すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

ルボックス、デプロメール(フルボキサミン)

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。


ウボックス(ルボックスのジェネリック)
1錠中フルボキサミン50mg/100mg
メーカー:Solvay Pharma
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
50mg
100錠(1箱):6,500円
200錠(2箱):12,000円
300錠(3箱):16,500円
500錠(5箱):25,000円
100mg
100錠(1箱):9,500円
200錠(2箱):18,000円
300錠(3箱):25,500円
500錠(5箱):40,000円

ルボックス、デプロメールはレクサプロプロザックゾロフトパキシルセレクサと並んでよく処方される抗うつ剤です。

ルボックス、デプロメール(フルボキサミン)英語説明日本語訳

ブランド名:ルボックス、デプロメール
ジェネリック名: フルボキサミン・マレイン酸塩

概要:
フルボキサミン(ルボックス、デプロメール)は選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)であり、強迫性障害(OCD)の治療に用いられるものです。鬱の治療や医師の診断により他のことにも用いられることがあります。

薬理作用:
フルボキサミン・マレイン酸塩(ルボックス、デプロメール)の強迫性障害に対する作用は、脳の神経におけるセロトニン再取り込み阻害薬とつながっています。研究によれば、フルボキサミン(ルボックス、デプロメール)はセロトニンの神経での取り込みを阻害することがわかっています。経口での100mgの服用に続き、31から87 ng/mLの血漿中濃度が1.5-8時間後に確認されました。

使用に際して:
ルボックス、デプロメール(フルボキサミン・マレイン酸塩)は強迫性障害(OCD)の治療に用いられるものです。強迫性障害とは、自我緊張異常、反復、強迫観念にとらわれるという症状です。
鬱の症状緩和のために: フルボキサミン・マレイン酸塩(ルボックス、デプロメール)を10週間以上の長期間使用することの効果は、偽薬を用いた試行における体系的評価が行われていません。ですから、これを長期間使用する場合は、医師による期間ごとの評価が必要となるでしょう。

禁忌:
テルフェナジン(セルダン)、アステミゾール(ヒスマナル)、シサプリドをフルボキサミン・マレイン酸塩とともに用いることはやめて下さい。

注意:
モノアミン酸化酵素阻害薬との相互作用について:
他のセロトニン再取り込み阻害薬とモノサミン酸化酵素阻害剤との相互作用では、深刻な状況、ときには致死にもなる状況が報告されています。これらの症状には、高熱、硬直、ミオクローヌス、自律神経不安定、精神錯乱や昏睡などの精神状態の変化が含まれます。これらの反応はまた、セロトニン再取り込み阻害薬をやめて、モノアミン酸化酵素阻害薬を使用しはじめたという患者にも報告されています。いくつかのケースでは、向精神薬悪性症候群に似た症状も現れています。ですから、フルボキサミン・マレイン酸塩(ルボックス、デプロメール)とモノアミン酸化酵素阻害薬とをいっしょに用いたり、14日間以内に使用したりすることは避けてください。フルボキサミン・マレイン酸塩(ルボックス、デプロメール)の使用をやめた後、少なくとも2週間はモノアミン酸化酵素阻害薬の使用はやめるべきです。
この薬を使用し始める前には、あなたが現在使用している薬はどのようなものがあるかを医師に必ず伝えて下さい。アステミゾール、シプロヘプタジン、テルフェナジン、シサプリド、クロザピン、フェンフルラミン、デクスフェンフルラミン、モノアミン酸化酵素阻害薬、トラマドール、三環系抗鬱薬などに関してです。意思には、他の薬の使用やアレルギー、妊娠や授乳期にある場合も報告して下さい。リチウム、トリプトファンはフルボキサミン(ルボックス、デプロメール)のセロトニン系効果を高めることがあります。ですから、これらの混合使用は注意が必要です。

使用に関する注意:
軽躁病や躁病の活性化: 市場に出回る前の研究では、フルボキサミン(ルボックス、デプロメール)の使用によって軽躁病や躁病がおよそ1%の割合で見られました。これらは、他の抗鬱剤による治療においてもこの症状が出る患者がいることは確認されています。すべての抗鬱剤においてと同様に、フルボキサミン・マレイン酸塩(ルボックス、デプロメール)は躁病の経験がある人に使用する際には、注意が必要です。

発作:
市場に出る前の調査では、フルボキサミン(ルボックス、デプロメール)の使用によって0.2%の患者に発作が見られました。フルボキサミン・マレイン酸塩(ルボックス、デプロメール)は、発作の経験がある患者に使用する際には注意が必要です。発作がひどくなるような場合は使用を中止して下さい。

自殺:
鬱の症状のある患者には自殺を試みる可能性があり、これは本来の鬱の症状によるものか、強迫性障害からのものか、どちらにも可能性があります。特にこの薬を使用し始めた頃は、そのような可能性のある患者は気をつけてみていなくてはなりません。フルボキサミン・マレイン酸塩(ルボックス、デプロメール)は、必要最小限量のタブレットしか処方されません。これは過服用の危険を減少させるためです。

併用の病気のある患者のこの薬の使用:
フルボキサミン・マレイン酸塩(ルボックス、デプロメール)は、併用の病気のある患者の使用についてはあまりデータがありません。血行動態反応や代謝に影響があるような症状を持つ患者へのフルボキサミン・マレイン酸塩(ルボックス、デプロメール)の使用は注意が必要です。

認知あるいは運動に対する干渉:
向精神薬は、判断や思考、運動能力を損なうので、フルボキサミン・マレイン酸塩(ルボックス、デプロメール)の使用がこれらの能力に副作用を及ぼさないかを確認できるまでは、自動車の運転を含め、十分に注意して行わなくてはなりません。

薬の相互作用:
フルボキサミン(ルボックス、デプロメール)とモノアミン酸化酵素阻害剤とを同時使用することはやめて下さい。
この薬は、テルフェナジン(セルダン)、アステミゾール(ヒスマナル)、シサプリドとともには用いないで下さい。

副作用:
フルボキサミン(ルボックス、デプロメール)の使用による副作用で最もよく見られるものは、 吐き気や便秘、食欲不振、下痢、胃腸障害などです。中枢神経系、傾眠、口の渇き、神経性、不眠、めまい、振戦、攪拌、無力症なども見られます。主に150mg/day以上の使用においては、強迫性障害のある患者は異常な射精がしばしば報告されています。強迫性障害のある患者に対する研究では、口の渇きや性欲減退、頻尿、無オルガスム症、鼻炎、味覚異常などが見られました。

肉体的・心理的依存:
フルボキサミン・マレイン酸塩(ルボックス、デプロメール)への乱用、寛容、肉体的依存は霊長類で実験されています。依存に関する証拠は見出されていません。
一般に、中枢神経系活性薬が誤使用された場合の予測というのは可能ではありません。結果的に、医師が誤使用をした患者を診断し、何か兆候が現れるかということを見ていかなくてはなりません。

過剰服用:
兆候:過剰服用の症状としては、吐き気や下痢、めまいなどがあげられます。心臓、肝機能、痙攣、昏睡などが報告されています。故意、あるいは事故による過服用のケースの354例のうち、19例の死亡が報告されています。19の死亡例のうち、2人はフルボキサミン・マレイン酸塩(ルボックス、デプロメール)だけを服用し、残りの17人はフルボキサミン・マレイン酸塩(ルボックス、デプロメール)とともに他の薬も服用しました。

治療:
もし、推奨されている服用量を超えた量を使用した場合は、近くの診療所などにすぐに行くようにして下さい。フルボキサミン・マレイン酸塩(ルボックス、デプロメール)の解毒剤はありません。非閉塞気道が呼吸器の維持には必要となります。心電図や生活反応もしっかりとモニターしなくてはなりません。活性炭の使用も嘔吐や洗浄には効果があるかもしれません。過服用での吸収には時間がかかるため、最小でも24時間は消化までにかかるとされています。過服用に対する処置の際には、複数の薬を使用したという可能性も考えなくてはなりません。

服用:
この薬の効果を感じるまでには数週間(8週間まで)かかると考えられています。
・ 医師からの指示に従って下さい。
・ 室温で管理し、熱や光の届かないところに保管して下さい。
・ もし、症状が改善しても、指示された使用は守って下さい。
・ もし、服用を忘れたような場合は、同じ日であれば、1回の服用を思い出したときに行って下さい。もし、次の日になってから思い出した場合は、服用を忘れた日の回数は無視して下さい。そして、通常の服用回数を守って下さい。1回に2回分の服用をしてはいけません。

追加情報:
この薬は他の人とシェアして用いることはしないで下さい。また、健康な人が用いるのもいけません。子供の手の届かないところに保管して下さい。
フルボキサミン・マレイン酸塩(ルボックス、デプロメール)の開始の際の推奨使用量は50mgです。就寝前に1回の服用が通常です。強迫性障害に対するフルボキサミン・マレイン酸塩(ルボックス、デプロメール)の効果を出すためには、100〜300mg/dayの範囲で使用量を設定することです。服用量は4〜7日ごとに50mgの増加をさせます。1日300mgを越えない程度にします。100mg以上の量を1日にとる場合は、2回に分けてとる方がよいでしょう。もし、その2回の量が等しくない場合は、多い量の方を就寝前にとるようにして下さい。

お年寄りや肝臓に病気のある患者:
お年寄りや肝臓に問題のある患者さんはフルボキサミン・マレイン酸塩(ルボックス、デプロメール)のクリアランス値が減少することがわかっています。この場合は、症状にあわせて服用量を調節する必要があります。

治療の維持、継続:
フルボキサミン・マレイン酸塩(ルボックス、デプロメール)の効果は、強迫性障害に対しては10週間の使用を超えない場合にのみ研究されていますが、強迫性障害は慢性的なものであり、服用を続ける必要が出てくることもあるでしょう。この場合は、必要最低限の使用量で維持し、症状を定期的に評価していくことが大切です。

どのようなものがあるか:
タブレット(錠剤)で50mgと100mgのものがあります。


海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。