すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

シアリス(タダラフィル)

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。

シアリス5mg
シアリス
1錠中タダラフィル5mg
メーカー:リリー社







タダラフィル5mg
エキシラー(シアリスのジェネリック)
1錠中タダラフィル2.5mg/5mg
メーカー:SAVA
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
5mg
28錠(1箱):12,000円
56錠(2箱):23,800円
84錠(3箱):35,400円
112錠(4箱):46,800円
140錠(5箱):58,000円
2.5mg
30(1箱):3,000円
60錠(2箱):5,800円
90錠(3箱):8,400円
120錠(4箱):10,800円
150錠(5箱):13,000円
5mg
30(1箱):3,500円
60錠(2箱):6,800円
90錠(3箱):9,900円
120錠(4箱):12,800円
150錠(5箱):15,500円
 

前立腺肥大症(BPH)
男性は加齢により前立腺が肥大していきます。前立腺が肥大することにより膀胱が圧迫されるのです。その為に昼も夜もオシッコが近くなります。何度もトイレに行くことになります。これが前立腺肥大症という病気です。サプリメントではノコギリヤシなどを使うこともありますが、最近ではシアリスの成分タダラフィルが効果があるということで医薬品として認可されています。日本名はザルティアですがこの成分はシアリスと同じタダラフィルです。

以下は前立腺肥大症(BPH)に関するシアリスの英文説明日本語訳です。
勃起不全(ED)として使用される場合はこちらをご覧ください。

シアリス

シアリスは1日5mgの使用で前立腺肥大症(BPH)の兆候に対応します。勃起障害(ED)に日常使用される(5mg)シアリスはEDとBPH治療に認可された錠剤です。医師の指示に従って使用するときには、1日あたり5mgの使用でBPHの徴候の改善が見られます。ED治療のための使用量としては推奨開始量は2.5mgです。シアリスがどのようにEDを扱うかを科学で考えることによって、どのようにBPHの徴候を扱うかということが説明されるかもしれません。より多くの専門用語では、シアリスはホスホジエステラーゼ5(PDE5)抑制剤と呼ばれている薬に属しています。PDE5は、体の多くの組織で見つかる酵素です。それは血管が弛緩するのを防ぎ、血液で一杯になるのを助けます。ペニスへの血流は勃起維持に必要です。シアリスはPDE5を阻害しペニスの平滑筋と血管が弛緩する原因になります。この緩和は血流量の増加につながります。そして、ペニスの血流量の増加は勃起の維持に必要となります。PDE5酵素は前立腺や膀胱で見られます。シアリスはこれらの組織でPDE5を阻害します。しかし、シアリスがどのようにBPHの徴候を減らすかというメカニズムは完全にはわかっていません。あなたがもし、アルファ阻害剤の薬を使用している場合は、医師に相談してください。

BPHの治療としてシアリスはアルファ阻害剤との併用はすすめられません。これらはハイトリン(テラゾシンHCl)、フロマックス(タムスロシンHCl)、カルドラ(ドキサゾシン・メシラート)、ミニプレス(プラゾシンHCl)、ユロキサトラル(アルフゾシンHCl)、ジャリン(デュタステライド、タムスロシンHCl)、ラパフロ(シロドシン)を含みます。アルファ阻害剤は、前立腺の問題または高血圧に処方されることもあります。シアリスが特定のアルファ阻害剤とともに服用されると、あなたの血圧は突然下がるかもしれません。そして、めまいや失神を起こす可能性があります。

シアリスは勃起障害(ED)と前立腺肥大(BPH)の症状を治療するために承認されているものです。BPHの治療を始めてフィナステリドとともにシアリスを使用するということが26週間研究されました。シアリスは女性や子供は使用できません。

シアリスを安全に使用するために知っておくべき情報:
以下の場合は、シアリスを使用しないでください。
硝酸イソソルビドまたはイソソルビドモノニトレートのような胸の痛みに対して使われるニトレートと呼ばれる薬を飲んでいる場合。血圧の低下を引き起こすために危険です。
亜硝酸アミルやブチル亜硝酸塩のような「ポッパー」と呼ばれている娯楽薬を使用している場合
シアリスまたはアドシルカ(タダラフィル)またはその成分のいずれかにアレルギーのある場合。もし、アレルギー反応(例えば発疹、ハチの巣、唇・舌・のどの腫れ、呼吸困難、嚥下困難など)が出た場合は、すぐに医師の診断をうけてください。

1錠のむとシアリスの活性成分の一部は、2日間以上あなたの体の中に残ります。もしあなたが腎臓や肝臓に問題を抱えている、あるいは特定の薬を飲んでいるということならば、活性成分はより長い時間体に残ることがあります。あなたがセックスの間に胸の痛み、めまいまたは吐き気などを感じた場合は、性行動を止めてすぐに医師の診断をうけてください。特にあなたが心臓発作または心臓病のために心臓が弱っているということであれば、性行動はあなたの心臓に余分の重圧を与える可能性があります。

シアリスを使用する前に医師にはどのように相談すべきですか?
シアリスは誰にとってもいいものというわけではありません。自分にあっているかどうかは、医師に相談し、あなたが決めることなのです。あなたの心臓が通常の性行動をするのに十分健康かどうかは医師やヘルスケアの専門家に尋ねてください。もし、あなたの健康に関して、性行動をしないようにアドバイスされた場合は、シアリスの使用はすべきではありません。シアリスを使用する前には特に次のようなことがある場合は、医師への相談が必要です。
胸の痛み(アンギナ)、心臓麻痺、不整脈、心臓発作といった心臓の問題
高血圧、低血圧、制御できない高血圧
発作
肝臓または腎臓に問題がある、または透析を必要とする場合
色素性網膜炎、まれに遺伝的な眼病
ひどい視力喪失(NAIONと呼ばれている状態を含む)
胃潰瘍またはひどい出血
歪んだペニス形またはペーロニ病
4時間以上続く勃起
血球の問題(例えば鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫または白血病)

他の薬はシアリスに影響を与えますか?
あなたが使用している薬についてはすべて医師に伝えるべきです。特に以下の薬を使用している場合は注意してください。
胸の痛みに対して処方されることの多いニトレートと呼ばれる薬
前立腺の問題に対して処方されるアルファ阻害剤
血圧薬
HIV薬またはある種の経口抗真菌性薬
クラリスロマイシン、テリスロマイシン、エリスロマイシンなどの抗生物質(いくつかの異なる商標名があるので確認してください)
勃起障害(ED)のための他の薬
シアリスは肺動脈の高血圧の治療のためのアドシルカとしても市場に出ています。シアリスとアドシルカを同時に使用しないでください。また、シアリスとともにシルデナフィルシトレート(レバチオ)を使用しないでください。

シアリスを使用している間に気を付けることは何ですか?
シアリスを使用している間、他のED薬を使ったりED治療をしないでください。
シアリスを使用している間、たとえば、5杯のワインまたはウィスキーなどあまりにたくさんのアルコールを飲まないでください。あまりにたくさんのアルコールを飲むことは、頭痛やめまいを起こす原因となり、あなたの心拍数を上昇させ、血圧を下げる可能性が増えてしまいます。

シアリスの使用で考えられる副作用にはどのようなものがありますか?
シアリスで最も一般的な副作用は以下の通りです:
頭痛、消化不良、背中の痛み、筋肉の痛み、紅潮、鼻づまり。これらの副作用は通常2、3時間後になくなります。通常、背中の痛みや筋肉の痛みが出た男性は、シアリスを使用した12〜24時間後に起こります。背中の痛み、筋肉の痛みは、通常2日以内になくなります。副作用がおさまらないようであれば、医師の診断を受けてください。

まれに起こる重度の副作用について:
4時間以上続いている勃起が起こるならばトラブルが起こるのを避けるために、すぐに医師の診断を受けてください。まれに、処方されたEDタブレット(シアリスを含む)を飲んでいる男性に突然の視力、聴力の減少または喪失(ときにめまいや耳鳴りを伴って)が起こったことが報告されています。これらのことが直接EDタブレットまたは他の要因に関連があるかどうかについてははっきりとはしていません。もし、あなたが突然視力の減少、聴力の喪失などが起こった場合は、シアリスを含むEDタブレットの使用をすぐに止め、医師に相談してください。

処方薬について副作用が現れた場合はFDAに報告してください。
シアリスは以下のことはしません:
ED治療
男性の性的欲求の増大
男性そしてそのパートナーをHIVを含む性交感染症から保護すること
産児制限の男性側の使用物として

シアリスは、処方によってのみ利用できます。
さらなる情報については患者と処方情報のページをご覧ください。


以下はFDAがシアリスを前立腺肥大症の薬として認可した時の英文翻訳です。

FDAは前立腺肥大の治療のためにシアリスを認可します。

米国食品医薬品局は今日、シアリス(タダラフィル)を認可しました。前立腺肥大(BPH)の治療や徴候を扱うものであり、勃起障害(ED)の治療にも使われます。これらの症状が同時に起こるときにも用いられます。シアリスはED治療のためには2003年に承認されました。

BPHの一般的な徴候として、排尿困難や弱尿、排尿したいという突然の衝動、夜間を含む頻繁な排尿などがあります。BPHの徴候の程度は、国際的な前立腺の徴候スコア(IPSS)を使って計ることができます。2件の臨床試験では、1日1回シアリス5mgを飲んだBPHと一緒の男性は、偽薬で治療された男性と比較して、統計的に有意にBPHの改善が見られました。それらの試験はIPSSスコアの減少にもとづいています。

3つ目の研究では、EDとBPHを経験した男性と、1日1回5mgのシアリスを飲んだ男性とが偽薬で治療された男性と比較して、BPHとEDについての改善を示しました。EDの改善は国際勃起機能指数の勃起機能領域スコアを使って判断されました。

「BPHは患者の生活の質に大きい影響を及ぼします」と、スコット・モンロー(薬評価研究のFDAセンターにおける生殖泌尿器学的製品の責任者)は言っています。年配の男性の多くはBPHの徴候を持っています。
シアリスはこれらの男性にもう一つの治療の選択肢(特にまたこれも年配の男性に見られるEDに対しても)を提供します。シアリスはニトレート(ニトログリセリンなど)を服用している患者には使えません。これは併用によって血圧の安全ではない低下を引き起こすことがありえるからです。また、低血圧のリスクがあるために、BPHの治療のためのアルファ阻害剤とシアリスの同時使用はすすめられません。
FDAはBPHの徴候を扱うために、次の8つの他の薬を認可しました:
プロスカー(フィナステリド)、アボダルト(デュタステライド)、ジャリン(デュタステライドプラスタムスロシン)。アルファ阻害剤:ハイトリン(テラゾシン)、カルデュラ(ドキサゾシン)、フロマックス(タムスロシン)、ウロキサトラル(アルフゾシン)、ラパフロ(シロドシン)。

シアリスは、インディアナポリスに拠点を置くイーライ・リリー社によって製造されています。

FDA(米国保健社会福祉省内の機関)は人々の健康に対する安全で効果的な薬、そして動物薬、ワクチンについても管理しています。また、食物供給、化粧品、栄養補助食品、電子放射線を放つ製品の安全。たばこ製品の管理に関しても責任を負っている機関です。


海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。