すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

グリブリド(グリベンクラミド)

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。

グリブリド
セミダオニール
1錠中グリベンクラミド2.5mg
メーカー:サノフィー
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
2.5mg
100錠:2,500円
200錠:4,800円
300錠:6,900円
400錠:8,800円
500錠:10,500円
人間用ですが動物薬として使われていますので以下英文を翻訳しました

グリブリド(ダイアベータ、マイクロナーゼ)猫用

概要:
・グリブリドはダイアベータあるいはマイクロナーゼとしてよく知られているもので、猫のⅡ型糖尿病に使用されるものです。
・ほとんどの猫はインスリンの使用により糖尿病がよくなりますが、中にはグリブリドに効果を示すものもいます。
・猫の糖尿病のための経口投与剤の中でグリピザイドと呼ばれている薬は通常獣医がすすめるものです。
・真性糖尿病は、インスリン減少と高血糖によって特徴づけられるすい臓の障害です。
インスリンは食後に血糖を細胞に動かすために働きます。行います。それによって血糖を減少させるのです。犬の糖尿病は一般的にタイプI多様性です。これはインスリン欠乏であることを意味します。多くの猫においては人々の場合のように、真性糖尿病はタイプII多様性です。この型は細胞が利用できるインスリンの効果に抵抗を示します。
・グリブリドは真性糖尿病Ⅱ型をおさえるために用いられる経口薬です。複数の動物において血糖量を下げることが示されてきました。グリブリドは、強力な第二のスルホニル尿素血糖降下剤と言うことができます。
・グリブリドは、特に糖尿病Ⅱ型の猫に役に立ちます。インスリン依存性の糖尿病患者(糖尿病Ⅰ型)あるいはインスリン耐性動物では効果的でありません。
・グリブリドはベータ細胞の原形質膜と結合します。膜内外イオン交替をすい島で引き起こし、インスリンを含有する分泌顆粒のエキソサイトーシスが起こって血糖濃度を下げます。
・グリブリドはまた穏やかな利尿作用を引き起こすADHを強化します。
・グリブリドは、犬には効果は証明されていません。
・経口投与の後、食事の30分前に与えられるとより効果的である場合がありますが、グリブリドはよく吸収されるものです。
・タンパク質(主にアルブミン)によく結びつく血しょう中に運ばれ、肝臓で代謝され尿や便に排出される弱い活性代謝物質になります。グリブリドには、2~4時間の作用の発現、人ではおよそ10時間の血しょう中での半減期とおよそ16~24時間の活性期間があります。
・グリブリドは処方薬であり獣医から、または獣医の処方によってのみ得ることができます。
・この薬は食品医薬品局によって動物で使用するためには承認されていません。しかし、エキストララベル薬として獣医によって合法的に処方されます。

ブランド名・その他の名称:
この薬は、人間で使用するためにだけ登録されています。
人間用にはダイアベータ(ヘキスト・マリオン・ロウセル)、マイクロナーゼ(ファルマシア&アップジョン)、グリナーゼ・プレスタブ(ファルマシア&アップジョン)、その他のジェネリックがあります。
動物用はありません。

使用法:
猫の真性糖尿病Ⅱ型に用います。
服用量は確立されていませんが、人間を例にすると1日量グリベンクラミドとして1.25mg~2.5mgを経口投与し、必要に応じ適宜増量して維持量を決定する。ただし、1日最高投与量は10mgとする投与方法は、原則として1回投与の場合は朝食前又は後、2回投与の場合は朝夕それぞれ食前又は後に経口投与する。

注意・副作用:
・通常、安全かつ有効な間、獣医によって処方された通りに使用していれば安全で効果的なものですが、中には副作用を引き起こす動物もいます。
・この薬に対する既知の過敏症またはアレルギーのある動物では使用してはいけません。
グリブリドは低血糖の猫への使用は避けなければなりません。さらに血糖を下げてしまいます。
・グリブリドはひどい火傷、感染症、糖尿病患者関連の昏睡またはケトン症のある猫では使用してはいけません。
・グリブリドは既知の肝硬変、炎症性腸疾患、腸閉塞、結腸潰瘍化、慢性的に腸に問題のある患者では使用してはいけません。
・この薬は副腎、下垂体性機能不全、甲状腺機能低下、腎臓や肝臓障害または他の衰弱性疾患のある動物には注意して使用しなくてはなりません。
・副作用は、嘔吐、ALTの増加または黄疸を含むことがあります。CNS副作用、皮膚科的副作用、胃腸障害、様々な血液学的な変化がグリブリドにより治療された人で報告されています。
・グリブリドでの治療の間、血糖濃度は注意してモニターされなければなりません、そして、CBCと肝臓機能の定期的なモニタリングも重要です。

薬の相互作用:
・グリブリドは、他の薬と相互作用をすることがあります。あなたのペットが受けている他の薬がグリブリドと相互作用することがあるかどうか決定するために、あなたの獣医と相談してください。薬の効果が以下に記すように、強化されることもありますし妨げられることもあります。
・スルホン尿素の低血糖効果は肝臓代謝の減少や腎臓排出を含むいろいろなメカニズムの強化に至ることがあります。そして、タンパク質の結合部位からの置換、血糖量の減少、炭水化物代謝に影響を与えます。これらの影響の一つ以上を引き起こす可能性のある薬は、アンドロゲン、抗凝固剤、アゾール抗真菌薬、クロラムフェニコール、クロフィブレート、フェンフルラミン、ゲムフィブロジル、H2ブロッカー、マグネシウム塩類、メチルドパ、MAO阻害薬(L-デプレニルなど)、プロベネシド、サリチル酸塩、スルフィンピラゾン、スルホンアミド、トリサイクリック抗鬱薬(アミトリプチリン、クロミプラミンなど)、尿酸化剤などが含まれます。
・スルホン尿素の低血糖効果は、肝臓のクリアランスを増やす薬、インスリンの放出を減少させる薬、尿の排出を増やす薬などによって阻害されることがあります。
・これらの影響の一つまたは他のものを引き起こす可能性がある薬は、ベータ受容体阻害薬、カルシウムチャネル阻害薬、コレスチラミン、副腎皮質ステロイド、ジアゾキシド、エストロゲン、ハイダントイン、イソニアジド、ニコチン様酸、フェノチアジン、リファンピン、交感神経興奮剤、サイアザイド利尿剤、甲状腺媒介と尿アルカリ化剤が含まれます。
・さらに、炭素はグリブリドの吸収を阻害することがあります。シプロフロキサシンはグリブリドの低血糖作用を強める可能性があります。抗凝固剤との相互作用も考えられます。そして、それは血清ジギタリス濃度の増加をまねくこともあります。

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。

/アトピカ/ドロンタールプラス/ドロンタール幼犬/ドロンタール猫用/ハートガードプラス/ネクスガード/インターセプター/プロハート/アドバンティックス/アドボケート犬用/アドボケート猫用/フロントラインプラス/レボリューション/サーチフェクト/コンフォティス/フロントラインスプレー/リマダイル/プレビコックス/メロキシカム/ピロキシカム/レボチロキシン/エピオティック/エピスムース/フラジール/オプティミューン/メベンダゾール/アルベンダゾール/スルファサラジン/イベルメクチン/アイボメック注/ゾビラックス/エリスロマイシン/クラリスロマイシン/セファレキシン/ST合剤/デキサメタゾン/プレドニゾロン/メチルプレドニゾロン/ケトコナゾール/エナラプリル(エナカルド錠)/酢酸フルドロコルチゾン/グリセオフルビン/アジスロマイシン/アモキシシリン/アモキシシリン注/アミトラズ/アンピシリン/イトラコナゾール/クリンダマイシン/フルコナゾール/フルオキセチン/ベナゼプリル/ベタネコール/カルシトリオール(ビタミンD)/クロミプラミン/オメプラゾール/ラニチジン/メトクロプラミド/テオフィリン/ドキシサイクリン/クラバセプチン/セフィキシム/セファドロキシル/ナプロキセン/ワーファリン/メトカルバモール/シプロフロキサシン/レボフロキサシン/スパルフロキサシン/クロラムフェニコール/クロルプロマジン/テラマイシン/テラマイシン眼軟膏/テトラサイクリン/ミノサイクリン/ジルチアゼム/アムロジピン/アテノロール/フロセミド/ウルソジオール/テルブタリン/シクロフォスファミド/シプロヘプタジン/セレギリン/ヒドロキシジン/ジゴキシン/ロペラミド/フェノキシベンザミン/メトトレキサート/トブラマイシン/ナタマイシン/ラタノプロスト/ピモベンダン/ミルクシスル/グリピジド/セレニア/イリウム/センチネル/スクラルファート/アロプリノール/ニゾラルシャンプー/マラセブシャンプー/コセクインDS/エンジェルアイズ/トロピカミド/ブリンゾラミド/パノラミス/カルバマゼピン/コルヒチン/コソプト/フルルビプロフェン/プロプラノロール/リファンピシン/トラマドール/イミプラミン/クロトリマゾール/セフポドキシム・プロキセチル/バイコックス/バイトリル錠/バイトリル注/バイトリル経口液/ザイマックスイヤープロテクター/トリアムシノロン/ファモチジン/CAN-C/カルベジロール/アセタゾラミド/アザチオプリン/ブスピロン塩酸塩/メラトニン/アダプティルDAP/マイクロラックス/スキンコート/カプトプリル/スピロノラクトン/ビジオティアーズ/ビジオエイド/タクロリムス/トレンタール/トラボプロスト/スキャット/コクシベット/メガバク/クロルヘキシジン/ドキシサイクリン鳥/マイコプラズマ/鳥トリコモナス/鳩ジアルジア/クロルテトラサイクリン/ミツバチ毒(マヌカ蜂蜜)/ゾニサミド/酢酸メゲストロール/エモギイガイ馬用/エモギイガイ犬用/エモギイガイ猫用/デナマリン/ゼントニル/チニダゾール/クレマスチン/テルビナフィン/メドロキシプロゲステロン/リスペリドン/オンダンセトロン/オセルタミビル/イミドカルブ/オキシトシン/フェンベンダゾール/パナクール液/パナクールペースト/鳥のオウム病/鳥用ドキシサイクリン液/鳩エネルギー/鳩トリコモナス/鳩コクシジウム/鳩駆虫薬/白点病/プロクロルペラジン/