すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

フォルカン(ジフルカンのジェネリック)成分フルコナゾール

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。

フォルカン
フォルカン(ジフルカンのジェネリック)
成分:フルコナゾール
メーカー:Cipla










フルコナゾール
ゾコン100mg40錠(ジフルカンのジェネリック)
成分:フルコナゾール
メーカー:FDC Limited
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
50mg
40錠:3,000円
80錠:5,800円(1箱40錠当たり2,900円)
120錠:8,400円(1箱40錠当たり2,800円)
160錠:10,800円(1箱40錠当たり2,700円)
200錠:13,000円(1箱40錠当たり2,600円)
400錠:21,000円(1箱40錠当たり2,100円)
150mg
30錠:5,000円
60錠:9,800円(1箱40錠当たり4,900円)
90錠:14,400円(1箱40錠当たり4,800円)
120錠:18,800円(1箱40錠当たり4,700円)
150錠:30,000円(1箱40錠当たり4,600円)
300錠:41,000円(1箱40錠当たり4,100円)
 
200mg
40錠:7,000円
80錠:13,800円(1箱40錠当たり6,900円)
120錠:20,400円(1箱40錠当たり6,800円)
160錠:26,800円(1箱40錠当たり6,700円)
200錠:33,000円(1箱40錠当たり6,600円)
400錠:61,000円(1箱40錠当たり6,100円)
100mg
40錠:5,000円
80錠:9,800円(1箱40錠当たり4,900円)
120錠:14,400円(1箱40錠当たり4,800円)
160錠:18,800円(1箱40錠当たり4,700円)
200錠:23,000円(1箱40錠当たり4,600円)
400錠:41,000円(1箱40錠当たり4,100円)

しばしば世界中の多くの女性を悩ませます。ほとんどの国ではフルコナゾール使い治療します。食生活も重要です。アシドフィルス菌などのサプリメントを同時に服用しながら、カンジダ菌を増殖させてしまう酵母を使った食品も控えることが重要です。

シプラ社の製品説明
<指示> フォルカンは以下の症状の治療のために用いられます。
1 生殖器のカンジダ症
  膣のカンジダ症(カンジダによる膣の酵母感染)
  カンジダ亀頭炎
2 粘膜のカンジダ症
  口咽頭、食道のカンジダ症
  気管支分裂症
  カンジダ尿症
  慢性口腔萎縮性カンジダ症
3 足部白癬、体部白癬、股部白癬、表在性皮膚真菌症、皮膚のカンジダ感染
  フォルカンはツメの感染や頭部の白癬には適していません。
4 全身性のカンジダ症
  真菌症
  散在するカンジダ症
  腹膜炎
  心内膜、肺、泌尿器のカンジダ感染
  悪性腫瘍のある人のカンジダ感染、細胞障害や免疫抑制剤を用いた治療をしている人へのケア
5 クリプトコックス症
  クリプトコックス髄膜炎や肺や皮膚など他の部分への感染
  エイズのホストや患者、臓器移植やその他の免疫抑制のある人にも使用可能の場合があります。
フォルカンは、エイズ患者に起こるクリプトコッカス病の再発を防ぐために使用することができます。
6 予防法
  フォルカンは細胞障害療法や放射線治療を受けた骨髄移植の患者のカンジダ症の症状を緩和します。

<服用量>
成人:1回の使用:膣のカンジダ症、亀頭炎については、フォルカン150mgを1回の経口投与で用います。
複数回の使用:口からの吸収は大変にはやくよいものであり、フォルカン(フルコナゾール)の服用は経口でも静脈注射でも同様な服用量となっています。1日2回の服用においては、1日目の血漿濃度の結果が定常状態で2日目も同様であるということが重要です。膣のカンジダ症以外の感染の治療に対してフォルカンを使用する際には、治療に対する体の反応に注意しなくてはなりません。感染が鎮静化したことを見ながら治療を続けることが重要です。治療期間が不十分であると感染が再発することがあります。エイズ患者やクリプトコッカス髄膜炎、再発性口咽頭カンジダ症の患者は通常、再発を防ぐための治療の維持が必要となってきます。

中咽頭カンジダ症:初日に200mg服用し、その後1日1回100mgをとります。通常、数日間で改善されますが、少なくとも2週間は再発の可能性を考えて治療を続けます。

食道カンジダ症:初日に200mg服用し、その後1日1回100mgをとります。経過を見て、専門家のアドバイスのもとに1日400mgまで服用量を増やすことができます。最短でも3週間の使用が必要であり、経過を見て少なくとも2週間の使用は必要となります。

気管支分離症感染、カンジダ尿症、粘膜皮膚カンジダ症:1日1回の使用で50mgが通常の服用量です。これを14-30日間続けます。

足白癬、体部白癬、股部白癬、変色、皮膚のカンジダ感染:1日1回の使用で50mgが通常の服用量です。これを2-4週間続けます。ただし、足白癬の場合は6週間までの治療が必要となります。6週間を越えての使用はすべきではありません。

全身のカンジダ症:カンジダ血症、播種性カンジダ症、肺炎を含む全身のカンジダ症に関しては、最適な服用量、使用期間に関する情報は得られていません。少数の患者を対象とした研究結果では、1日400mgまでの服用が確認されています。

泌尿器の感染、腹膜炎:1日50-200mgの服用が、少数の患者を対象とした研究で確認されています。

クリプトコッカス髄膜炎:初日に400mg、その後1日1回200mgの服用が通常です。1日1回400mgの服用については医師の判断が必要です。通常、脳脊髄液が培養陰性になった後、10-12週間の治療が必要です。フォルカンの推奨服用量ですが、エイズ患者のクリプトコッカス髄膜炎の再発の抑制に対しては、1日1回200mgです。

骨髄移植を行った患者の予防:1日1回400mgの使用が推奨されています。
重度の顆粒球減少症(好中球500/cu mm以下)の方は、好中球の減少が始まる前の数日、予防としてフォルカンを用いて下さい。そして、好中球が1000細胞/cu mm以上に増えた後は7日間使用を続けて下さい。

免疫低下の状態にある患者の真菌感染の予防:好中球減少の危険、細胞障害の化学療法、放射線療法を考え、1日1回50-400mgの服用をします。その量は真菌感染の進行と患者の状態によります。

<子供の服用量> 小児の服用量と大人の服用量を同等化したものが以下の通りです。
小児 3mg/kg、成人 100mg
小児 6mg/kg、成人 200mg
小児 12mg/kg、成人 400mg
年齢の高い子供は、成人と同様の量の場合があります。1日600mgを越えては服用しないで下さい。
新生児の使用は、薬物動態的な研究においては制限すべきだという結果が出ています。
成熟前の新生児(26-29週)においては、最初の2週間は年齢の高い子供と同等の量を服用でき、しかし、72時間ごとに与えるということをします。最初の2週間が過ぎた後、1日1回の服用にします。成熟前の新生児以外に関するデータは得られていません。

中咽頭カンジダ症:子供に対しては、初日に6mg/kgで続いて1日1回、3mg/kgを与えます。再発の可能性を考え、少なくとも2週間は服用を続けて下さい。

食道カンジダ症:子供の場合は、初日は6mg/kgで、その後1日1回3mg/kgの量を与えます。患者の状態によって、医師の判断により1日に12mg/kgまでの量を与えることができます。最小でも3週間の治療、そして経過を見て少なくとも2週間の時間をかけてください。

全身のカンジダ感染:カンジダ血症、散在性カンジダ感染には6-12mg/kgの量をとりますが、少数の子供を対象とした研究結果のみしか得られていません。

クリプトコッカス髄膜炎:初日に12mg/kg、続いて1日1回6mg/kgの量を使用します。この12mg/kgという量は、医学的判断にもとづいています。脳脊髄液が培養がネガティブになった後、10-12週の服用というのが推奨された期間です。エイズ症状のある子供には、再発防止のために、1日1回、6mg/kgの使用がすすめられています。

<腎機能障害のある方の服用> フルコナゾールは、腎臓の排出によって主に浄化されます。腎機能の損傷のために膣のカンジダ症の治療に対しての1回の服用は量の調節は必要ありません。フォルカンを複数回使用する場合は、始めの量は50-400mgで、その後の服用量は以下の通りです。

クレアチニンのクリアランス値50(mL/min)以上の場合は100%の服用量
クレアチニンのクリアランス値50(mL/min)以下(透析のない場合)の場合は50%の服用量
透析を行っている場合は、透析後に100%の服用量

複数回の服用に関しては、薬物動態的な適用が必要です。必要に応じて適切な服用を考えなくてはなりません。

<投与> フォルカンは経口でも注入でも使用できます。注入は14日間は安全に使用できます。1時間に200mgが最大の注入量です。非経口薬はその粒子の状態や変色の有無などをチェックしてから使用するようにして下さい。傷があったり、内容が変化していたような場合は、使用しないで下さい。
(注意)プラスティックコンテナに変化が起こっている場合は、使用しないで下さい。塞栓症などを起こすことがありますので、必ず使用は控えて下さい。

<開封法> スリットを開け、溶液のコンテナを取り除きます。滅菌の過程で湿気を吸収したためにプラスティックが乳白度をおびているかもしれません。これは正常であり、品質や安全性に問題はありません。その乳白色はだんだんと消えていきますので大丈夫です。開封後は漏れなどがないかをチェックして下さい。漏れが確認された場合は、無菌状態が損なわれている可能性がありますので、処分して下さい。補充処方薬などは加えないで下さい。

<使用の準備>
コンテナーの底にあるプラスティックのプロテクターをはずして下さい。
その後、使用セットを取り付け、指示に従って使用して下さい。

<禁忌> フォルカンはフルコナゾールへの過敏症には禁忌となります。フルコナゾールと他のアゾール抗真菌性のものとのクロスした過敏症に関しては研究されていません。過敏症の方で、他のアゾールが処方されている方のフォルカンの使用は注意が必要です。
フォルカンを多数回400mgかそれ以上使用している方がテルフェナジンとの両方を使用することは禁忌となります。シサプリドとの両用も禁忌です。

<注意>
(一般)フルコナゾールは不整脈の症状のある方が使用する際には十分に注意しなくてはなりません。フォルカンの使用に際して、発疹などがひどくなったような場合は、使用を中止して下さい。
(1回の服用)膣の酵母感染の治療のためのフルコナゾールの経口タブレットの1回使用の効果は、アメリカでの研究によれば、フルコナゾール(26%)に対して膣内の物質(16%)で起こる副作用に関連して考えなくてはならないということです。

<薬の相互作用>
血糖降下剤:低血糖は経口の血糖降下剤とフォルカンを使用した場合、誘発される可能性があります。
クマリンタイプ抗凝固剤:プロトロンビンはクマリンタイプ抗凝固剤とフォルカンを同時使用した場合、増加する可能性があります。
フェニトイン:フォルカンはフェニトインの血漿濃度を増加させます。
シクロスポリン:フォルカンは腎臓に損傷のある、あるいはない方で腎移植を受けた方のシクロスポリンレベルを有意に増加させる可能性があります。
リファンピン:リファンピンはフォルカンと同時に用いると代謝を高めます。
テオフィリン:フォルカンはテオフィリンの血清中濃度を増加させます。
テルフェナジン:アゾール抗真菌薬とテルフェナジンとを同時に使用している患者には補正QT時間、不整脈が起こるため。相互作用の研究がなされています。
シサプリド:フルコナゾールとシサプリドを同時に使用した場合、多形性心室頻拍を含む心臓性の問題が起こることが報告されています。
アステミゾール:アステミゾールとフルコナゾールとの同時使用、チトクロームP450系による代謝のある他の薬とフルコナゾールとの同時使用は、血清レベルを上昇させることにつながる可能性があります。
リファブチン:フルコナゾールとリファブチンとを同時使用した場合は、ブドウ膜炎の報告があります。
タクロリムス:フルコナゾールとタクロリムスの同時使用をしている患者は、腎毒性を起こすという報告があります。
短時間作用性のベンゾジアゼピン系化合物:ミダゾラムの内服はミダゾラム濃度や精神運動性の効果をかなり増加させる結果となります。
経口避妊薬:フルコナゾール治療によるエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルAUC値の減少は、ランダムになるということが示されています。フルコナゾールはエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルの代謝を阻害する一方で、フルコナゾールがそれらの代謝の純誘導物質であるという証拠はありません。

これらの効果の臨床での有意性はわかっていません。これらのリストされた以外の薬との相互作用の研究はまだ行われていませんが、こういった相互作用が起こりうることに注意して下さい。

<腎臓機能障害> フルコナゾールの薬物動態は腎機能の低下によってかなり影響を受けます。クレアチニンのクリアランス値と排出半減期には逆性の関係があります。フォルカンの服用は、腎機能障害のある患者では、減少させる必要があると考えられます。

<肝障害> フルコナゾールは肝臓の毒性と関連があることがあります。これには状態が重い患者の致死率も関係してきます。フルコナゾールの肝毒性はいつもではありませんが、治療の中止と可逆的です。フォルカンでの治療中、肝機能の異常が見られた患者は、さらに肝障害が大きくなるかどうかをモニターして下さい。もし徴候がフォルカンによって引き起こされる肝臓病とわかった場合は、フォルカンの使用を中止して下さい。

<妊娠>
カテゴリーC:フォルカンは胎児へのリスクよりもその効果を期待したいときにだけ使用して下さい。
授乳期:フルコナゾールは血漿と同様の濃度で人の母乳に分泌されます。ですから、フォルカンの使用はすすめられません。

小児の使用:6ヶ月から13歳の子供の中咽頭カンジダ症の治療に、フルコナゾールは効果を示した研究があります。
フルコナゾールのクリプトコッカス髄膜炎のある子供、カンジダ食道炎、全身のカンジダ感染のある子供への使用は、大人のこれらの症状への効果、あるいは少数の臨床結果によって支持されている状態です。さらに、子供と大人の間での服用量のつりあいが、薬物動態的に研究されています。
全身に重度の真菌感染のある子供の研究において、そのほとんどがカンジダ血症でしたが、フルコナゾールの効果は大人のカンジダ血症の治療に見られる効果と同様のものでした。
クリプトコッカス髄膜炎の抑制に対するフルコナゾールの効果は、研究対象となった子供5人中4人に効果が見られました。ただし、これらの子供は重度の状態や真菌症であり、クリプトコッカス髄膜炎の主要な治療法としてはまだ情報がありません。
フルコナゾールの効果は6ヶ月以下の幼児に対してはまだ確立されていません。ただ少数の子供を対象とした結果では、生後1日から6ヶ月の子供にフルコナゾールが安全に使用されたという報告があります。

<老齢期の方の使用> 65歳以上の方を対象とした結果では、十分な数の結果は得られていませんが、それぞれの症状によって、フルコナゾールの効果が若者とは異なるということがわかっています。フルコナゾールは主に、腎排泄によって浄化されます。老齢期の方は腎機能の衰えから、クレアチニンのクリアランス値にもとづいて服用量を調節する必要があります。

<望ましくない効果>
フルコナゾールは通常、寛容性があります。副作用として見られるのは、吐き気、腹痛、頭痛、肌のあれ、下痢です。一過性の可逆的な肝臓の酵素(ALT, AST, アルカリホスファターゼ、血清ビルビリンなど)の増加が見られることもあります。まれに、肝毒性を起こす場合もあります。HIVに感染している人ではしていない人に比べて副作用が見られやすいという報告があります。しかし、パターンとしては同様です。まれに、アナフィラキシーや血管浮腫が起こることもあります。

<子供に見られる副作用> 子供に見られる副作用で最も多いのが、吐き気、腹痛、下痢などです。実験研究で見られたのは、。トランスアミナーゼあるいはアルカリホスファターゼの上昇です。
<過量投与> 過量投与の場合、胃の洗浄など何らかの対応が必要となってきます。フルコナゾールはほとんどが尿に排出されます。3時間の血液透析で血漿レベルは50%にまでなります。
<不適合性> 特に確認されていません。


カンジダ症の説明
あカンジダ症
カンジダ症は通常、酵母感染あるいは口腔カンジダ症とよばれるもので、カンジダ種の真菌感染(真菌症)です。カンジダ・アルビカンズというものが最も多く見られる種です。カンジダは、口腔カンジダ症や膣炎などの表層のものから、全身にいたるもの潜在的には生命に危険を及ぼす病気にまでなりうるものです。後者のカテゴリーのカンジダ感染は、カンジダ血症としても言及されます。これは通常、癌患者、移植患者、エイズ患者などの免疫低下・不全の人に限定されます。
皮膚や粘膜の表層のカンジダによる感染は、炎症や不快を及ぼすというのは多くの人に見られるものです。カンジダの日和見病原性菌の存在に起因するものは、様々な症状が現れます。

<症状> ほとんどのカンジダ感染は赤み、かゆみ、不快などの最小限の合併症が見られるもので、中には重い症状を伴う人もいます。免疫適格性の人々には、カンジダ症は通常、皮膚や粘膜に感染を起こします。これには口腔、咽頭、食道、消化管、膀胱、生殖器が含まれます。
カンジダ症は、膣のかゆみや炎症が通常見られる症状です。また、男性の性器にも同様の症状が見られます。免疫の低下している人には、カンジダ感染は食道に影響を及ぼすことがあり、時には全身に影響が出ることもあります。これは、カンジダ血症とよばれる真菌血症です。3歳から9歳の子どもが多いのですが、慢性の口腔酵母感染が見られることがあり、口の周りにパッチ状に白くあらわれます。しかし、これはよくあることではありません。

<原因> カンジダ酵母は、通常、多くの人々に存在していますが、これが制御できないような増殖をし、病気となる場合があります。バクテリアなどの微生物や人間の免疫システムによってこれがチェックされています。ニュージーランドの女性1009人を対象とした研究で、カンジダ・アルビカンズが健康女性の19%の膣に存在していることがわかりました。これらの人々にはほとんど病気の徴候はあらわれていませんでした。しかし、刺激物の外部からの使用や、ホルモン・生理的な内部への撹乱によって、正常な細菌相が撹乱され、乳酸菌などの乳酸バクテリアが構成され、酵母の過剰な成長が起こり、問題を起こすのです。膣でのSEXやアナルSEXにおける清潔でない状態、グリセリンを含む潤滑油の使用は、議論の余地が残されていますが、妊娠や経口避妊薬の使用は危険因子となりうると報告されています。
真性糖尿病や抗生物質の使用もまた、酵母感染の増加につながります。また、食事の内容も一因となります。ホルモン補充療法や不妊治療もまた原因となりうるものです。免疫の低下や糖尿病などの代謝の病気もカンジダ症の要因となります。エイズや単核球症、癌の治療、ステロイド、ストレス、栄養欠乏などもカンジダ症と関係してきます。免疫機能の低下している人の15%はカンジダ症により全身の病気となることがあります。極端な場合は、皮膚や粘膜への表層的な感染は血流に入り、カンジダ症感染への原因となります。抗生物質やステロイドの使用は、酵母の過成長の原因となります。カンジダを安全なレベルに維持するバクテリアがなくなると、菌の過剰な増殖が起こります。ペニスにカンジダ症が起こった場合、感染者との性的接触、免疫低下、抗生物質、糖尿病が原因と考えられます。男性の生殖器の酵母感染はあまり起こりません。しかし、感染者との性交渉を介してのペニスの酵母感染はめずらしいものではありません。

<症状> かゆみや痛み、膣や外陰部の不快、白あるいは白灰色の分泌物が見られたり、凝乳のようなものが見られたりします。多くの女性は細菌性膣炎の症状と酵母感染の症状を誤ります。2002年に学術雑誌であるJournal of Obstetrics and Gynecologyによると、酵母感染の治療を行った女性のうち33%だけが実際に酵母感染をしていたということです。他の女性は細菌性膣炎やその他の感染症であったということです。男性では、ペニスの先端や包皮に赤い腫れた痛みがあったり、かゆみややけたような感覚があります。ペニスへのカンジダ症はまた、白い分泌物が出ることもあります。しかし、何の症状もないという場合も多く、通常、ひどい症状は後々になってあらわれることが多いでしょう。

<診断法> 専門家は酵母感染の診断に際して主に、検鏡と培養の2つの方法を用います。光学顕微鏡による分析のために、感染エリアを拭き取ったものをスライド上において調べます。10%水酸化カリウム水溶液を一滴たらし、標本に加えます。水酸化カリウム水溶液は皮膚の細胞に溶けますがカンジダ細胞には変化は与えません。これで、菌糸や酵母細胞が見えるようになります。培養方法は、感染した皮膚の表面に無菌の検体をこすり、それを37℃で数日間培養します。これで、酵母やバクテリアのコロニーが増殖できるようになります。形態や色などの特徴は病気の診断に役立ちます。

<治療> カンジダは、正常なヒトの身体の口や腸の細菌としてしばしば見られます。抗生物質による治療は酵母の天然の競合者を除去することにつながるので、状況を悪化させてしまいます。臨床では、カンジダ症は通常、抗真菌薬を用いて治療します。局所的にクロトリマゾール、ナイスタチン、フルコナゾール、ケトコナゾールなどを使用します。例えば、フルコナゾール(ディフルカン150mgタブレットを経口使用)の1回の服用では膣の酵母感染では90%に効果が認められています。他のタイプの酵母感染は異なる治療法が必要となることがあります。病院での治療が必要となるような深刻な症状の場合、アンホテリシンB、カスポファンギン、ボリコナゾールなどが用いられます。局所的な治療に関しては、膣用の坐薬や圧注も使用されます。ゲンチアナバイオレットは母乳栄養で育てている場合の口腔カンジダ症に用いられます。しかし、小児外科医のウィリアム・シアーズはこの使用は控えめにすることをすすめています。大量に使用した場合は、赤ん坊の口やのどに対して潰瘍の原因となります。そして、これはヒトの口や他の動物では消化器官の癌に結びつくという報告があります。薬物療法だけでカンジダ症を治療するのは、よい結果が得られるとは限りません。また他の様々な状況も引き起こしかねません。口腔カンジダ症はより深刻な症状、HIV感染や他の免疫低下のような症状の徴候となっています。外陰膣の健康を保つことが膣のカンジダ症を予防することになるのです。カンジダ・アルビカンはカンジダ症に使用されるフルコナゾールなどの抗真菌薬に対する抵抗性を持つことができます。再発では他の抗真菌薬を使用するようになりますが、これらにも抵抗性があらわれるでしょう。

<代替の見解> 全身のカンジダ症(あるいは、カンジダ過敏症シンドローム、酵母アレルギー、胃腸でのカンジダ過成長)については代替の薬が考えられます。ウィリアム・クロック博士により書かれた本には、疲労、月経前症候群、性機能障害、喘息、乾癬、消化器官や尿の障害、硬化症、筋肉の痛み、などさまざまな徴候がカンジダ・アルビカンの潜在的感染によって起こっている可能性があると報告されています。博士は、これらの徴候に対しては食事の改善、抗真菌薬の処方、大腸の洗浄など様々な治療法が必要であると述べています。泌尿器感染についての食事に関する数例の研究を除いては、その効果に科学的実証が限られていることから、従来の薬は使用されていません。

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。