すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

シアリス(タダラフィル)

バイアグラ/レビトラ

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。

 エキシラーチュアブル
エキシラー(シアリスのジェネリック)
口の中で溶けるチュアブルタイプ
1錠中タダラフィル20mg
発売元:SAVA Medica Limited



シアリス
シアリス
1錠中タダラフィル20mg
リリー社
シアリス本物(ヨーロッパ向け)シート包装
シアリス
シアリス
矢印の部分はフォノグラムを採用
文字が浮かび上がって見えます。
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
 10錠(1箱):3,000円
20錠(2箱):5,600円
30錠(3箱):7,800円
40錠(4箱):9,600円
50錠(5箱):11,000円
4錠(1箱):8,000円
12錠(3箱):23,400円
20錠(5箱):38,000円
28錠(7箱):51,800円
40錠(10箱):71,000円
   
 
 
エキシラー(シアリスのジェネリック)
1錠中タダラフィル20mg
発売元:SAVA Medica Limited
 
タダリス
タダリス(シアリスのジェネリック)
1錠中タダラフィル20mg
メーカー:Ajanta







タダシップ(シアリスのジェネリック)
1錠中タダラフィル20mg
発売元:Cipla
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
 4錠(1箱):2,000円
12錠(3箱):5,400円
20錠(5箱):8,000円
28錠(7箱):9,800円
40錠(10箱):11,000円
4錠(1箱):2,200円
12錠(3箱):6,000円
20錠(5箱):9,000円
28錠(7箱):11,200円
40錠(10箱):13,000円
4錠(1箱):2,000円
12錠(3箱):5,400円
20錠(5箱):8,000円
28錠(7箱):9,800円
40錠(10箱):11,000円
  
 
 
 


メガリス
メガリス(シアリスのジェネリック)
1錠中タダラフィル20mg
メーカー:
Macleods Pharma
 


タドラ(シアリス)
タドラ(シアリスのジェネリック)
1錠中タダラフィル20mg
メーカー:GERMAN REMEDIES
 







タダソフト(シアリス)
タダソフト(シアリスのジェネリック)
1錠中タダラフィル20mg
メーカー:Sunrise
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
 価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
4錠(1箱):2,200円
12錠(3箱):6,000円
20錠(5箱):9,000円
28錠(7箱):11,200円
40錠(10箱):13,000円
 4錠(1箱):2,200円
12錠(3箱):6,000円
20錠(5箱):9,000円
28錠(7箱):11,200円
40錠(10箱):13,000円
10錠:2,500円
20錠:4,800円
30錠:6,900円
40錠:8,800円
50錠:10,500円
 

概要:
シアリス(タダラフィル)は、勃起不全の経口治療に使われるもので、サイクリックGMP(cGMP)の特異ホスホジエステラーゼ5型(PDE5)の選択的抑制剤です。性的刺激による勃起は、ペニス内の血流が変化することによって起こります。この反応には、平滑筋細胞内のcGMPの合成を刺激する神経末端と内皮細胞から出される一酸化窒素の放出が関係しています。サイクリックGMPは平滑筋の弛緩と海綿体への血流の増大を引き起こします。PDE5の抑制はcGMPの量を増大させることにより勃起機能を高めます。シアリス(タダラフィル)はPDE5を抑制します。性的刺激は一酸化窒素の部分的な放出に始まります。PDE5のシアリス(タダラフィル)による抑制は、性的刺激の欠如では効果がありません。シアリス(タダラフィル)はPDE5の選択的抑制剤です。シアリス(タダラフィル)は10000フォールド以上でPDE1,2,4,7酵素よりもPDE5に強力に働きます。シアリス(タダラフィル)はまた、PDE3よりもPDE5に強力で10000フォールド以上になります。これは心臓と血管で見られる酵素です。さらに、シアリス(タダラフィル)は700フォールドでPDE6という光伝達に関わる網膜に見られるものよりもPDE5に強力になります。シアリス(タダラフィル)は、PDE8,9,10よりもPDE5に9000フォールドで強力になります。

使用について:
シアリス(タダラフィル)は勃起不全の治療に使われるものです。

服用:
シアリス(タダラフィル)の使用については、まず始めの段階として10mgを用いるのが一般的です。これを性的行動の前に使用します。服用は20mgまで増加させたり、5mgまで減少させたりできます。個人個人の効果を見て、増減をします。ほとんどの患者に対しては、1日1回の使用がすすめられる回数です。シアリス(タダラフィル)は食物とともに服用しなくても構いません。

他の薬との併用:
ケトコナゾールやリトナビールなどのCYP3A4の抑制剤を使用している患者さんは、シアリス(タダラフィル)の推奨最大使用量は10mgで、72時間毎に1回の使用回数を超えないことが重要です。ニトロとの同時使用やアルファアドレナリン作動性阻害剤(0.4mgを1日1回タムスロシン以外)は禁じています。

禁忌:
ニトロ; 有機窒素を使用している患者さんには、それが定期的であっても一時的であってもシアリス(タダラフィル)を使用することは禁じています。臨床研究において、シアリス(タダラフィル)はニトロに対して低血圧降下を強くすることが示されています。これは、ニトロとシアリス(タダラフィル)の混合効果によるものと考えられており、一酸化窒素/cGMPの通り道に影響を与えています。

アルファ阻害剤; シアリス(タダラフィル)を0.4mg1日1回タムスロシン以外のものでアルファアドレナリン拮抗薬を使用している患者さんの使用は禁じられています。

過敏症・アレルギー; シアリス(タダラフィル)はシアリス(タダラフィル)やその錠剤の成分にアレルギーがある場合は、使用が禁じられています。

注意: 
循環器系; 性行動と心血管系のリスクは関係があるために、医師は心血管、循環器系に問題のある患者への使用は気をつけなくてはなりません。シアリス(タダラフィル)を含む勃起不全の治療は、心血管系に問題のある男性に対しては行うべきではありません。左心室の流れに問題のある患者さん、血圧の自律制御を損なっている患者さんは、PDE5阻害剤を含む血管拡張薬の作用に敏感なことがあります。

シアリス(タダラフィル)の使用はさらに詳しい情報が入るまでは次のグループに属する方々にはすすめられません。
過去90日以内に心筋梗塞のあった方
不安定狭心症、性行動時に狭心症の起こる方
過去6ヶ月間でニューヨーク心臓協会クラス2あるいはそれ以上の心臓疾患のあった方
不整脈や低血圧(90/50mmHg以下)、高血圧(170/100mmHg以上)の方
6ヶ月以内に心臓発作を起こしたことのある方

概要: 
勃起不全の診断は、治療計画とともに、どのようなことが原因かを専門家に相談する必要があります。
遺伝的に退行性の網膜の問題(網膜色素変性症)のある方は臨床研究がなされていません。よって、使用はすすめられません。安全に効果的にシアリス(タダラフィル)とその他の治療法を同時使用することは、勃起不全に対しては研究されていません。ですから、こういった同時使用はすすめられません。

勃起時間の延長と持続勃起症:
持続勃起症については、すぐに適切な治療を行わなければ、勃起に関する組織にとりかえしのつかないようなダメージを与える可能性があります。4時間以上の勃起が続く場合は、それが痛みを伴わないものであってもすぐに病院に行く必要があります。シアリス(タダラフィル)は鎌状赤血球貧血症や多発性骨髄腫、白血球、解剖学的に陰茎の変形のある人は持続勃起症になりやすいので、使用する際には十分に注意しなくてはなりません。

薬の相互作用:
シアリス(タダラフィル)と他の薬との相互作用
チトクロームP450阻害剤
シアリス(タダラフィル)はCYP3A4によって主に代謝されるものです。CYP3A4を阻害する薬はシアリス(タダラフィル)の曝露が増加させることになります。これらの薬としては、ケトコナゾール、リトナビール、その他のCYP3A4阻害剤(エリスロマイシン、イトラコナゾール、グレープフルーツジュース)が含まれます。

チトクロームP450誘発剤
CYP3A4はシアリス(タダラフィル)の曝露を減少させるという研究結果があります。これには、リファンピン、カルバマゼピン、フェニトイン、フェノバービトールなどが含まれます。

シアリス(タダラフィル)の他の薬への影響
硝酸
シアリス(タダラフィル)(5−20mg)は、硝酸の降圧効果を増強させることがわかっています。ですから、いかなる形で硝酸をとっていてもそのような患者さんにシアリス(タダラフィル)を使用することは禁じられています。シアリス(タダラフィル)をとっている患者さんにおいて、硝酸が生命の危険に関わる状態で必要とされている場合は、硝酸を服用する前に、シアリス(タダラフィル)の服用後少なくとも48時間を経過していることが必要です。このような場合は、硝酸の使用に関しては、医学的にその血行動態の経過をおう必要があります。

アルコール
アルコールとシアリス(タダラフィル)は両方ともPDE5阻害剤であり、血管拡張薬として働きます。緩やかな効き目の血管拡張薬を用いるときは、血圧降下の作用が強まる可能性があります。シアリス(タダラフィル)とアルコールを例えば5ユニットかそれ以上とった場合は、心拍数の上昇、血圧の減少、めまい、頭痛などの兆候が出てくることが考えられます。

抗高血圧
シアリス(タダラフィル)をタムスロシン0.4mg1日1回以外のアルファアドレナリン作動性阻害剤を用いている患者さんが服用することは禁じられています。

アスピリン
シアリス(タダラフィル)はアスピリンによって起こる出血の時間を増加させることはありません。

腎臓の損傷
腎臓の欠陥が軽度の人については、服用量の調節は必要ありません。中程度の人については、始めはまず5mgを1日1回を越えない回数で使用することがすすめられます。48時間ごとに1回を越えない程度で10mgを限度に服用します。重度の場合は、1日1回を限度に5mgの服用量が最大となります。

肝臓の損傷
肝臓の障害が軽度、中程度の場合は、シアリス(タダラフィル)の服用量は1日1回10mgを越えないようにします。重度の場合は、シアリス(タダラフィル)の使用はすすめられません。

妊娠
妊娠カテゴリーB: シアリス(タダラフィル)を妊娠している女性が使用することに関する研究はありません。

授乳期の方、子供の使用
シアリス(タダラフィル)は新生児や子供、女性の使用のためのものではありません。シアリス(タダラフィル)の代謝物はヒトの母乳に分泌されることがわかっています。シアリス(タダラフィル)を授乳期の母親が使用することはすすめられません。

副作用
シアリス(タダラフィル)の使用で最も報告される副作用は、頭痛、胃腸障害、筋肉痛、鼻づまり、背中の痛み、紅潮などです。

過剰服用
500mgまでの量を1回、健康な人に服用させた場合と100mgまでの量を複数回、患者に服用させた場合とを調査したところ、より少ない量で見られた副作用と同様のものが見られました。血液透析はシアリス(タダラフィル)除去に対してはほとんど寄与しません。

保管
25℃以下の光があたらないところに保管して下さい。

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。