すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

ドロンタール(猫用駆虫薬)

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。


 キオフ猫用4錠x5=20錠
メーカー:SAVA VET

成分1錠中
Praziquantel 20mg(プラジカンテル20mg)
Pyrantel Pamoate 230mg(パモ酸ピランテル230mg)



ドロンタール猫用
ドロンタール猫用40錠
メーカー:
BAYER
成分1錠中
Praziquantel 20mg(プラジカンテル20mg)
Pyrantel Pamoate 230mg(パモ酸ピランテル230mg)
 
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
 
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
 
20錠(5箱) 2,500円
40錠(10箱) 4,600円
60錠(15箱) 6,300円
80錠(20箱) 7,600円
100錠(25箱) 8,500円
200錠(50箱) 15,000円
1箱40錠 12,000円
2箱80錠 23,000円
3箱120錠 33,000円
4箱160錠 42,000円
5箱200錠 50,000円

キオフ (猫用駆虫薬 チュワブルタブレット)添付文書日本語訳

概要:
・20年以上にも渡って獣医師にも使用されている駆虫薬です
・すべての寄生虫に対して広く活性を持ちます
・安全、1回の使用、やさしく効果的な治療法です
・治療前後で猫は食事を抜く必要はありません。
・直接使用することができ、餌に混ぜて見えないようにもできます。
・互換性−糸状虫予防、ノミやダニ感染治療、予防接種などのほかの治療と組合わせることもできます。
・便利性−2つあるいはそれ以上の製品を使用しなくても大丈夫です。
・正確な投薬量で廃棄として無駄にする量を最小限におさえる
・便利な1x4パックで、子猫の感染予防、再感染制御を効果的に行います。
・定期的な使用で、一年を通して再発または再感染を予防します

キオフプラス
プラジカンテル、パモ酸ピランテルチュワブル錠

成分(各チュワブル錠中):
プラジカンテルIP   20mg
パモ酸ピランテルIP  230mg
賦形剤

使用指示:
キオフプラス錠は、猫の回虫、鉤虫、条虫の駆除にはたらきます。
回虫類:猫回虫、犬小回虫
鉤虫類:鉤虫属のもの、ウンシナリア・ステノデファラ
条虫類:瓜実条虫、猫条虫

使用量・使用法: 
推奨される使用量としては、パモ酸ピランテルは体重1kgあたり57.5mg、プラジカンテルは体重1kgあたり5mgです。これは4kgの体重につき1錠と等しいものです。
錠剤は直接与えるか餌に混ぜて与えてもいいです。使用前後に食事を抜くことは考える必要はありません。錠剤は半分にして使用できます。

使用量:
体重2kg:1/2錠
2.1〜4kg:1錠
4〜6kg:1.5錠
(注意)6週令以下の子猫には使用しないでください。

推奨使用量:
子猫:6週、8週、10週、12週、そして生後6ヵ月までは毎月、その後は3ヵ月おきに使用します。あるいは獣医師の指示に従ってください。
授乳期の雌:子猫と並行して扱われなければなりません。
成猫:3ヵ月ごと、または獣医の指示に従ってください。

禁忌・注意:
妊娠している動物への使用はしないでください。
6週令以下の子猫への使用はさけてください。
ピペラジンと同時に使用しないでください。
衛生のため錠剤を触った人や与えた人などはしっかりと手を洗うようにしてください。
動物への使用のみに限られます。
子供の手の届かないところにおいてください。
使用するまでは錠剤は取り出さないようにしてください。破片などは廃棄してください。
安全のために:
10回の高濃度の使用において報告されたものとしては、他の副作用なしで、嘔吐と唾液分泌の徴候がありました。また、一時的な食欲不振とゆるい便が、何匹かの猫で報告されました。

廃棄:
空の容器や残った製品は、規則にしたがって廃棄してください。

さらなる情報:
条虫の再感染の可能性を減らすために、感染の仲介となりうる ノミについても制御しなくてはなりません。この製品は条虫の制御において有効であることが示されており、多包条虫に対して効果的です。


ドロンタール猫用(添付文書の日本語訳)

ドロンタールは猫につく回虫、鞭虫、サナダムシなどをコントロールします。

ドロンタール・オールワーマーは、経口で使用します。適用する際には、猫は空腹の状態でなくてはなりません。使用前に猫の体重を量って下さい。
2kg以下:錠剤半分の量
2.1kg-4kg:1錠
4kg以上:4kgごとに1錠とします。

子猫:6週、8週、12週に適用し、その後は3ヶ月ごとに適用します。または、獣医のアドバイスに従って下さい。
妊娠しているメス猫:つがい形成をする前に適用をはじめ、生まれる10日前、出産後2週、4週に適用します。
成体:3ヵ月後ごとの使用、あるいは獣医のアドバイスに従って下さい。再発が見られた場合は、また使用を繰り返します。使用上の注意をよく読んで下さい。もし、問題が続くようでしたら、獣医に相談して下さい。

ドロンタールは他の治療、ノミ、ダニの対処などと一緒に用いることができます。

<安全性>
ドロンタールは、効果的に寄生虫をコントロールします。子猫、妊娠しているメス猫から、他のいろいろな令の猫について広く適用できます。犬用ではありません。

<使用法>
回虫・鞭虫:
これらの寄生虫は環境から感染します。あるいはミルクからも考えられます。鞭虫は血液を吸い、特に子猫に貧血や時には死亡を引き起こします。これらの寄生虫のライフサイクルのために、少なくとも12週令までには定期的に子猫をケアすることが重要になってきます。これらの寄生虫はその卵や幼虫が体に入ることで、どのような年齢の猫でも感染してしまいます。回虫は感染しているネズミなどを食べることで感染することが多く、鞭虫の幼虫は皮膚を通して感染します。環境からの汚染を防ぐために、妊娠しているメスに対しては特に早い段階から妊娠の終わり、授乳期までケアした方がいいでしょう。

サナダムシ:
ノミなどの媒介生物を経由して感染します。ネズミやラットを経由する場合が多いです。ですから、この寄生虫は、ノミやネズミなどのいるところに存在しているということです。

寄生虫は再発することが多いため、猫自身をケアする、フンの始末などに気をつけ環境を綺麗に保つ、ノミやネズミのいないような環境にする、などのケアが重要となってきます。

<子猫> 子猫については以下のようなスケジュールで行うことをおすすめします。
(1)6週令でまず行い、8週令と12週令のときに再び行う。
(2)その後、3ヶ月ごとに行う(獣医の指示があればそれにしたがって下さい)。

<妊娠しているメス>
つがいになる前と出産の10日前、子猫が2週令、4週令の際に行って下さい。ドロンタールは妊娠時の使用に安全性を確認していますが、使用は出産の10日前のみにして下さい。

<6ヶ月令を越える猫>
3ヶ月ごとに行います。治療後、2〜3週間するとサナダムシについては再発する可能性があります。その場合は、またドロンタールを用いて駆除して下さい。
再発の場合の使用法については以下の通りです。

子猫:6週、8週、12週、その後3ヵ月ごと
親猫:3ヵ月ごと
妊娠・授乳期:つがい形成前、出産10日前、出産後2週、4週

これらは一般的なものです。特に症状がひどい場合などは、獣医への相談が必要となってきます。

<回虫・鞭虫の再発>
鞭虫は通常、母親のミルクから子猫に感染します。この感染経路を絶つ事は難しいです。また、鞭虫、回虫は両方とも、地面の卵や幼虫がとんできて感染します。回虫はラットやネズミを通して感染も考えられます。回虫の卵は土中で長いこと生存できるので、環境に配慮することが重要です。
6ヶ月令以下の子猫や妊娠、授乳期の猫は虫の卵を多く生産するので、特に注意が必要です。

<サナダムシ>
これは媒介生物がいる寄生虫なので、再発のスピードは遅く、ラットやネズミ、ノミなどの生物に近づかないように注意して下さい。

体重により服用量は異なりますので、使用前にきちんとした体重を量ることが重要です。
服用に際して:
(1)猫の頭の後ろの方から口の部分をしっかりとつかみます。
(2)親指と人差し指を使って顎を開けさせます。あるいは、首の後ろの皮がゆるくなっている部分をつかみます。このことで猫を傷つけずに口を開けさせることができます。
(3)舌の後ろに錠剤をおくようにします。
(4)舌の後ろに錠剤をおく際にはできるだけすばやく行います。
(5)口を閉じさせ、錠剤がきちんと飲み込まれるまでそのままにさせます。

(注)ジッパーワームというのはサナダムシの1種であり、2週間以内にフンの中などに見られた場合は、おそらくこの種であると思われます。これは獣医により判断される種です。もし、寄生虫がいてもフンに表れない場合もありますし、また48時間以内には出てこないこともあります。


海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。

/アトピカ/ドロンタールプラス/ドロンタール幼犬/ドロンタール猫用/ハートガードプラス/ネクスガードスペクトラ/インターセプター/プロハート/アドバンティックス/アドボケート犬用/アドボケート猫用/フロントラインプラス/レボリューション/ストロングホールド/マバコキシブ/サーチフェクト/コンフォティスプラス/フロントラインスプレー/リマダイル/プレビコックス/メロキシカム/ピロキシカム/レボチロキシン/エピオティック/エピスムース/フラジール/オプティミューン/メベンダゾール/アルベンダゾール/スルファサラジン/イベルメクチン/アイボメック注/ゾビラックス/ゾビラックス眼軟膏/エリスロマイシン/クラリスロマイシン/セファレキシン/ST合剤/デキサメタゾン/プレドニゾロン/メチルプレドニゾロン/ケトコナゾール/エナラプリル(エナカルド錠)/酢酸フルドロコルチゾン/グリセオフルビン/アジスロマイシン/アモキシシリン/アモキシシリン注/アミトラズ/アンピシリン/イトラコナゾール/クリンダマイシン/フルコナゾール/フルオキセチン/ベナゼプリル/ベタネコール/カルシトリオール(ビタミンD)/クロミプラミン/オメプラゾール/ラニチジン/メトクロプラミド/テオフィリン/ドキシサイクリン/クラバセプチン/セフィキシム/セファドロキシル/ナプロキセン/ワーファリン/メトカルバモール/シプロフロキサシン/レボフロキサシン/スパルフロキサシン/クロラムフェニコール/クロルプロマジン/テラマイシン/テラマイシン眼軟膏/テトラサイクリン/ミノサイクリン/ジルチアゼム/アムロジピン/アテノロール/フロセミド/ウルソジオール/テルブタリン/シクロフォスファミド/シプロヘプタジン/セレギリン/ヒドロキシジン/ジゴキシン/ロペラミド/フェノキシベンザミン/メトトレキサート/トブラマイシン/ナタマイシン/ラタノプロスト/ピモベンダン/ミルクシスル/グリピジド/セレニア/イリウム/センチネル/スクラルファート/アロプリノール/ニゾラルシャンプー/マラセブシャンプー/コセクインDS/エンジェルアイズ/トロピカミド/ブリンゾラミド/カルバマゼピン/コルヒチン/コソプト/フルルビプロフェン/プロプラノロール/リファンピシン/トラマドール/イミプラミン/クロトリマゾール/セフポドキシム・プロキセチル/バイコックス/バイトリル錠/バイトリル注/バイトリル経口液/ザイマックスイヤープロテクター/トリアムシノロン/ファモチジン/CAN-C/カルベジロール/アセタゾラミド/アザチオプリン/ブスピロン塩酸塩/メラトニン/アダプティルDAP/マイクロラックス/スキンコート/カプトプリル/スピロノラクトン/ビジオティアーズ/ビジオエイド/タクロリムス/トレンタール/トラボプロスト/スキャット/コクシベット/メガバク/クロルヘキシジン/ドキシサイクリン鳥/マイコプラズマ/鳥トリコモナス/鳩ジアルジア/クロルテトラサイクリン/ミツバチ毒(マヌカ蜂蜜)/ゾニサミド/酢酸メゲストロール/エモギイガイ馬用/エモギイガイ犬用/エモギイガイ猫用/デナマリン/ゼントニル/チニダゾール/クレマスチン/テルビナフィン/メドロキシプロゲステロン/リスペリドン/オンダンセトロン/オセルタミビル/イミドカルブ/オキシトシン/フェンベンダゾール/パナクール液/鳥のオウム病/鳥用ドキシサイクリン液/鳩エネルギー/鳩トリコモナス/鳩コクシジウム/鳩駆虫薬/白点病/プロクロルペラジン/ヒドロキシウレア/メチマゾール/グリベンクラミド/ドキセピン/タイロシン/ケトプロフェン/マルボフロキサシン/カーダリス/トリロスタン/コンベニア/パーコーテンV/チアンフェニコール/ミルプラゾン犬用/ミルプラゾン猫用/ノロジン/キシラジン/エクゼマチン/エプリノメクチン/ネクトンS/ネクトンE/コクシジウム/メトロニダゾール/オキシテトラサイクリン/ネクトンR/エニルコナゾール/ネクトンドッグVM/ネクトンドッグH/クロサゾール/ミルプロ犬用/ミルプロ猫用/ベタハート/セラフォーテ/ブラベクト錠犬用/ブラベクトスポット犬用/ブラベクトスポット猫用/ブラベクトプラススポット猫用/カルプロフェン/イミダプリル塩酸塩/チルミコシン/リンコマイシン/チアムリン/デキサメタゾン注/アリジン/フロルフェニコール/フロルフェニコール注/レバミゾール/ドラメクチン注/ケプロメック/センスルファトリム/プロカイン・ジヒドロストレプトマイシン注/ペニシリン注/クリンダマイシン経口液/リンコマイシン・スペクチノマイシン/オキシテトラサイクリン注/メデトミジン/アリジン/クイックストップ/パラディア/ゴナトロピン/トリパノセン注/