すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

ブスピロン(バスパー)

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。

ブスピロン5mg
メーカー:Intas Pharma
ブスピロン10mg
メーカー:Intas Pharma
 格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
5mg
100錠:3,000円
200錠:5,600円(100錠当たり2,800円)
300錠:7,800円(100錠当たり2,600円)
400錠:9,600円(100錠当たり2,400円)
500錠:11,000円(100錠当たり2,200円)
10mg
100錠:3,400円
200錠:6,400円(100錠当たり3,200円)
300錠:9,000円(100錠当たり3,000円)
400錠:11,200円(100錠当たり2,800円)
500錠:13,000円(100錠当たり2,600円)

ブスピロンはプロザックレクサプロゾロフトルボックスパキシルセレクサと並んでよく処方される抗うつ剤です。

ブスピロン

原文の日本語訳

ジェネリック名: ブスピロン
ブランド名:バスパー、バスパーディビドーズ、バンスパー

<ブスピロンとはどのようなものか>
ブスピロンは、不安障害などに悩む人々の脳内の化学物質に影響する抗鬱薬です。

ブスピロンは、不安(例えば恐れ、緊張、短気、めまい、心拍への影響、その他の身体的影響など)の兆しを扱うのに用いられます。

ブスピロンは抗精神病性薬でありません。あなたの医者により精神病に対して処方される薬の代わりに使用してはいけません。

<重要な情報>
過去14日間にMAO阻害薬を飲んだならば、ブスピロンを使わないでください。
危険な相互作用が起こることが確認されています。MAO阻害薬は、イソカルボキサジド、リネゾリド、メチレンブルー注入薬、フェネルジン、ラサギリン、セレジリン、トラニルシプロミンを含みます。

<この薬を使用する前に>
この薬に対するアレルギーがあるならば、あなたはブスピロンを使うべきでありません。
あなたが過去14日でMAO阻害薬を飲んだならば、ブスピロンを使わないでください。
危険な薬物相互作用が起こることができました。
MAO阻害薬は、イソカルボキサジド、リネゾリド、メチレンブルー注射、フェネルジン、ラサギリン、セレジリンとトラニルシプロミンを含みます。

この薬があなたにとって安全なことを確認し、あなたが以下の症状のいずれかがあるかどうか、あなたの医者に話すことが必要です:
・腎臓病
・肝臓病
ブスピロンは、胎児に害を与えることは想定されていません。妊娠しているか、妊娠の予定がある場合は医師に話してください。ブスピロンが母乳に移行するかどうかは、または赤ちゃんに影響を与えるかどうかはわかっていません。育児中の場合は医師に話してください。ブスピロンは、18才以下の若者に対しては使用は承認されていません。

<どのようにブスピロンは使用すべきか>
あなたに処方されたように正確にブスピロンを飲んでください。あなたの処方ラベルにおけるすべての指示に従ってください。あなたの医者は、あなたが最善の結果を得るために、あなたの服用法を時折変えるかもしれません。指定された量よりも多く、あるいは少なく、あるいは長い期間この薬を飲まないでください。
ブスピロンは食物とともにでも、なしにでも飲むことができます。ただし、毎回同じような方法でとるようにしてください。

ブスピロン・タブレットは少量での使用の場合は2つか3つに分けて割っての使用ができるものです。しかし、割る時に大きすぎたり小さすぎたりしてうまく分けることができなかったようなタブレットは使用しないでください。タブレットの使用量については医師に確認してください。

ほかの抗うつ薬からブスピロンに変える場合、突然前の薬を止めるよりもだんだんと使用量を減らすようにしていくといいです。いくつかの抗うつ薬は長期間使用してきた場合は突然やめてしまうと禁断症状が出やすいものもあるからです。
この薬は、特定の医学的試験において偽陽性結果を引き起こすことがありました。あなたはこれを試す前に少なくとも48時間は薬を使用を止める必要があるかもしれません。あなたがブスピロンを使っていることを、あなたがかかるどの医師にも言ってください。
保管は室温で湿気、熱、光を避けるようにしてください。

<もし服用の回を忘れてしまったときには?>
思い出したときにすぐに使用してください。次の予定使用回が近かった場合は、その使用回をとばしてください。余分な量は使用しないでください。

<使用量を過剰にしてしまった場合>
緊急病院などに連絡をとってください。

<何をすることを気を付けなければならないか>
この薬は、あなたの考える力または反応の力を損なうことがあります。あなたが運転する場合、あるいは集中を要求することを行う場合は十分に気を付けてください。アルコールをとるとブスピロンの副作用が起こりやすくなる可能性があります。グレープフルーツとグレープフルーツ・ジュースは、ブスピロンと相互作用、あるいは何らかの副作用を起こす可能性があります。グレープフルーツ製品の使用についてはあなたの医者と相談してください。

<ブスピロンの副作用>
ブスピロンの使用で、アレルギーの症状などがあらわれた場合は、すぐに専門の医師に診てもらってください。じんましん、呼吸困難、顔・・舌またはのどの腫脹などが起こった場合は注意です。もし、以下のようなことが起こった場合、すぐに医師に連絡してください。
・胸の痛み、息切れ、もうろうとした感覚
ブスピロンの一般的な副作用としては次のようなものがあります。
・頭痛
・めまい、うとうとした状態
・睡眠障害(不眠症)
・吐き気、胃の不快
・神経質、興奮
これらは起こりうる副作用のうちいくつかのみです。副作用に関してさらに詳しいことを知りたいときには医師に説明をうけてください。

<服用に関する情報>
成人のうつに対しての服用
初回量:7.5mgを経口で1日につき2回または5mgを1日につき3回。
その後の維持量:一日量は、2〜3日おきに5mgまで増加ができます。服用量を分けて20〜60mgまで増やせます。最大量は1日60rです。

小児のうつに対しての服用
6−18歳:
初回量:1日につき2.5〜10mg
その後の維持量:一日量は、2〜3日おきに2.5mgまで増加ができます。服用量を2回に分けて15〜60mgまで増やせます。

26人をサンプルとした研究…不安障害・中程度の重攻撃性に対して:
5〜15歳…1日5r、5〜10mgまでの量を3日ごとに用量設定してください。1日の最大使用量は50rです。

22人をサンプルとした研究…広汎性発達障害の子供たちの不安/いらだちに対して:
6〜17歳…1日3回5r、3週間以内での1日あたり45rを最大量とします。

<ブスピロンに影響する他の薬>
この薬は他の眠気を起こす薬や呼吸をゆっくりとさせる薬と用いた場合、悪い影響が出ることがあります。
睡眠薬、麻酔薬痛み止め、筋肉弛緩させるためのものまたは不安、鬱、発作の薬と一緒にブスピロンを使用するときには事前に医師に相談してください。
他の薬は、処方薬、一般用医薬品、ビタミン、ハーブ製品を含んでブスピロンと相互作用するかもしれません。あなたが現在使っているすべての薬、あなたが使い始めようとしている薬、あなたが使うのを止めた薬などの情報をまとめて専門家に相談してください。


海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。