すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

リンコマイシン・スペクチノマイシン注

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。


50mgリンコマイシン(HClとして)
100mgスペクチノマイシン(diHClとして)
メーカー:KEPRO
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
100ml
1本:6,000円

リンコマイシン スペクチノマイシン

成分としては以下のものを含みます(ml中)
50mgリンコマイシン(HClとして)、100mgスペクチノマイシン(diHClとして)

作用:
リンコマイシンは、小さなスペクトル静菌抗生物質(グラム陽性菌)に対して活性を示します。スペクチノマイシンはグラム陰性細菌、マイコプラズマと特定のグラム陽性菌に対して殺菌活性を示します。高濃度が非経口投与の後の組織、血と尿にあって、これらの2つの抗生物質の組合せは、幅広いスペクトルでの抗菌物質活性に結びつきます。組織、血液、これは非経口投与の後の尿における高濃度でのものです。

使用指示:
ブタ:赤痢、マイコプラズマ症(伝染性関節炎、肺炎)、大腸菌腸炎、丹毒。
子牛:腸炎、肺炎。
羊、ヤギ:皮膚炎コンタギオサ・ジギタリスオビス(腐蹄症)。
家禽:CRD、大腸菌気管炎、腸炎(サルモネラ属、トレポネマ、大腸菌)、関節炎、敗血症、臍炎。

使用法:
筋肉内注射、皮下注射(家禽)による
ブタ:10kgb.w.につき1ml。必要に応じて投薬量は3-7日間24時間おきに繰り返すことができます。
子牛:10kgb.w.につき1ml。初日は2回、続いて2-4日間は毎日1回。 
羊、ヤギ:10kgb.w.につき1mlを3日間。
猫、犬:5kgb.w.につき1ml。投薬量は最大限21日間、12または24時間おきに繰り返すことができます。
家禽:2.5kgb.w.につき0.5ml。3日間連続で使用します。

禁忌:
抗生物質に過敏な動物。ウサギには使用しないでください。家禽で抱卵しているものには使用しないでください。
撤回期間は肉では21日間です。
保管は涼しい場所(8-15℃)で直射日光の当たらないところに置いてください。

リンコマイシン 犬猫用使用

概要:
・リンコマイシン(リンコシン、リンコミックスというブランド名でも知られている)は犬と猫で使われる抗生物質です。タンパク質合成と成長を抑えることによってバクテリアを妨げます。リンコマイシンとその派生物は作用が類似したものです。 
・リンコマイシンはクリンダマイシン(アンチロベ)とエリスロマイシンと類似しています。
・リンコマイシンは、犬と猫においてバクテリアの狭い範囲に対して効果的です。皮膚、口腔、骨、気道に感染するバクテリアに対して効果を示します。大腸菌(腸由来)に対しては効果的ではありません。
・リンコマイシンは処方薬で、獣医からまたは獣医の処方によって得ることができます。

ブランド名・その他の名称:
この薬は人間用、動物用ともに登録されています。
人間用はリンコシン(アップジョン)、動物用はリンコシン(アップジョン)、リンコシンアクアドロップ、リンコミックスインジェクタブルです。

リンコマイシン犬猫用の使用:
・リンコマイシンは細菌感染、皮膚の感染、傷感染症、骨感染症、肺炎、歯の感染症、その他口腔の感染症などを治療するために犬と猫で使われます。酸素(嫌気性細菌)なしで成長するバクテリアに対してこれまで一般的に用いられてきました。
・寄生虫(回虫)、ダニ、ウイルスまたは真菌に起因する感染症に対して、リンコマイシンは効果的ではありません。

注意と副作用:
・通常、獣医による処方に従えば安全かつ有効なものですが、動物によっては副作用を引き起こすことがあります。
・リンコマイシンは薬に対する既知の過敏症またはアレルギーのある動物には使用してはいけません。
この薬は肝臓または腎臓病のある犬と猫に対しては注意して使用しなければなりません。
・リンコマイシンは、他の薬と相互作用する可能性があります。あなたのペットが受けている他の薬がリンコマイシンと相互作用することがあるかどうかを確認するために、あなたの獣医と相談してください。そのような薬としては、運動支配阻害効果のあるものでカオリン、エリスロマイシン、シクロスポリンなどを含みます。
・人でのリンコマイシンの最も重篤な副作用は、偽膜性大腸炎と呼ばれている腸の問題です。
 犬と猫に対してはこの状態は問題ではありませんでしたが、ヒトに対しては致命的なものとなります。
・リンコマイシンは、犬と猫では嘔吐、下痢、食欲減退を引き起こすことがあります。
・液体の薬は猫にとっては味の悪いものです。彼らはそうした薬を避ける可能性があります。

使用のための情報:
・はじめて使用する前には必ず獣医に相談してください。
・犬と猫において、リンコマイシンの常用量は、8〜12時間おきに体重1sにつき15〜33mg/kgです。この使用量と使用頻度は感染の度合いによります。
・使用期間は扱っているペットの状態にもよります。副作用や薬への反応を見て決められるものです。 
 獣医によって処方されたものは特にあなたの獣医によって指示されない限り、しっかりと使い切るようにしてください。たとえあなたのペットが前よりも良い状態になったと思っても、再発防止、抵抗性の発達を防止するためにはしっかりと使い切ることが重要です。


海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。