すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

セファレキシン(セファクリア・ケフレックス・ラリキシン・リレキシペット)

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。

 

セファレキシン
セファデックス
成分:セファレキシン250mg
メーカー:Cipla
セファレキシン
セフ(現在150錠単位のパッケージ)
成分:セファレキシン250mg
メーカー:Lupin

柑橘系の味がしますので食べない犬猫もいます
 
セファレキシン
スポリデックス
成分:セファレキシン375mg/750mg
メーカー:RANBAXY
 価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
 価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
 250mg
100錠(1箱):5,500円
200錠(2箱):10,800円
300錠(3箱):15,900円
400錠(4箱):20,800円
500錠(5箱):25,500円
 
250mg
150錠(1箱):7,000円
300錠(2箱):13,800円
450錠(3箱):20,400円
600錠(4箱):26,800円
750錠(5箱):33,000円
750mg
100錠(1箱):10,000円
200錠(2箱):19,800円
300錠(3箱):29,400円
400錠(4箱):38,800円
500錠(5箱):48,000円
 

セファレキシン(ラリキシン・セファクリア)
人間用ですが動物薬として使われていますので以下英文を翻訳しました
製品名:Keflex ケフレックス・ラリキシン
成分:Cephalexin セファレキシン
同じセフィム系抗生物質のセフカペンピボキシル塩酸塩と同じ作用になります。

概要:
・セファレキシン(ラリキシン・セファクリア)はセファロスポリンの抗生物質です。バクテリアを殺すペニシリンと関連しています。しかし、セファロスポリンはペニシリンと比較してより広い範囲でバクテリアに対し効果を示します。
・セファレキシン(ラリキシン・セファクリア)はバクテリアの細胞壁の形成を妨げるように働きます。これによって、バクテリアは不安定に、連続に死んでいきます。
・セファレキシン(ラリキシン・セファクリア)は処方薬であり、獣医師による処方によってのみ入手できるものです。
・この薬は食品医薬品局による動物の使用は認可がありませんが、獣医師による合法的な処方によって使用することができます。

ブランド名・その他の名称:
・この薬は人間の使用にのみ登録がされています。
・ケフレックス・ラリキシンとジェネリック

セファレキシンの使用:
・セファレキシン(ラリキシン・セファクリア)は犬、猫のバクテリア感染の治療に用いられます。これには、皮膚の感染、傷口の感染、骨の感染、肺炎、膀胱の感染も含まれます。
・セファレキシン(ラリキシン・セファクリア)はセファドキシルと同様の薬で、獣医師はこの両方の薬を互換的に使用します。これらの薬の効果は同等です。
・セファレキシン(ラリキシン・セファクリア)は寄生虫、ダニ、ウイルス、真菌による感染には効果を示しません。

注意と副作用:
・獣医師の処方通りに使用していれば、セファレキシン(ラリキシン・セファクリア)は安全で効果的なものですが、中には副作用を示す動物もいます。
・セファレキシン(ラリキシン・セファクリア)はこの薬に過敏症、アレルギーのある動物には使用できません。
・もし、他のセファロスポリン薬(セファドキシル)やペニシリン(アモキシリン、アンピシリン)に対してアレルギーや吐き気などをすでに経験しているペットに対してはセファレキシンと交差反応を起こす可能性があります。
・セファレキシン(ラリキシン・セファクリア)は他の薬と相互作用を起こす可能性があります。他の抗生物質など、相互作用を及ぼす可能性のある薬を用いている場合は、獣医師に相談して下さい。
・最も多く見られる副作用としては、服用後すぐに見られる吐き気です。これは通常は深刻なものと考えなくて構いません。しかし、これはそのペットがこの薬に対して敏感であるということを示しています。
・セファレキシン(ラリキシン・セファクリア)のような抗生物質を経口で使用した場合に下痢を起こす動物もいますが、セファレキシン(ラリキシン・セファクリア)ではこれに関する症状の深刻さはあまり例がありません。

薬の使用に関する情報:
・使用前にはまず獣医師に相談することが必要です。
・通常、犬・猫に対して体重1ポンドごとに10〜15mg(1kgごとに22〜30mg)を経口で8〜12時間ごとに使用します。
・使用期間は、症状の改善の程度や副作用の有無などによって変わってきます。特に獣医の指示がない限り、処方されたものは使いきって下さい。たとえ症状が改善されたように見えても再発防止のためには使いきることが重要です。

また別のサイトでもセファレキシンに関する記事がありましたので翻訳しました
http://www.animalshelter.org/petmeds/Urinary_TractKidneys/Cephalexin/186.html

何のために使用されるか:
ペット薬セファレキシン(ラリキシン・セファクリア)は、セファロスポリンが広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質であり、皮膚、泌尿器系、呼吸器、骨、間接の細菌感染の治療に使用されます。セフィキシムは犬、猫を治療するときに使用されるFDAも認可している最も一般的な処方薬です。しかし、獣医によって通常用いられているのは、犬、猫への使用についてFDAに認可されていないセファレキシンのようなセファロスポリンなどを用いています。

セファレキシンはどのように使用されるべきか:
セファドキシル(ラリキシン・セファクリア)の犬への通常の服用量は2日に1回、体重1ポンドごとに10mgです。猫に対しては1日に1回、体重1ポンドごとに10mgの服用量です。特別な抗生物質を用いるべき深刻な感染の場合は、通常はこの薬を用いません。特別な状態と考えられる場合は、獣医師に相談して下さい。

セファレキシン(ラリキシン・セファクリア)の副作用:
食欲減退、吐き気、下痢などの副作用はまれに起こることがあります。かゆみ、赤み、呼吸困難などのアレルギー反応が起こることがあります。犬の副作用としては、よだれが出たり、呼吸が激しくなったり、興奮気味になったりします。発熱や吐き気が猫には見られることがあります。

注意すること:
この薬はペニシリン、セファロスポリンに対してアレルギーのある動物への使用はやめて下さい。妊娠、授乳期の動物に対する使用には注意が必要です。ネオマイシンやゲンタマイシンなどのプロベネシドやアミノグリコサイドを与えている場合の使用は注意が必要です。腎臓に影響する可能性がある薬と同時に使用する時には注意が必要です。

過剰服用の場合:
獣医師に見てもらって下さい。吐き気や下痢を起こすことがあります。

保管法:
錠剤、カプセルは容器にしっかりと密閉して下さい。室温で管理し、熱や光、湿気から守って下さい。洗面所などには置かないで下さい。使用期限の過ぎたものは使用しないで下さい。

ここでの情報は、獣医師などのアドバイスとは異なり、一般的なものになります。専門的なことを知りたい場合は、獣医に相談して下さい。これは診断や治療のために使用する目的で作られた情報ではなく、一般的なものなので、それぞれの症状にあった治療法などは獣医師に相談して下さい。

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。

/アトピカ/ドロンタールプラス/ドロンタール幼犬/ドロンタール猫用/ハートガードプラス/ネクスガードスペクトラ/インターセプター/プロハート/アドバンティックス/アドボケート犬用/アドボケート猫用/フロントラインプラス/レボリューション/ストロングホールド/マバコキシブ/サーチフェクト/コンフォティスプラス/フロントラインスプレー/リマダイル/プレビコックス/メロキシカム/ピロキシカム/レボチロキシン/エピオティック/エピスムース/フラジール/オプティミューン/メベンダゾール/アルベンダゾール/スルファサラジン/イベルメクチン/アイボメック注/ゾビラックス/ゾビラックス眼軟膏/エリスロマイシン/クラリスロマイシン/セファレキシン/ST合剤/デキサメタゾン/プレドニゾロン/メチルプレドニゾロン/ケトコナゾール/エナラプリル(エナカルド錠)/酢酸フルドロコルチゾン/グリセオフルビン/アジスロマイシン/アモキシシリン/アモキシシリン注/アミトラズ/アンピシリン/イトラコナゾール/クリンダマイシン/フルコナゾール/フルオキセチン/ベナゼプリル/ベタネコール/カルシトリオール(ビタミンD)/クロミプラミン/オメプラゾール/ラニチジン/メトクロプラミド/テオフィリン/ドキシサイクリン/クラバセプチン/セフィキシム/セファドロキシル/ナプロキセン/ワーファリン/メトカルバモール/シプロフロキサシン/レボフロキサシン/スパルフロキサシン/クロラムフェニコール/クロルプロマジン/テラマイシン/テラマイシン眼軟膏/テトラサイクリン/ミノサイクリン/ジルチアゼム/アムロジピン/アテノロール/フロセミド/ウルソジオール/テルブタリン/シクロフォスファミド/シプロヘプタジン/セレギリン/ヒドロキシジン/ジゴキシン/ロペラミド/フェノキシベンザミン/メトトレキサート/トブラマイシン/ナタマイシン/ラタノプロスト/ピモベンダン/ミルクシスル/グリピジド/セレニア/イリウム/センチネル/スクラルファート/アロプリノール/ニゾラルシャンプー/マラセブシャンプー/コセクインDS/エンジェルアイズ/トロピカミド/ブリンゾラミド/カルバマゼピン/コルヒチン/コソプト/フルルビプロフェン/プロプラノロール/リファンピシン/トラマドール/イミプラミン/クロトリマゾール/セフポドキシム・プロキセチル/バイコックス/バイトリル錠/バイトリル注/バイトリル経口液/ザイマックスイヤープロテクター/トリアムシノロン/ファモチジン/CAN-C/カルベジロール/アセタゾラミド/アザチオプリン/ブスピロン塩酸塩/メラトニン/アダプティルDAP/マイクロラックス/スキンコート/カプトプリル/スピロノラクトン/ビジオティアーズ/ビジオエイド/タクロリムス/トレンタール/トラボプロスト/スキャット/コクシベット/メガバク/クロルヘキシジン/ドキシサイクリン鳥/マイコプラズマ/鳥トリコモナス/鳩ジアルジア/クロルテトラサイクリン/ミツバチ毒(マヌカ蜂蜜)/ゾニサミド/酢酸メゲストロール/エモギイガイ馬用/エモギイガイ犬用/エモギイガイ猫用/デナマリン/ゼントニル/チニダゾール/クレマスチン/テルビナフィン/メドロキシプロゲステロン/リスペリドン/オンダンセトロン/オセルタミビル/イミドカルブ/オキシトシン/フェンベンダゾール/パナクール液/鳥のオウム病/鳥用ドキシサイクリン液/鳩エネルギー/鳩トリコモナス/鳩コクシジウム/鳩駆虫薬/白点病/プロクロルペラジン/ヒドロキシウレア/メチマゾール/グリベンクラミド/ドキセピン/タイロシン/ケトプロフェン/マルボフロキサシン/カーダリス/トリロスタン/コンベニア/パーコーテンV/チアンフェニコール/ミルプラゾン犬用/ミルプラゾン猫用/ノロジン/キシラジン/エクゼマチン/エプリノメクチン/ネクトンS/ネクトンE/コクシジウム/メトロニダゾール/オキシテトラサイクリン/ネクトンR/エニルコナゾール/ネクトンドッグVM/ネクトンドッグH/クロサゾール/ミルプロ犬用/ミルプロ猫用/ベタハート/セラフォーテ/ブラベクト錠犬用/ブラベクトスポット犬用/ブラベクトスポット猫用/ブラベクトプラススポット猫用/カルプロフェン/イミダプリル塩酸塩/チルミコシン/リンコマイシン/チアムリン/デキサメタゾン注/アリジン/フロルフェニコール/フロルフェニコール注/レバミゾール/ドラメクチン注/ケプロメック/センスルファトリム/プロカイン・ジヒドロストレプトマイシン注/ペニシリン注/クリンダマイシン経口液/リンコマイシン・スペクチノマイシン/オキシテトラサイクリン注/メデトミジン/アリジン/クイックストップ/パラディア/ゴナトロピン/トリパノセン注/

/