンは松果体がつくりだす内在性ホルモンです。

薬理作用:
内在性のメラトニンは、周期的なリズムと内部の同調に働きます。
昼夜のサイクルがあり、夜の間に松果体の松果体細胞により生産されます。光はメラトニンの生成を抑えるのです。内在性メラトニンの機能として推定されているのは、睡眠サイクル、ホルモンリズム、免疫機能、体温の調節などです。メラトニン分泌の消滅は、周期的にシフトしています。年齢とメラトニンレベルとの関係がさまざまな研究によって調べられてきました。年齢とともにその必要としているメラトニンレベルが減少していくのです。外来性のメラトニンは、その周期に同調し、時差や睡眠周期の遅れ、睡眠不順や神経学的に損傷のある患者を治療することができるのです。催眠効果によって、メラトニンはお年寄りの不眠を軽減することができます。メラトニン分泌の減少は、循環器疾患などの症状と関係しています。アルツハイマー病、糖尿病、老化などにも関係します。また、メラトニンは、遊離基消去剤や抗酸化剤にも効果があります。

薬物動態:
メラトニンは経口で急速に吸収されます。薬は服用量の60%まですばやく代謝されます。食物はメラトニンの吸収を増加させます。分布は1.4 〜 3分間で半分になります。メラトニンは肝臓で代謝されます。2つの代謝生成物、6ヒドロキシメラトニンとNアセチルセロトニンがあります。これらの物質は不活性なものです。メラトニンは主に腎臓から尿に排出されます。半分になるまで30〜 50分かかります。

指示:
睡眠不順や時差、日周リズムへの対応。

禁忌:
成分に過敏反応のある方、妊娠中、授乳中の方は使用しないで下さい。

注意:
肝臓病、脳血管病の経験者、その他の神経障害、同時ベータブロッキングの方。

副作用:
眠気、疲労、頭痛、困惑、そう痒などが起こることがあります。1日に75mgのメラトニンの高濃度での服用は、1400人のオランダの女性による4年間のテストでは副作用は現れませんでした。メラトニンは発がん性や変異原性はありません。メラトニンは習慣性になることはありません。合併症も見られません。

服用量:
通常は、寝る前に1錠を服用します。1回に1〜5mgの範囲で個人の状態によって用量を設定できます。

メラトニンは天然ホルモンのひとつで、脳の奥にある豆粒大の松果体で生成されます。メラトニンの生成量は夜、睡眠中にピークを迎え、日中は低下します。メラトニンの生成量が毎日満ち引きすることで、眠りと目覚めのサイクルが保たれています。

歳をとるにつれてメラトニン量が低下することから、最近、メラトニンは老化防止剤として広まってきています。動物実験で、高齢の動物の飲み水にメラトニンを加えたところ、寿命が大幅に延びたばかりか、老化を示す多くの症状が改善されました。こういった研究をもとに、人間の場合もメラトニン量を若いころのレベルに戻すことで、老化による肉体的および精神的衰えを防ぎ、遅らせることができると考えられています。

アメリカのベビーブーム世代は体内時計を逆戻りさせたいと願いメラトニンを毎日摂取しています。このホルモンと老化の関係についてはいづれ解明されるでしょうが、他にもメラトニンに関するすばらしい発見があります。

メラトニンには抗酸化作用や活性酸素を解毒する働きがあり、酸化によるダメージから細胞を守ります。酸化によるダメージは、アルツハイマー病など、多くの病気の原因となります。最近「神経科学」誌に発表されたところによると、試験管内実験において、メラトニンには脳のアミロイド形成の原因となる酸化ダメージを抑制し、アルツハイマー病を予防する働きがあることがわかったそうです。

メラトニンには偏頭痛の1種である群発頭痛、とくに男性に多い疲労性頭痛をやわらげる効果のあることもわかっています。2重盲検で20人の群発頭痛患者を2つのグループにわけ、それぞれに毎日10mgのメラトニンもしくは偽薬を与えました。約1ヶ月後、メラトニングループの半数は症状が改善されましたが、偽薬グループには改善が見られませんでした。群発頭痛でお悩みの方は、メラトニンの使用について医師などの専門家に相談してください。

メラトニンは、悪性腫瘍の拡大を未然に防いで癌と戦う細胞を活性化し、免疫機能を強化することでも知られています。「松果体研究」誌に発表された興味深い研究報告によると、メラトニンは悪性の皮膚癌であるメラノーマ(悪性黒色腫)により、結節に癌が再発し、外科的治療を受けている患者の延命に効果があることがわかっています。
この研究では30人の患者を2グループに分け、1グループには毎日20mgのメラトニンを投与し、もう一方には治療を行いませんでした。31ケ月後、メラトニン摂取グループの生存率は他グループより遥かに高い結果となりました。

効能:時差ボケや不眠症に効く。抗酸化作用がある。アルツハイマー病を予防する効果がある。頭痛の罹病率を下げる。癌と戦う免疫細胞を活性化する。

用法・用量:不眠症の人は就寝時に1〜5mgを摂取。最初は1mgからはじめて、効果がなければ1mg増やして最高5mgまで増やして摂取してください。時差ボケには1〜3mgを眠りにつきたい30分前に摂取します。老化防止には1mgを就寝前に摂取してください。

注意:メラトニンを飲むと非常に眠くなるので、就寝前にお飲みください。ごく稀にメラトニンが処方薬と相互作用をもたらすことがあります。特に精神安定剤を飲んでいる場合は医師に相談してください。自己免疫疾患の方は、メラトニンは免疫機能を過剰に刺激するので使用してはいけません。

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。