すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

セレブレックス(COX-2阻害剤)成分セレコキシブ

関節炎・リューマチ・癌治療

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。



コビックス
コビックス200(セレブレックスのジェネリック)
成分:1P中セレコキシブ200mg
ジェネリックメーカー:Cipla社


セレブレックス
セレブレックス
成分:1P中セレコキシブ200mg
メーカー: Pfizer
 コキベスト
コビックス200(セレブレックスのジェネリック)
成分:1P中セレコキシブ200mg
メーカー:SAVA Health
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
 価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
200mg
100カプセル(1箱):5,000円
200カプセル(2箱):9,800円
300カプセル(3箱):14,400円
400カプセル(4箱):18,800円
500カプセル(5箱):23,000円
200mg
30カプセル(1箱):5,000円
60カプセル(2箱):9,800円
90カプセル(3箱):14,400円
120カプセル(4箱):18,800円
150カプセル(5箱):23,000円
200mg
30カプセル(1箱):3,000円
60カプセル(2箱):5,800円
90カプセル(3箱):8,400円
120カプセル(4箱):10,800円
150カプセル(5箱):13,000円
 

セレブレックス英文訳

ジェネリック名: セレコキシブ
ブランド名: セレブレックス


<セレブレックスとはどのようなものか>
セレブレックス(セレコキシブ)は非ステロイド性の消炎・鎮痛剤(NSAID)の一種です。体内の炎症や痛みを引き起こすホルモンを減少させることではたらきます。
セレブレックスは関節炎、強直性脊椎炎、月経の痛みなどのさまざまな状況により起こる痛みや炎症に対処するために用いられます。また、大腸における遺伝的ポリープの治療においても使われます。
このガイドにのっていない目的で使われることもあります。

<重要な情報>
セレブレックスは長期間使用するような場合は、心臓発作や脳卒中のような致命的な心臓・循環系の問題を引き起こす可能性があります。心臓バイパス手術(冠状動脈バイパス移植またはCABG)の前後にはセレブレックスを使用しないでください。
胸の痛み、虚弱、息切れ、言語や視力、バランスに関わる問題が生じた場合はすぐに医師の診断を受けてください。

セレブレックスは胃または腸(出血や穿孔を含む)に深刻な影響を及ぼす可能性があります。これらの症状はセレブレックスを使用している間、特にお年寄りにおいて前触れなしに起こる可能性があります。

黒血や多量の出血、血を吐くなどの胃からの出血を起こした場合はすぐに医師の診断を受けてください。

セレブレックスの服用中はアルコールを飲まないようにしてください。胃からの出血の危険が高まってしまう可能性があるからです。風邪薬やアレルギー、痛み止めなどを使用している場合は、セレブレックスの使用前に医師に相談してください。
セレコキシブに類似した薬は、多くのものがあります。薬がアスピリン、イブプロフェン、ケトプロフェン、ナプロキセンなどのNSAID(非ステロイド性の抗炎症剤)を含むかどうか製品ラベルをチェックしてください。


<服用前に>
心臓バイパス手術(冠状動脈バイパス移植またはCABG)の前後にはセレブレックスを使用しないでください。長期間使う場合、心臓発作または脳卒中のような致命的な心臓または循環器系の問題を引き起こすことがあります。

この薬は胃または腸(出血や穿孔を含む)に深刻な影響を及ぼす可能性があります。これらの症状はセレブレックスを使用している間、特にお年寄りにおいて前触れなしに起こる可能性があります。
セレコキシブに対するアレルギーがある場合、またはアスピリン、サルファ薬または他のNSAIDに対するアレルギー反応が出たことがある場合、セレブレックスは使用すべきではありません。

セレブレックスを安全に使用していただくため、以下のような症状が出た場合は医師に相談してください。
心臓発作、脳卒中または血液凝血の経験
心臓病、鬱血性心不全、高血圧
胃潰瘍または胃から出血の経験
肝臓または腎臓病
癲癇のような発作疾患
喘息
鼻のポリープ
出血または血液凝固障害。

FDAの妊娠カテゴリーはDです。妊娠の最後の3か月間にセレブレックスを使うと胎児に影響を与えるかもしれません。セレブレックスを使用している間にあなたが妊娠するか、あるいはその予定がある場合、医師に話してください。セレコキシブは母乳に移って、赤ちゃんに影響を及ぼすかもしれません。あなたが赤ちゃんを母乳で育てているならば、医師への相談なしにセレブレックスを使用しないでください。また、この薬は医師への相談なしに2才以下の子どもに使用しないでください。

<どのようにセレブレックスを使うのか>
セレブレックスは医師の指示通りに使用してください。使用量、使用期間をしっかりと守ってください。また、製品ラベルに書かれている指示に従ってください。胃への負担を軽くするために、食べ物やミルクといっしょに飲むようにしてください。

セレブレックスカプセルは開けることもできます。飲むやすくするため、1さじのアップルソースと薬を飲むようにしても構いません。噛みくだくことなくすぐに飲みこんでください。空のカプセルは捨ててください。すぐにそういった状態にした薬を飲まないならば冷蔵庫に入れ、6時間以内に飲むようにしてください。

セレブレックスの使用が長期間になった場合は、血液検査を頻繁に行う必要があります。医師のもとに定期的に訪れるようにしてください。
この薬は室温に置き、湿気や熱から遠ざけて保管してください。

<服用時間を忘れた場合はどうすべきか>
セレブレックスは必要に応じて使用されるもので、使用予定をしっかりとしなくても構いません。もし、定期的にこの薬を飲んでいるならば、思い出したときにすぐにその忘れた回の分を飲んでください。思い出した時間が次の定期使用スケジュールの時間に近かった場合は、忘れた回の分はとばして、次の定期使用回へとすすんでください。忘れた回の分まで余計に飲むようなことはしないでください。

<過剰に服用してしまった場合は>
緊急に医学的措置をとるようにするか、毒物ヘルプセンターなどに問い合わせてください。過剰使用における症状としては、吐き気、嘔吐、胃痛、うとうとした状態、黒あるいは血便、血を吐く、浅呼吸、虚弱、昏睡などが考えられます。

<すべきことではないこと>
飲酒です。胃からの出血のリスクが高まります。他のNSAID、例えばイブプロフェン(モトリン、アドヴィル)、ナプロキセン(アリーブ、ナプロシン、ナプレラン、トリキシメット)、ジクロフェナク(アルスロテック、カンビア、カタフラム、ボルタレン、フレクターパッチ、ペンセド、ソーラーイーズ)、ジフルニサル(ドロビド)、エトドラク(ロジン)、フルルビプロフェン(アンセド)、インドメタシン(インドシン)、ケトプロフェン(オルディス)、ケトロラク(トラドール)、メフェナム酸(ポンステル)、メロキシカム(モビック)、ナブメトン(リラフェン)またはピロキシカム(フェルディン)と共にセレブレックスを使用することは避けてください。

他の風邪薬やアレルギー、痛み止めなどを使用する場合は、使用前に医師や薬剤師に話してください。セレコキシブに似た薬は多くのコンビネーション薬が含まれます。一緒に特定の薬を使用する場合には、その薬にアスピリン、イブプロフェン、ケトプロフェン、ナプロキセンなどのNSAID(非ステロイド性抗炎症剤)を含むかどうかのチェックが必要です。

直射日光や日の当たるところには置かないでください。セレブレックスの使用により、日焼けしやすくなります。屋外に出るときには服に気を付け、日焼け止め(SPF 30以上)なども使用してください。

<セレブレックスの副作用>
セレブレックスに対するアレルギー反応の徴候のいずれかが出た場合は、緊急に医学的対応をしてください。徴候には次のようなものがあります。
じんましん、呼吸困難、顔・唇・舌またはのどの腫れ。
以下のような深刻な副作用が見られた場合はセレブレックスの使用を止めて、すぐに医師の診察を受けてください。
胸の痛み、虚弱、息切れ、言語・視界・バランスへの障害
黒い便あるいは血の混じった便
コーヒー色のような血を吐く
膨張または急激な体重増加
排尿の減少あるいはまったく排尿しない
吐き気、胃の上部の痛み、うずうずする、食欲不振、暗尿、粘土色の便、黄疸
(皮膚または目の黄変)
皮膚の発疹、挫傷、激しいうずき、麻痺、痛み、筋力低下
深刻な皮膚への反応−熱、のどの痛み、顔または舌の膨張、目の腫れ、特に顔や上半身の肌の赤みや腫れに続いての皮膚の痛み、皮膚の発疹や水ぶくれ

重篤さは弱まりますが、次のような副作用もあります。
胃の調子の悪さ、下痢、膨張、ガス
めまい、神経過敏、頭痛
流れやすいあるいは詰まった鼻、のどの痛み
軽い皮膚発疹。
これは副作用の完全なリストではなく、他の症状も起こる可能性があります。
副作用については医師に相談してください。また、副作用の内容をFDAに届けていただくと助かります。

<セレブレックスの使用に関する情報>
鎮痛剤としての成人の通常使用量: 初めは400mgで初日に必要に応じてさらに200mgを使用します。その後は必要に応じて1日2回200mgを使用します。
月経トラブルに対する成人の通常使用量: 初めは400mgで初日に必要に応じてさらに200mgを使用します。その後は必要に応じて1日2回200mgを使用します。

骨関節炎のための成人の通常使用量: 
経口で1日1回200mgまたは経口で1日2回100mg。

慢性関節リウマチのための成人の通常使用量: 
経口で1日2回100〜200mg。

家族性大腸ポリープ症のための成人の通常使用量: 
食物といっしょに経口で1日2回400mg。

強直性脊椎炎のための成人の通常使用量:
経口で1日1回200mgまたは経口で1日2回100mg。6週間経っても治療の効果が見られない場合は、400mgを経口で毎日服用して見ると効果が見られる場合があります。もし、6週後に何の反応も見られないならば、他の治療の選択肢について考えなくてはなりません。

若年性慢性関節リウマチのための小児の通常使用量:
2才以上: 10−25kg以下の体重の場合は経口で1日2回50mg
25kgを超える場合は経口で1日2回100mg

<セレブレックスに影響する他の薬は?>
シタロプラム(セレキサ)、エスシタロプラム(レクサプロ)、フルオキセチン(プロザック、サラフェン、シンブヤックス)、フルボキサミン(ルボックス)、パロキセチン(パキシル)またはセルトラリン(ゾロフト)などの抗うつ薬を使う前には医師に尋ねてください。これらの薬はNSAIDとともに用いると出血などが起こりやすくなります。

あなたが使用する他の薬については医師に告げてください。特に次のような薬の場合は医師への相談が必要です。

ワルファリン(クマジン、ジャントベン)のような血液の抗凝固剤
例えばフロセミド(ラシックス)のような利尿剤
フルコナゾール(ジフルカン)
リチウム(エスカリス、リソビド)
カンデサルタン(アタカンド)、エプロサルタン(テベテン)、イルベサルタン(アバプロ、アバリド)、ロサルタン(コザール、ハイザール)、バルサルタン(ジオバン)、テルミサルタン(ミカルディス)、オルメサルタン(ベニカール)などの心臓または血圧に関する薬
ベナゼプリル(ロテンシン)、エナラプリル(バソテック)、リシノプリル(プリニビル、ゼストリル)、キナプリル(アキュプリル)、ラミプリル(アルテース)、その他のACE阻害薬。

このリストは完全ではなく、他の薬もセレブレックスと相互作用を起こす可能性があります。あなたが使っている薬に関して医師にすべて告げてください。処方薬や店頭での薬、そしてビタミン、ハーブ製品を含みます。医師への相談なしに新しい薬の使用をしないでください。


セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブは1988年にFDAによる承認を受けたもので、アメリカ国内で2900万人以上もの人々が処方をされてきました。1日1つのセレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブで関節炎の痛み、膨張、堅さをやわらげ、24時間まで効果を表します。

<セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブとは?>
セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブは以下のための処方薬です。
骨関節炎(OA)による関節の痛み、膨張、および堅さ。OAは骨や間接の消耗によって引き起こされた一種の関節炎です。成人リューマチ関節炎(RA)による関節の痛み、膨張、および堅さ。RAは炎症や間接ダメージの進行を始めて、健康な間接組織を攻撃する自己免疫疾患です。大人に起きる激痛(緊張や捻挫の痛みのように)、あるいは外科治療の後の痛みの管理。原発性月経困難症の治療(苦痛な生理痛)。主として背骨に影響する強直性脊椎炎の兆候の緩和、関節炎の苦痛の緩和。通常、強直性脊椎炎は若者を襲います。それは肩、ひざ、ヒップ、あばら骨、および足に炎症、痛み、および堅さを引き起こすのです。

<セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブはどのような違いを持っているか?>
セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブは、体内のある酵素を対象とすることによって関節炎痛みを緩和するために働きます。酵素は体内の他の物質における化学変化を引き起こすタンパク質です。セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブが対象とする酵素はCOX-2と呼ばれています。COX-2酵素は痛みや炎症を引き起こす際に重要な役割を果たします。また、体はCOX-1と呼ばれる酵素も作ります。この酵素は、胃を保護するのを助けます。ほとんどの痛み止めが、COX-1とCOX-2の両方の作用を妨げることによって、働いています。定められた投与量を取ると、COX-1ではなくCOX-2酵素を対象とするところがセレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブの違いです。この理由で、医師はセレブレックスCOX-2阻害剤:成分セコキシブはCOX-2酵素の抑制物質と述べています。

<セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブに見られる副作用は?>
すべての薬には、副作用がありえます。セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブは通常よく許容されますが、臨床実験中に消化不良、下痢、腹痛などいくつかの一般的な副作用が報告されました。研究では、副作用のためセレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブを取るのを止めた患者の割合は、偽薬(砂糖錠剤)を取って、副作用のために止められた患者の割合と同様でした。

<他の副作用はありえるか?>
セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブは致命的となりうる心臓発作などの重大な心臓疾患の可能性を増加させるかもしれません。また、出血などの深刻な皮膚反応や胃の問題が、いきなり起こり、致命的になる可能性もあります。普段どおり、患者は、これらの危険を理解するために医師と自分の個々のヘルス・ヒストリーについてよく話あっておくべきです。関節炎の治療法はありませんが、セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブでその兆候を扱うことはできます。骨関節炎や成人リウマチ様関節炎の痛み、膨張、および堅さから24時間緩和されるでしょう。どんな薬もすべての人々のためにすべての兆候を取り除くことができるというわけではないのを知るのは重要です。各人は薬物療法に対し異なった反応を示すのです。

<セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブは関節炎を治すか?>
関節炎には治療法はありません。しかし、セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブにより骨関節炎、成人リウマチ様関節炎、および強直性脊椎炎の痛み、炎症、および堅さを緩和させることはできます。どんな薬でもそうですが、すべての人々がセレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブを取って同じ結果が出るというわけではありません。最善の結果を得るためには、まず医師の指示に必ず従ってください。そして、セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブが効いているかどうかを医師に知らせてください。

(良い結果を得るために)
良い結果を得るために重要なことの一つとして、処方薬を働かせる時間を持つことです。あなたの医師に、どのくらいの時間で痛みの緩和がなされるかを伝えてください。また、痛みや堅さのレベルを記録しておき、それを医師に見せるのもよいでしょう。食事に気を配り、適度な運動を取り入れることも大切です。医師と相談し、運動プランを考えてみて下さい。最善の結果を得るために、医師の指示に従い、あなたの痛みに対してセレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブがどのように効いているかを知らせてください。

さらなる詳しい情報は、処方された説明をよく読んで下さい。

セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブはあなたの医師があなたへの対応の必要性に合うようにカスタマイズするのを助けます。ほとんどの人々にとって、セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブは一日中あなたの関節炎の痛みを緩和し、激痛から救ってくれます。関節炎の痛み、炎症、およびの一部の部分の堅さを対象としています。セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブには100mgと200mgのカプセルがあります。また、400mgのカプセルもあります。あなたの医師はあなたの痛みに対して適切な投与量をアドバイスしてくれるでしょう。正しい投与量を守ることが大切です。セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブを定期的に取ることは、あなたの関節炎の痛みにより効果的に働くのを助けるでしょう。

<セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブはいつ取るべきか?>
セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブは1日いつでも、食物のあるなしにかかわらず取ることができます。
毎日決まった時間に取ると、間違えずにきちんととれるでしょう。決して投与量を間違えないで下さい。一度に多くの薬をとることは、健康への危険があることがあります。そういった場合は、次回の摂取時間まで待つことが重要です。何か疑問点がある場合は、医師に相談して下さい。摂取時間やどのようにとるかなどは、医師や薬剤師と相談の上決めることが重要です。

セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブは関節炎の痛み、炎症、および堅さに苦しむ成人のためのものです。また、激痛を緩和してくれます。激痛の例としては、緊張や捻挫からくる痛みや外科処置の後の痛みなどがあります。セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブは、苦痛な生理痛を救うためにも処方されます。

<今、妊娠しているという方へ>
セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブの研究は妊娠している女性を対象には行われていません。あなたやあなたの医師が、潜在的利益が胎児への潜在的危険人物を上回ると考えた場合にだけ、使用されるべきです。妊娠三ヵ月間に入った女性はセレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブは取るべきではありません。セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブの妊娠している女性への効果は知られていません。
授乳期にある女性は母乳の中にセレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブが伝わるので、セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブをとってはいけません。これはある対象によるデータで、母乳の中にセレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブが入ったことが知られています。いろいろな薬が母乳に伝わることが知られていますので、セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブをとっているかいないかに関わらず、気をつけなくてはなりません。

<セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブをとってはいけない人は?>
以下の場合は、セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブをとらないで下さい。
セレブレックスCOX-2阻害剤:成分セレコキシブの活性成分であるcelecoxibにアレルギーのある方。
サルフォンアミドとよばれるある薬に対してアレルギーのある方。
アスピリンや他のNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)を取った後に、アレルギー反応や喘息、蕁麻疹にかかったことがある方。
妊娠期後半の方。
授乳期にある方。
冠動脈バイパス移植(CABG)と呼ばれるある種類の心臓外科手術を最近行った方。

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。