すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

ノベロン(マーベロンのジェネリック)


Novelon(ノベロン21錠)
マーベロンのジェネリック
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
3ヶ月分3,500円
6ヶ月分6,000円
12ヶ月分10,000円

ノベロン/トリキュラー/ダイアン/ヤスミン/

NOVELON(ノベロン)

ノベロン(マーベロン)に関する情報:
この情報欄に書かれていることは、ノベロン(マーベロン)を使用する前に注意して読むことが大切です。これには経口避妊薬の使用に関する利点と危険なことについて書かれています。また、どのようにノベロンを使用すればよいかやどのような場合に医師に相談すべきなのかが書かれています。さらに詳しい情報が知りたい場合は、医師や専門家に相談して下さい。

ノベロン(マーベロン)とは何か?
ピルの成分とタイプ:
ノベロン(マーベロン)は経口避妊薬です(ピルとなっています)。それぞれの錠剤には少量の2つの異なる女性ホルモンが含まれています。これらはデソゲストレル(黄体ホルモン)とエチニルエストラジオール(エストロゲン)です。少量のホルモンであるため、ノベロンは低量の経口避妊薬と考えられています。
すべての錠剤は同じ量の服用には、同じホルモンが含まれます。短相性経口避妊薬です。

なぜノベロン(マーベロン)を使用するか:
妊娠を防ぐためです。経口避妊薬というのは、妊娠を防ぐためにとても効果的に働くものです。きちんと服用すれば、妊娠の機会は非常に低く抑えられます。

ノベロン(マーベロン)を使用すべきではないときは:
もし、以下に述べるような状態のときには、ピルを使用しないで下さい。これらの状態の場合は、ノベロン(マーベロン)を使用する前に医師に相談することが必要です。医師は、避妊のための薬として、非ホルモン薬など別の避妊法をすすめることがあります。
・ 血液の流れに関して、不順などの問題を起こしたことがある場合。特に、血栓症に関わる場合。血栓症は血液凝固に関係しています。これは足の血管(深部静脈血栓症)、肺(肺塞栓症)、心臓(心臓発作)、脳(脳卒中)あるいは体の他の部分に起こります。
・ 心臓病の兆候があった人(狭心症、胸の痛みなど)、発作(一過性脳虚血発作)のあった人。
・ 真性糖尿病で血管にダメージのある人。
・ 黄疸や肝臓に重い病気のある人。
・ 胸や生殖器に癌のある人あるいはあった人。
・ 肝臓に良性あるいは悪性の腫瘍のある人、あるいはあった人。
・ 膣からの理由のわからない出血のある人。
・ 妊娠しているあるいはしている可能性のある人。
・ ノベロンの成分にアレルギーのある人。
もし、これらの症状のうち何かあてはまるものがある場合は、あるいはこれらの症状が最初のノベロンの使用の後に起こった場合は、すぐに使用を止めて医師に相談して下さい。この場合はしばらくは非ホルモン避妊薬を用いて下さい。

ノベロン(マーベロン)の使用前に知っておくこと:
この案内には、ピルを止めるべきあるいはピルの効果が小さくなる状況の例がいくつか書かれています。このような状況にあった場合、あなたは性行動を控えあるいは非ホルモン系の避妊薬を使用するようにして下さい(例えば、コンドームや他の防御法などです)。周期や体温による方法は用いないで下さい。ピルは月経周期に起こる体温や子宮頚管粘液の変化を修正しますが、周期や体温による方法では、信頼できません。
ノベロン(マーベロン)は他の避妊薬と同様、HIV(エイズ)の感染あるいは他の性病を予防するものではありません。ノベロン(マーベロン)は個人に処方されるものです。他の人のシェアすることはできません。

ノベロン(マーベロン)を使用し始める前に:
もし、以下に示したような状況であるならば、ピルを使用する前に十分に注意して、医師にその状況を説明する必要があります。
・ 喫煙
・ 糖尿病
・ 体重が過剰
・ 高血圧
・ 心臓弁疾患、心拍異常
・ 血管炎症(表在性静脈炎)
・ 静脈瘤
・ 血栓、心臓発作の経歴が家族にある場合
・ 片頭痛
・ てんかん
・ 高コレステロールや高中性脂肪の経歴が家族にある場合
・ 乳がんが家族にある場合
・ 肝臓や胆嚢に病気のある場合
・ クローン病、潰瘍性大腸炎(慢性腸炎)
・ 体の皮膚に影響する全身性エリテマトーデス
・ 溶血性尿毒症症候群(血液凝固不順)
・ 鎌状赤血球貧血症
・ 皮膚のしみ特に顔に多くある場合(この場合は直射日光や紫外線をなるべく避けるようにします)
もし、上記のような症状がはじめて現れたのであれば、あるいは以前の症状が悪くなったような場合は、医師に相談して下さい。

ピルと血栓症:
血栓症は血液凝固により血管がブロックされるものです。血栓症はときに足の血管(深部静脈血栓症)にまで影響します。もし、血栓が破れ、静脈から出て行くと肺動脈に届いてそこをブロックしてしまいます。これは肺塞栓症とよばれます。深部静脈血栓がまれに起こることもあります。これはピルを飲んでいなくても発達するものです。また、妊娠するようなときも起こります。ピルを使用していると使用していない人よりも危険は高くなりますが、妊娠中の危険は高くはなりません。
血液凝固は、まれに心臓血管(心臓発作を起こす)や脳(脳卒中を起こす)にも起こります。非常にまれですが、肝臓や腸、腎臓や目にも血液凝固が起こります。これもまれですが、血栓症が障害を長きにわたって残ったり、致死になることもあります。年齢が上にいくにつれて心臓発作の危険が上昇します。また、喫煙も悪影響を及ぼします。ピルを使用しているときは禁煙した方がよいでしょう。特に大体35歳以上となったらこれに気をつけましょう。ピルを使用している間、高血圧がすすんだ場合は、使用を止めた方がいいでしょう。深部静脈血栓の危険は手術や(ギプスなどによる)固定化の結果として一時的に上がることがあります。ピルを使用している女性は、その危険が上昇します。入院や手術が予定されている場合は、ピルの使用に関して前もって医師に伝えておくべきです。医師は手術の数週間前からピルの使用をやめるように言うかもしれません。また、再開可能な時期も医師が告げてくれるでしょう。もし、血栓の兆候が見られた場合は、すぐにピルの使用を止め、医師にそのことを告げて下さい。

ピルと癌:
ピルを使用している女性は、同年代のピルを使用していない女性と比較して、わずかに乳がんが多いという結果があります。ピルの使用を止めたあと10年間では、乳がん診断の数の差がわずかなものになっていきます。ピルによって起こる違いについてはよくわかっていないのが現実です。原因の一つとしては、ピルを飲んでいる人は乳がん検診を通常よりも多く行うので、発見されることが多いということが考えられます。まれに、良性の肝臓腫瘍やさらにまれに悪性の肝臓腫瘍が見られることもあります。これらの腫瘍は内部の出血により引き起こる可能性があります。胃にひどい痛みを感じたような場合は、すぐに医師に診てもらって下さい。頸部の癌はピルを長期間使用している場合に起こりやすくなるという報告があります。これはピルが原因なのではなく、性行動や他の要因が関係している可能性があります。

ピルと他の薬:
薬の中には、ピルの働きを阻害するものもあります。これには、てんかんの治療(プリミドン、フェニトイン、バービチュレート)や結核の薬(リファンピシン)、抗生物質(アンピシリン、テトラサイクリン、グリセオフルビン)、その他の感染症の薬などがあります。ピルを処方してくれた医師には、その時に使用している薬について告げるようにして下さい。また、他にも歯科医も含めて診てもらっている医師に、処方薬をもらっている医師、あるいは薬剤師にはノベロン(マーベロン)の使用について告げるようにして下さい。彼らは避妊に関して何らかの注意を告げるかもしれません。

ピルと授乳:
ノベロン(マーベロン)は通常、授乳中の使用はすすめられません。授乳中にピルを飲みたいという場合は、医師の指示に従うようにして下さい。

ピルと妊娠:
ノベロン(マーベロン)は妊娠している女性が使用してはいけません。また妊娠している可能性がある女性も使用できません。

ピルと車の運転能力:
影響は確認されていません。

なぜ医師と連絡をとらなくてはならないか:
定期的なチェック事項:
ピルを使用するにあたり、医師は定期的なチェック、例えば1年に1度の体の管理をすすめるでしょう。

次のような場合は、すぐに医師に診てもらって下さい:
・ 自分の健康状態に何らかの異常が見られた場合、特にこの案内に書かれているような症状が現れた場合
・ 胸にしこりを感じたとき
・ 他の薬を使用した場合
・ ギプスや手術の予定がある場合(少なくとも4週間前に告げておきましょう)
・ 膣からの異常出血
・ 第1週に錠剤を飲み忘れ、使用前の7日間に性交した場合
・ 2度、月経がなく、妊娠の疑いがある場合(医師に相談するまでは次のパックは始めないで下さい)

もし、血栓症の兆候が見られた場合は、すぐに錠剤の使用を止め医師に診てもらって下さい。
・ 通常とは違う咳
・ 左腕に届くような激しい胸の痛み
・ 息切れ
・ 通常とは異なる頭痛、片頭痛発作
・ 部分的あるいは完全な視覚障害や複視
・ 言語不明瞭や言語障害
・ 聴覚、嗅覚、味覚の変化
・ めまい、失神
・ 体の虚弱化、しびれ
・ 腹部の鋭い痛み
・ 足のひどい痛みあるいはむくみ
上記のような兆候については、この案内の他の部分も参考にして下さい。

ノベロン(マーベロン)をどのように使用するか:
錠剤をいつ飲み、どのようにとるか
ノベロン(マーベロン)のパックには21錠入っています。パックにはそれぞれの錠剤に1週間のどの曜日にとるべきなのかが書かれています。毎日、大体同じ時間に水などでとるようにして下さい。21錠を完全にとるまでは矢印に従って下さい。次の7日間は錠剤をとりません。これらの7日間の間に出血を伴い、周期が始まります。通常、最後のノベロン錠剤を飲んだ後、2−3日で始まります。次のパックには8日目に始めます。これはたとえ、周期が続いていても行います。これにより、新しいパックを1週間の同じ曜日に始めるということを意味します。また毎月あなたは大体同じ日に出血するということにもなります。

初めてのノベロン(マーベロン)のパックを始めるにあたって:
・ 過去にホルモン避妊薬を用いたことがないとき:ノベロン(マーベロン)を月経周期の最初の日に始めます。その週のその曜日のマークのものを使用します。たとえば、もし金曜日に月経周期が始まったのならば、錠剤に金曜とマークします。そして次の曜日へと順にマークします。月経周期の2日目〜5日目にも始めることはできます。しかし、その場合は、始めのサイクル(始めの7日間)は、他の避妊法も用いて対応する必要があります。
・ 他のピルから変えたとき:現在のピルのパックを使い終わった日の後からノベロン(マーベロン)の使用を開始できます。もし、現在のパックに不活性の錠剤が含まれている場合、最後の活性錠剤を飲んだ後の日にノベロン(マーベロン)を始めることができます。これについて不確かな場合は、医師や薬剤師に問い合わせて下さい。またこれよりも遅く使用することもできますが、現在のピルの錠剤なしのインターバルに続く日(あるいは現在のピルの最後の不活性錠剤の後の日)よりも遅れないようにして下さい。
・ 黄体ホルモン作用物質からの変更―ピルだけ(ミニピル):ミニピルはいつでも使用を止めることができます。そして、ノベロン(マーベロン)を次の日に使用開始することができます。しかし、この場合は、性交を持つときにはさらに付加的に他の避妊法を最初の7日間は併用することが必要です。
・ 注射やインプラントからの変更:次の注射あるいはインプラントを取り除く日が来たら、ノベロンの使用を開始します。しかし、この場合も性交を持つときには、他の避妊法も併用して用いるべきです。
・ 赤ん坊を持った後:もし、ちょうど出産したときには、医師がノベロン(マーベロン)を使用する前に最初の通常の月経が来るまで待つように言うでしょう。時にはもっと早い段階で使用できるときもあります。その場合は医師があなたに告げるでしょう。もし、授乳期にあり、ノベロン(マーベロン)を使用したい場合は、まず医師に相談することが必要です。
・ 流産あるいは中絶の後の使用:医師があなたに適切なアドバイスをしてくれるでしょう。

ノベロン(マーベロン)の錠剤をたくさん飲みすぎてしまった場合(過剰服用):一度に多くのノベロン(マーベロン)をとってしまった場合の深刻な悪影響については報告がありません。もし、一度に数錠を飲んでしまった場合は、吐き気や嘔吐、膣からの出血があるかもしれません。もし、子供が誤ってノベロンを飲んでしまった場合は、すぐに医師に診てもらって下さい。

ノベロン(マーベロン)の使用をやめたいとき:やめたいときにはいつでもやめることができます。もし、避妊を希望する場合は、医師に相談して他の避妊法を考えて下さい。もし、妊娠したいという理由でノベロンをやめるならば、自然の月経周期が来るまで待ちます。

錠剤を飲み忘れた場合の対処法:
・ 錠剤を飲む時間から12時間以内の遅れの場合は、ピルの信頼性はまだ続いています。思い出したら決められた時間でなくてもすぐに次の錠剤を飲んでください。
・ 錠剤を飲む時間から12時間以上の遅れた場合は、ピルの信頼性が減少しています。錠剤を飲むのを忘れれば忘れるほど、避妊の効果が薄れていきます。特に、パックの最初か最後の錠剤を飲み忘れた場合には、妊娠の可能性が高くなります。ですから、以下のきまりに従って下さい。
(パックの中の錠剤を1錠以上飲み忘れた場合):
 医師に相談して下さい。
(第1週に1錠飲み忘れた場合):
思い出したらすぐに飲み忘れた錠剤を飲んで下さい。たとえ、同時に2錠飲むようなことになってもこうして下さい。そして、いつもの時間に次の錠剤は普通どおり飲んで下さい。次の7日間は他の避妊法も用いるべきです。もし、錠剤を飲み忘れる前にその週に性交を持ってしまった場合は、妊娠をする可能性があります。この場合は、医師に相談して下さい。
(第2週に1錠飲み忘れた場合):
思い出したらすぐに飲み忘れた錠剤を飲んで下さい。たとえ、同時に2錠飲むようなことになってもこうして下さい。そして、いつもの時間に次の錠剤は普通どおり飲んで下さい。ピルの信頼性は維持されています。さらなる避妊法を用いる必要はありません。
(第3週に1錠飲み忘れた場合):
 次のオプションから選び、他の避妊法は必要としません。
1 思い出したらすぐに飲み忘れた錠剤を飲んで下さい。たとえ、同時に2錠飲むようなことになってもこうして下さい。そして、いつもの時間に次の錠剤は普通どおり飲んで下さい。現在のパックが終了次第、次のパックにすぐにすすみます。パック間の間にギャップをおかないで下さい。第2パックの終わりまでは出血は見られないでしょう。しかし、錠剤を飲んでいる日に点状の出血が見られるかもしれません。
あるいは
2 その時のパックからの錠剤使用を止めます。そして7日間あるいはそれ以下の(ここでは錠剤を飲み忘れた日も数えます)錠剤無しの期間に入ります。そして、その次のパックの使用へと続けます。この方法を行うときは、いつも行っているように、週の同じ曜日から始めるようにします。
もし、あるパックの中の錠剤を飲み忘れたような場合には、そして、初めての通常の錠剤無し期間にまだ月経が来ていないならば、あなたは妊娠している可能性があります。この場合は、次のパックの使用を開始するより前に、医師の診断を受けて下さい。

吐き戻した場合:
もし、ノベロン(マーベロン)を服用後に3−4時間以内に吐いてしまった場合は、活性成分がまだ十分に体に吸収されていない状態と考えられます。これは錠剤の飲み忘れのときと同じような状況といえます。ですから、飲み忘れのときと同様に対応して下さい。

月経周期を遅らせたい場合:
もし、最初のノベロン(マーベロン)のパックを終了し、すぐに次のパックにすすんでいるならば、あなたの月経周期は遅らせることができます。あなたが希望する限り、パックの使用は空になるまで続けることができます。月経を再開させたいような場合は、ノベロン(マーベロン)の使用を止めて下さい。第2パックを使用している間は、錠剤を飲んでいる日に出血が見られるかもしれません。通常の7日間の錠剤無しの期間を終えてから次のパックにすすんで下さい。

月経周期の始まる日を変更したい場合:
もし、指示通りに飲んでいるならば、4週間ごとに月経が訪れるでしょう。これを変更したいような場合は、次の錠剤無しの期間をただ短くして下さい。長くすることはしません。例えば、もし、通常あなたの周期が金曜日に始まるならば、そして今後は火曜日(3日間早く)にしたい場合は、次のパックに3日間早く入るようにして下さい。錠剤無しの期間がとても短い場合(3日間かそれ以下)、あなたはその期間に出血が見られないかもしれません。そして次のパックの使用の間に出血が見られるということになることがあります。

予期しない出血があった場合:
すべてのピルに関して、はじめの数ヶ月は、月経周期の間に不定期な膣からの出血が見られることがあります。衛生上の注意を忘れないことが必要です。しかし、錠剤の使用は通常通り行って下さい。不定期の膣からの出血は、ピルに対応したあなたの体をいったん止めます(通常、約3回の錠剤服用サイクルの後)。もし、それが続いたような場合は、そしてひどくなったような場合は、医師の診断をうけて下さい。

月経周期がない場合:
もし、錠剤を正しい時間にすべて飲んで、吐き戻しもしなかったような場合、あるいは他の薬も用いなかった場合は、あなたは妊娠している可能性があります。ノベロン(マーベロン)の使用は、通常通りすすめて下さい。月経周期が2回来なかったような場合は、妊娠している可能性がありますので、医師の診断をうけて下さい。それまでは、ノベロン(マーベロン)の新しいパックにすすまないようにして下さい。

ノベロン(マーベロン)の使用に関わる副作用について:
もし、ピルの使用が原因と思われる健康上の変化が現れたような場合は、すぐにその症状を医師に診断してもらって下さい。

重度の副作用:
ピルの使用によって、重大な反応を引き起こすことがあります。ピルと血栓、ピルと癌についての項目をしっかりと読み、さらに医師から詳しい情報を聞いて下さい。

他の考えられる副作用:
ピルのユーザーから次のような報告がなされています。ただし、ピルの使用との関係ははっきりとはしていないものです。これらの症状が最初の数ヶ月に見られた場合は、だんだんとその影響は小さくなっていくものと思われます。
・ 胸の痛みやしめつけ、分泌物
・ 頭痛
・ 性衝動の変化、うつな気分
・ コンタクトレンズの不快感
・ 吐き気、嘔吐、不快感
・ 膣からの分泌物の変化
・ 皮膚への何らかの反応
・ 体液保留
・ 体重の変化
・ 過敏反応

ピルについてのさらなる情報:
ピルはまた非避妊の健康管理について働きます。あなたの月経周期はより軽く、より短くなるかもしれません。その結果として、貧血の危険は低くなるでしょう。月経期の痛みは小さくなり、完全に消えることもあります。ピルには50μgのエチニルエストラジオールが含まれており、これが障害を起こす可能性は低いとされています。良性の胸の病気、卵巣のう胞、骨盤内感染症、子宮外妊娠、子宮内膜の癌、卵巣の癌などが考えられます。また、これは低量のピルで見られますが、はっきりとしたことはわかっていません。

ノベロン(マーベロン)の医薬品特性:
ノベロンは21錠のブリスターパックになっています。

保管のために:
パッケージに書かれている使用期限にご注意下さい。2−25度の乾燥した光のあたらない場所に保管して下さい。錠剤の色が変化していたり、見た感じ劣化しているようなものは使用しないで下さい。子供の手の届かない場所に保管して下さい。

成分:
1錠剤中に
デソゲストレルB.P. 0.15mg
エチニルエストラジオール I.P. 0.03mg
が含まれています。

さらなる詳しい情報を必要とする方は、医師に相談して下さい。

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。