すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

ユークロマ

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。

 ユークロマ
ユークロマ20g
ハイドロキノン:4.0% w/w
メーカー:YASH Pharma
ユークロマプラス
ユークロマプラス15g
ハイドロキノンUSP:2.0% w/w
トレチノイン:0.025% w/w
フランカルボン酸モメタゾン:0.1% w/w
メーカー:YASH Pharma
  価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
  価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
1本1,800円
2本3,400円(1本当たり1,700円)
3本4,800円(1本当たり1,600円)
4本6,000円(1本当たり1,500円)
5本7,000円(1本当たり1,400円)
10本9,000円(1本当たり900円)
 
1本2,000円
2本3,800円(1本当たり1,900円)
3本5,400円(1本当たり1,800円)
4本6,800円(1本当たり1,700円)
5本8,000円(1本当たり1,600円)
10本11,000円(1本当たり1,100円)

ユークロマ英語原文翻訳

ユークロマ・クリーム(ハイドロキノン) 4%(20gチューブ)

ユークロマとは
ユークロマは、皮膚の黒くなった部分の黒さを減らすために処方される局所使用の薬です。黒くなった部分というのは、そばかす、ほくろ、年齢によるしみ、または周囲にあわないようなパッチ状のものなどを含みます。他の部分とあうようになるまで適用された領域のメラニンの量を減らします。または、ここで取り上げられない他の症状や他の治療に沿って、あなたの健康管理プロバイダーは処方するかもしれません。

ユークロマはどのように使用するか
ユークロマは通常1日2回適用します、しかし、あなたに特定の適用量と頻度が必要となってくる場合もあります。専門家のアドバイスにしたがってください。予期できない健康の問題を起こさないためにも決して自分で治療したり、使用法を変えたりしないでください。

定期的な使用を開始する前に、クリームが合うか合わないかを確かめるために少量をまず使用してみてください。使用前には適用部を綺麗に洗ってから乾かすようにしてください。クリームをつけたあとはゆっくりとマッサージをしてください。クリームを塗った手に影響が出ないように、使用後は手をしっかりと洗ってください。最も効果的な結果を得るために毎日、同じ時間に使用することをすすめます。

副作用について
ユークロマを使っている患者の一部に以下のような副作用を経験した人がいます。
・刺すような感覚、燃えるような感覚
・乾燥、あるいははがれやすい皮膚
・いらつきまたは軽い皮膚の発疹
・アレルギー反応(皮膚の腫れ)の徴候
このような症状が続いたり、症状が悪くなったときにはすぐに医師に診てもらうようにしてください。

注意
肝機能または腎機能などの治療をしている場合は合併症を起こす可能性がありますので、健康管理プロバイダーに何らかの症状が出た場合はすぐに告げてください。
潜在的に合併症が起こるのを防ぐために適用量を減らしたり、何らかの変更が必要となってくることがあります。
アレルギー反応が見られた場合には、すぐに近くの医療機関に行くようにしてください。通常そのような反応と関連した徴候としては、呼吸困難または嚥下(胸部緊張、膨張、皮膚発疹)を含みます。ユークロマが、すべての患者に必ずしも適しているというわけではありません。もしあなたが妊娠、授乳期、あるいは妊娠をしようとしている期間である場合、他の薬(処方薬、非処方薬ともに)を使用している場合、他のハーブ製品やサプリメントをとっている場合、アレルギーまたは他の健康問題がある場合などは、この薬を使う前にあなたの健康管理プロバイダーに相談してください。
正しい投薬量と処方は、扱われている患者と状態に一般に依存します。あなたの健康管理プロバイダーの承認なしには薬量を調節しないでください。この製品は、処方、指示のある場合に使用できるものです。


ユークロマプラス英語原文翻訳
ユークロマ・プラス・クリーム(ハイドロキノン・アセテート/トレチノイン/フランカルボン酸モメタゾン) 2% / 0.025% / 0.1% (15gチューブ)

ユークロマ・プラスとは
ユークロマ・プラスは、皮膚の黒くなった部分の黒さを減らすために処方される局所使用の薬です。黒くなった部分というのは、そばかす、ほくろ、年齢によるしみ、または周囲にあわないようなパッチ状のものなどを含みます。他の部分とあうようになるまで適用された領域のメラニンの量を減らします。または、ここで取り上げられない他の症状や他の治療に沿って、あなたの健康管理プロバイダーは処方するかもしれません。

ユークロマ・プラスはどのように使用するか
最も効果的で安全な使用法は、あなたが診てもらっている医師など健康管理のプロによる指示に従うことです。ユークロマ・プラスは通常1日2回適用します、しかし、あなたに特定の適用量と頻度が必要となってくる場合もあります。専門家のアドバイスにしたがってください。予期できない健康の問題を起こさないためにも決して自分で治療したり、使用法を変えたりしないでください。

正しい結果を得ていることを確認するために、使用している間、あなたの健康管理プロバイダーと定期的に相談するようにしてください。薬への反応をみてから、使用頻度などを決めます。どのような使用法がベストな結果をもたらすかを考えましょう。この薬について質問等ございましたら、必ず薬剤師または健康管理プロバイダーに正しい使用法を確実に理解できるよう相談してください。

副作用について
ユークロマ・プラスを使っている患者の一部に以下のような副作用を経験した人がいます。
・刺すような感覚、燃えるような感覚
・乾燥、あるいははがれやすい皮膚
・いらつきまたは軽い皮膚の発疹
・アレルギー反応(皮膚の腫れ)の徴候
このような症状が続いたり、症状が悪くなったときにはすぐに医師に診てもらうようにしてください。副作用は穏やかなものであるか、深刻な場合であるかは様々ですが、すべての使用者に起こるというわけではありません。更なる合併症を防ぐために使用頻度を減らすなどの変更が必要となってくることがあります。より深刻な健康の問題が起こったような場合は救急治療も必要とされるかもしれません。

注意
あなたがハイドロキノンに対するアレルギーがあったり、また過去に類似した処置に対する悪い反応があった場合には、この製品は使用しないでください。肝機能または腎機能などの治療をしている場合は合併症を起こす可能性がありますので、健康管理プロバイダーに何らかの症状が出た場合はすぐに告げてください。潜在的に合併症が起こるのを防ぐために適用量を減らしたり、何らかの変更が必要となってくることがあります。

アレルギー反応が見られた場合には、すぐに近くの医療機関に行くようにしてください。通常そのような反応と関連した徴候としては、呼吸困難または嚥下(胸部緊張、膨張、皮膚発疹)を含みます。

ユークロマ・プラスはすべての患者に必ずしも適しているというわけではありません。もしあなたが妊娠、授乳期、あるいは妊娠をしようとしている期間である場合、他の薬(処方薬、非処方薬ともに)を使用している場合、他のハーブ製品やサプリメントをとっている場合、アレルギーまたは他の健康問題がある場合などは、この薬を使う前にあなたの健康管理プロバイダーに相談してください。

正しい投薬量と処方は、通常、患者とその症状に依存します。あなたの健康管理プロバイダーの承認なしには薬量を調節しないでください。この製品は、処方、指示のある場合にのみ使用できるものです。


海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。