すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

イベルメクチン(アザバスカ錠・パナメクチン)

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。

イベルメクチン
イベコップ
イベルメクチン1錠中:3mg

メーカー:MRNARINI 
 

イベルメクチン
イベレア
イベルメクチン1錠中:6mg

メーカー:Ajanta

イベルメクチン
イベレア
イベルメクチン1錠中:12mg

メーカー:Ajanta
 価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
 
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
 3mg
20錠:2,500円
40錠:4,800円(1箱20錠当たり2,400円)
60錠:6,900円(1箱20錠当たり2,300円)
80錠:8,800円(1箱20錠当たり2,200円)
100錠:10,500円(1箱20錠当たり2,100円)

 6mg
20錠:4,000円
40錠:7,800円(1箱20錠当たり3,900円)
60錠:11,400円(1箱20錠当たり3,800円)
80錠:14,800円(1箱20錠当たり3,700円)
100錠:18,000円(1箱20錠当たり3,600円)

12mg
40錠:8,000円
80錠:15,600円(1箱20錠当たり7,800円)
120錠:23,100円(1箱20錠当たり7,700円)
160錠:30,400円(1箱20錠当たり7,600円)
200錠:37,500円(1箱20錠当たり7,500円
        
     イベルメクチン12mg
ベルメクトール
イベルメクチン1錠中:12mg48錠単位

メーカー:Sun Pharma
    価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
    12mg
48錠:9,000円
96錠:17,800円(1箱48錠当たり8,900円)
144錠:26,400円(1箱48錠当たり8,800円)
192錠:34,800円(1箱48錠当たり8,700円)
240錠:43,000円(1箱48錠当たり8,600円)
480錠:81,000円(1箱48錠当たり8,100円)
 

動物への使用に関して英文を翻訳しました。
英語原文:http://www.petplace.com/article/drug-library/library/prescription/ivermectin-ivomec--heartgard
イベルメクチン(アイボメック、ハートガード)
日本ではアザバスカ・パナメクチンなどがあります。

概要:
・寄生虫病は、一般に動物にみられます。寄生虫は、皮膚、耳、胃、腸、心臓、肺、肝臓に影響を及ぼします。寄生虫(例えばノミ、ダニ、回虫)の駆除や感染予防のためにいくつかの薬が開発されました。イベルメクチンとそれに関連した薬は、これらの中で最も効果的なものとなっています。
・イベルメクチンは、寄生虫をコントロールする薬です。寄生虫の神経にダメージを与え、麻痺させて駆除するものです。
・イベルメクチンは耳ダニや心糸状虫感染予防と同様に、寄生虫感染症の予防に使われてきました。
・イベルメクチンは処方薬で獣医から、あるいは獣医の処方によってのみ得られます。


ブランド名・その他の名称:
・アイボメック(メリアル)、ジメクトリン(ファーナム)、エクバラン(メリアル)、ハートガード(メリアル)、イベルハート(ビルバク)や様々なジェネリックがあります。

イベルメクチンの使用:
・イベルメクチンは、血流の範囲内で皮膚の寄生虫、胃腸の寄生虫、血液の中の寄生虫をコントロールするために用いられます。
・イベルメクチンは、犬、猫の心糸状虫症の発達を予防します。
・イベルメクチンは心糸状虫に感染した犬では、ミクロフィラリアの駆除のためにエクストララベルとして使用することもできます。  
・イベルメクチンは、条虫や肝吸虫に対しての効果はありません。

副作用に関して:
・獣医に処方されたとおりに使用すれば安全で効果的なものですが、中には副作用を起こす動物もいます。
・イベルメクチンに対して過敏症やアレルギーをもつ動物には使えません。
・イベルメクチンは、コリー種あるいはコリーの混じった種に対して使用する場合は注意しなくてはなりません。これは潜在的毒性作用が考えられるためです。特に、高い使用量の場合は注意です。
・イベルメクチンは獣医の管理下にある以外では、心糸状虫症が陽性である犬に対して使用してはいけません。
・イベルメクチンを含んだ心糸状虫予防を始める前に、犬に対しては心糸状虫がいるかどうかのテストを行わなくてはなりません。
・イベルメクチンは一般に、生後6週間未満の犬への使用は避けなければなりません。
・イベルメクチンは比較的安全なものですが、あまりに大量に使用した場合や心糸状虫に対して陽性の犬に与えた場合は注意が必要です。
・過剰使用で起こりうる反応としては、よろよろしたり、震えたり、目が見えにくくなったり、方向感覚がおかしくなったり、体が弱くなったりということが通常、過剰使用の12時間以内に見られることがあります。心糸状虫に対して陽性の犬では、ショックに対する処置が必要になる場合があります。
・ノミ感染の治療や予防に用いられるコンフォルティスと併用する場合は、特に多量にイベルメクチンを使用する場合は注意しなくてはなりません。

イベルメクチンにはどのようなものがあるか:
・イベルメクチンは錠剤とアイボメックのような注入液があります。
ハートガードプラス、イベルハートはパモ酸ピランテルとの混合で様々な濃度のイベルメクチンがあります。

その他の情報:
・薬は、最初に獣医の指示を聞かずに使用してはいけません。
・イベルメクチンの使用法は種によって様々であり、また治療の意図によって異なります。一般的な使用法としては以下のようになります。
・犬に対して:心糸状虫感染予防には、1ヶ月に1回、体重1kgあたり0.003〜0.006mgを使用します。皮膚への寄生虫に対しては、体重1kgあたり0.3mgを一度使用し、その後14日間これを繰り返します。胃腸への寄生虫に対しては体重1kgあたり0.2mgを一度使用します。
・猫に対して:心糸状虫感染予防には、1ヶ月に1回、体重1kgあたり0.024mgを使用します。
・薬の使用期間は、その状態やペットの薬物に対する反応、副作用の出方などによって変わります。しっかりとしたスケジュールに従っての使用が重要です。たとえ状態がよくなったと見えても再発予防のためにも、特に獣医によって指示されない限り処方された量を使い切るようにしてください。


アザバスカ錠も同じイベルメクチンです。
1錠3mgのイベルメクチンで犬250kg〜500kg分使用できることなります。
1錠3mgのイベルメクチンで25kgの犬でしたら10頭〜20頭に使用できます。

パナメクチンとの比較
パナメクチン錠S34: 1錠中イベルメクチン0.034mg
パナメクチン錠S68: 1錠中イベルメクチン0.068mg
パナメクチン錠S136: 1錠中イベルメクチン0.136mg
パナメクチン錠S272: 1錠中イベルメクチン0.272mg


イベルメクトールは1錠中イベルメクチン3mgなので約パナメクチン錠S272の10倍になります。


本来人間用ですが、海外の多くの獣医師が使用していますので、動物用としての使用方法を翻訳しました
英語原文:http://www.marvistavet.com/html/body_ivermectin.html

イベルメクチン(ストロメクトール)
フィラリア症予防、ミミダニ治療の外用溶液、その他の寄生虫に対する経口
疥癬治療

<使用法>
1980年代半ば、イベルメクチンは抗寄生虫薬としておそらく最も広域性に導入されていました。サナダムシを除く腸内の寄生虫、ダニ、シラミに効果があります。ノミやマダニ、ハエ、吸虫には効果がありません。幼虫のフィラリア(血液を循環するミクロフィラリア)に効果があります。しかし、成虫のフィラリア(心臓や肺動脈に存在する)には効果がありません。ただし、技術的にその寿命を短くすることはできます。

小動物にイベルメクチンを使用する場合、通常、以下の通りです。
フィラリア感染の毎月の予防・ミミダニの治療・フィラリア感染におけるフィラリア幼虫の浄化・疥癬、毛包虫症フィラリア症の治療や予防にイベルメクチンを使用するには、他の寄生虫病に使用するときよりもおよそ50倍以下にしなくてはなりません。FDAで認められていることです。他の小動物の抗寄生虫への使用には必要ありません。

<副作用> フィラリア症予防に使用するような低濃度での使用では、副作用の心配はありません。高濃度での使用の際は副作用が見られることもありますが、一般的にはイベルメクチンの抗疥癬のための服用ではそのような心配はありません。ただし、遺伝的に過敏な動物の反応は異なるかもしれません。コリーやシェトランドシープドッグ、オーストラリアンシェパード、オールドイングリッシュシープドッグなど、またこの他にも過敏な個体は副作用の見られる可能性があります。反応を確かめるために、種類に関わらずにまず低濃度で試してみることがすすめられています。あるいは血液テストでその遺伝的な反応が確かめられます。イベルメクチンに対してのコリーの感受性は、Pグリコプロテインと呼ばれる突然変異遺伝子があることが知られています。この糖タンパクは、このタンパクの過剰発現であるため、癌の治療における化学療法の機能が鈍るという研究結果が出ています。Pグリコプロテインは体の組織から出て薬を維持するということがわかっています。過剰なPグリコプロテインは、腫瘍に効く化学療法としての薬を維持します。イベルメクチンの感受性があると、その反応は逆になります。突然変異あるいは機能しないPグリコプロテインが中枢神経から薬の維持を妨げ、感受性のある組織に反応させてしまうのです。イベルメクチンの副作用は中枢神経系にイベルメクチンが入ることに由来します。およそ35%のコリーが、この機能しないPグリコプロテインを持っているのです。イベルメクチンは中枢神経系でブロックされるのが通常です。上記の動物でもまたこのような突然変異が見られる傾向にあります。現在はこれを事前にテストする方法がありますので、こういった感受性を持つ犬は見分けることができます。経口で使用するDNAテストです。このテストキットはワシントン州立大学の獣医学部に直接購入することができます。www.vetmed.wsu.edu/depts-vcpl
フィラリア症の予防は低濃度ですので、イベルメクチン感受性のある個体でも副作用の心配はありません。
副作用としてあげられるのは、瞳孔の拡大、呼吸麻痺に関連するふらつき、また深刻な場合は死に至ります。

<他の薬との相互作用> イベルメクチンは、バリウムや精神安定剤との同時使用はしないで下さい。(フィラリア症の予防に用いる最小限の使用は除きます)アミトラズ(ミタビン)やアミトラズのダニ予防(プレヴェンティク)といっしょには用いないで下さい。これらの薬はすべて、モノアミン酸化酵素阻害薬であり、一緒に用いると鎮静し、逆の神経性の効果が現れたりします。イベルメクチンはまた、スピノサッド(コンフォルティス)と一緒にも用いないで下さい。イベルメクチンの副作用として考えられることがあらわれる可能性があります。もう一度確認しますが、イベルメクチンをフィラリア予防のために少量用いることはこれらの注意には該当しません。高濃度で皮膚の寄生虫に対して用いたときのみこれらのことに気をつけてください。

<注意>イベルメクチンは妊娠期、授乳期にある個体への使用は問題ありません。イベルメクチンはその味が非常に苦くできているので、個体によっては拒絶することもあります。もう一度確認ですが、コリー、シェトランドシープドッグ、オーストラリアンシェパード、オールドイングリッシュシープドッグにはイベルメクチンは毒性を示す危険が高いことを考慮して下さい。ただし、これらの種類でも個体によってその反応は異なります。少量での使用によってまず反応を確かめることが必要です。フィラリア予防のために使用する場合は少量ですので、危険はありません。皮膚の寄生虫に使用するときにだけ注意して下さい。耳へのイベルメクチンの使用は猫や4週令以上の子猫に認められています。
大きな動物に対してこの製品を使用することは避けて下さい。思わぬ副作用を引き起こす可能性があります。また小さな動物への使用の際には、その服用量を考えることが非常に難しいのです。フィラリア予防のために適切な服用量を用いることは、副作用を避けるためにも必ず必要になってきます。

Medication should never be administered without first consulting your veterinarian. The dose for ivermectin varies from species to species and also depends on the intent of treatment. General dosing guidelines follow.
まず、使用前に獣医にこの薬を使用してよいかを相談して下さい。
使用量は動物の種類によって異なり、また治療目的によっても変わってきます。
一般的な使用法を以下に記します。

For dogs: Dose is 0.0015 to 0.003 mg per pound (0.003 to 0.006 mg/kg) once a month for heartworm prevention; 0.15 mg per pound (0.3 mg/kg) once, then repeat in 14 days for skin parasites; and 0.1 mg per pound (0.2 mg/kg) once for gastrointestinal parasites.
犬用: 体重1kgあたり0.003mg〜0.006 mg(1ポンドあたり0.0015 から 0.003 mg)を月に1回、フィラリア予防のために使用します。
また、疥癬など皮膚の寄生虫対策としては、体重1kgあたり0.3mg(1ポンドあたり0.15mg)を一度使用し、その後14日間同じことを繰り返します。
また、胃腸の寄生虫に対しては、体重1kgあたり0.2mg(1ポンドあたり0.1mg)を1回使用します。

For cats: Dose is 0.012 mg per pound (0.024 mg/kg) once monthly for heartworm prevention.
猫用:フィラリア予防のために、月に1回、体重1kgあたり0.024mg(1ポンドあたり0.012mg)を使用します。

The duration of administration depends on the condition being treated, response to the medication and the development of any adverse effects. Be certain to complete the prescription unless specifically directed by your veterinarian. Even if your pet feels better, the entire treatment plan should be completed to prevent relapse or prevent the development of resistance.
使用量は動物の状態を見て調節します。獣医師から処方された量を守って使用して下さい。動物の状態が一見よくなったとしても、再発防止のために、処方量を守って下さい。

疥癬の外用薬としてペルメトリンクリームがあります。

また、イベルメクチンの液体はアイボメックというのがあります。

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。


/アトピカ/ドロンタールプラス/ドロンタール幼犬/ドロンタール猫用/ハートガードプラス/ネクスガードスペクトラ/インターセプター/プロハート/アドバンティックス/アドボケート犬用/アドボケート猫用/フロントラインプラス/レボリューション/ストロングホールド/マバコキシブ/サーチフェクト/コンフォティスプラス/フロントラインスプレー/リマダイル/プレビコックス/メロキシカム/ピロキシカム/レボチロキシン/エピオティック/エピスムース/フラジール/オプティミューン/メベンダゾール/アルベンダゾール/スルファサラジン/イベルメクチン/アイボメック注/ゾビラックス/ゾビラックス眼軟膏/エリスロマイシン/クラリスロマイシン/セファレキシン/ST合剤/デキサメタゾン/プレドニゾロン/メチルプレドニゾロン/ケトコナゾール/エナラプリル(エナカルド錠)/酢酸フルドロコルチゾン/グリセオフルビン/アジスロマイシン/アモキシシリン/アモキシシリン注/アミトラズ/アンピシリン/イトラコナゾール/クリンダマイシン/フルコナゾール/フルオキセチン/ベナゼプリル/ベタネコール/カルシトリオール(ビタミンD)/クロミプラミン/オメプラゾール/ラニチジン/メトクロプラミド/テオフィリン/ドキシサイクリン/クラバセプチン/セフィキシム/セファドロキシル/ナプロキセン/ワーファリン/メトカルバモール/シプロフロキサシン/レボフロキサシン/スパルフロキサシン/クロラムフェニコール/クロルプロマジン/テラマイシン/テラマイシン眼軟膏/テトラサイクリン/ミノサイクリン/ジルチアゼム/アムロジピン/アテノロール/フロセミド/ウルソジオール/テルブタリン/シクロフォスファミド/シプロヘプタジン/セレギリン/ヒドロキシジン/ジゴキシン/ロペラミド/フェノキシベンザミン/メトトレキサート/トブラマイシン/ナタマイシン/ラタノプロスト/ピモベンダン/ミルクシスル/グリピジド/セレニア/イリウム/センチネル/スクラルファート/アロプリノール/ニゾラルシャンプー/マラセブシャンプー/コセクインDS/エンジェルアイズ/トロピカミド/ブリンゾラミド/カルバマゼピン/コルヒチン/コソプト/フルルビプロフェン/プロプラノロール/リファンピシン/トラマドール/イミプラミン/クロトリマゾール/セフポドキシム・プロキセチル/バイコックス/バイトリル錠/バイトリル注/バイトリル経口液/ザイマックスイヤープロテクター/トリアムシノロン/ファモチジン/CAN-C/カルベジロール/アセタゾラミド/アザチオプリン/ブスピロン塩酸塩/メラトニン/アダプティルDAP/マイクロラックス/スキンコート/カプトプリル/スピロノラクトン/ビジオティアーズ/ビジオエイド/タクロリムス/トレンタール/トラボプロスト/スキャット/コクシベット/メガバク/クロルヘキシジン/ドキシサイクリン鳥/マイコプラズマ/鳥トリコモナス/鳩ジアルジア/クロルテトラサイクリン/ミツバチ毒(マヌカ蜂蜜)/ゾニサミド/酢酸メゲストロール/エモギイガイ馬用/エモギイガイ犬用/エモギイガイ猫用/デナマリン/ゼントニル/チニダゾール/クレマスチン/テルビナフィン/メドロキシプロゲステロン/リスペリドン/オンダンセトロン/オセルタミビル/イミドカルブ/オキシトシン/フェンベンダゾール/パナクール液/鳥のオウム病/鳥用ドキシサイクリン液/鳩エネルギー/鳩トリコモナス/鳩コクシジウム/鳩駆虫薬/白点病/プロクロルペラジン/ヒドロキシウレア/メチマゾール/グリベンクラミド/ドキセピン/タイロシン/ケトプロフェン/マルボフロキサシン/カーダリス/トリロスタン/コンベニア/パーコーテンV/チアンフェニコール/ミルプラゾン犬用/ミルプラゾン猫用/ノロジン/キシラジン/エクゼマチン/エプリノメクチン/ネクトンS/ネクトンE/コクシジウム/メトロニダゾール/オキシテトラサイクリン/ネクトンR/エニルコナゾール/ネクトンドッグVM/ネクトンドッグH/クロサゾール/ミルプロ犬用/ミルプロ猫用/ベタハート/セラフォーテ/ブラベクト錠犬用/ブラベクトスポット犬用/ブラベクトスポット猫用/ブラベクトプラススポット猫用/カルプロフェン/イミダプリル塩酸塩/チルミコシン/リンコマイシン/チアムリン/デキサメタゾン注/アリジン/フロルフェニコール/フロルフェニコール注/レバミゾール/ドラメクチン注/ケプロメック/センスルファトリム/プロカイン・ジヒドロストレプトマイシン注/ペニシリン注/クリンダマイシン経口液/リンコマイシン・スペクチノマイシン/オキシテトラサイクリン注/メデトミジン/アリジン/クイックストップ/パラディア/ゴナトロピン/トリパノセン注/

/