すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

ヒドロキシジン(アタラックス)

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。


アタラックス
成分ヒドロキシジン10mg/25mg
メーカー:UCB
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
10mg
90錠:2,000円
180錠:3,800円
270錠:5,400円
360錠:6,800円
450錠:8,000円
25mg
90錠:2,500円
180錠:4,800円
270錠:6,900円
360錠:8,800円
450錠:10,500円

本来人間用ですが、多くの国の獣医師が使っていますのですので英語原文を翻訳しました。

ヒドロキシジン(アタラックス、アンキサニル、ビスタリル)

概要:
・ヒスタミンじゃ化学物質であり、炎症やアレルギーに反応して体内に放出されるものです。この化学物質は、ヒスタミンに特定の受容体を探して体内を移動します。受容体と結合すると、ヒスタミンは膨張やかゆみ、その他のアレルギー反応に伴う徴候を起こします。
・ヒスタミンの受容体にはH1とH2の2つの型があります。H1受容体は、小血管、平滑筋に影響します。ヒスタミンがH1受容体に結合すると、小血管は広がり、液体が漏れ出します。この結果として、膨張やかゆみが組織で起こるのです。さらに、平滑筋は収縮し、呼吸が困難になる結果となります。H2受容体は心拍や胃酸の分泌に影響します。ヒスタミンがH2受容体に結合すると、心拍は増加し、胃酸分泌は増加します。そして、潰瘍の発達の危険に結びつくのです。
・ヒスタミンの影響を阻害する薬は抗ヒスタミン剤と呼ばれています。抗ヒスタミン剤にはいろいろなものがあります。アレルギーに有効なものや胃酸過多を防ぐようなものもあります。
抗ヒスタミン剤の効果は、H1とH2受容体の結合に依存します。この2つのタイプの受容体に影響する薬はいくつかあります。
・ヒドロキシジンは抗ヒスタミンの1つのタイプであり、ヒスタミンの作用を阻害します。特に、H1受容体に影響をします。この結果として、かゆみや膨張の減少や予防となります。ヒドロキシジンは心拍や胃酸分泌にはほとんど影響は及ぼしません。
・ヒドロキシジンは処方薬であり、獣医師の処方によってのみ手に入るものです。
この薬は食品医薬品局による動物への使用の認可はありませんが、獣医師の処方による使用は合法的なものです。

ブランド名・その他の名称:
・この薬は人間の使用のみに登録があります。
・人間用としては、アタラックス(ローリッグ)、アンキサニル(エコノメッド)、ビスタリル(ファイザー)、その他、様々なジェネリックがあります。
・動物用のものはありません。

ヒドロキシジンの使用:
・ヒドロキシジンは主にアレルギーの徴候、かゆみ、皮膚炎の治療に使用します。アトピーの治療にも一般的には使用されています。

注意事項と副作用:
・獣医師による処方に従って使用していれば、通常、安全で効果的なものです。しかし、動物の中には副作用をおこすものもいます。
・ヒドロキシジンはこの薬に、過敏やアレルギーのある動物には使用しないで下さい。
・緑内障、肺病、心臓病、高血圧、前立腺肥大のある動物にはヒドロキシジンは使用しないで下さい。
・ヒドロキシジンは他の薬と相互作用を起こす可能性があります。そのような薬を使用している場合は、ヒドロキシジンの使用前に獣医師に相談して下さい。精神安定剤のバービチュレートやトランキライザー、エピネフリンなどがこれにあたります。
・最もよく見られる副作用としては、鎮静作用、無気力、吐き気、下痢、食欲不振などです。

ヒドロキシジンにはどのようなものがあるか:
・ヒドロキシジンは、10mg、25mgの錠剤があります。

薬を使用する際の情報:
・薬は獣医師への相談なしには使用しないで下さい。
・ヒドロキシジンは犬では体重1kgあたり2mgを使用します。1日につき2〜3回を使用します。
・猫では、体重1kgあたり1〜2mg、あるいは猫1匹につき5〜10mgを8〜12時間ごとに使用します。
・治療に要する期間は症状によって様々です。しかし、獣医師により処方された量はしっかりと守り、最後まで使い切って下さい。動物に改善がみられたとしても、再発の危険がありますので、決められた量を守ることが重要です。

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。

/アトピカ/ドロンタールプラス/ドロンタール幼犬/ドロンタール猫用/ハートガードプラス/ネクスガードスペクトラ/インターセプター/プロハート/アドバンティックス/アドボケート犬用/アドボケート猫用/フロントラインプラス/レボリューション/ストロングホールド/マバコキシブ/サーチフェクト/コンフォティスプラス/フロントラインスプレー/リマダイル/プレビコックス/メロキシカム/ピロキシカム/レボチロキシン/エピオティック/エピスムース/フラジール/オプティミューン/メベンダゾール/アルベンダゾール/スルファサラジン/イベルメクチン/アイボメック注/ゾビラックス/ゾビラックス眼軟膏/エリスロマイシン/クラリスロマイシン/セファレキシン/ST合剤/デキサメタゾン/プレドニゾロン/メチルプレドニゾロン/ケトコナゾール/エナラプリル(エナカルド錠)/酢酸フルドロコルチゾン/グリセオフルビン/アジスロマイシン/アモキシシリン/アモキシシリン注/アミトラズ/アンピシリン/イトラコナゾール/クリンダマイシン/フルコナゾール/フルオキセチン/ベナゼプリル/ベタネコール/カルシトリオール(ビタミンD)/クロミプラミン/オメプラゾール/ラニチジン/メトクロプラミド/テオフィリン/ドキシサイクリン/クラバセプチン/セフィキシム/セファドロキシル/ナプロキセン/ワーファリン/メトカルバモール/シプロフロキサシン/レボフロキサシン/スパルフロキサシン/クロラムフェニコール/クロルプロマジン/テラマイシン/テラマイシン眼軟膏/テトラサイクリン/ミノサイクリン/ジルチアゼム/アムロジピン/アテノロール/フロセミド/ウルソジオール/テルブタリン/シクロフォスファミド/シプロヘプタジン/セレギリン/ヒドロキシジン/ジゴキシン/ロペラミド/フェノキシベンザミン/メトトレキサート/トブラマイシン/ナタマイシン/ラタノプロスト/ピモベンダン/ミルクシスル/グリピジド/セレニア/イリウム/センチネル/スクラルファート/アロプリノール/ニゾラルシャンプー/マラセブシャンプー/コセクインDS/エンジェルアイズ/トロピカミド/ブリンゾラミド/カルバマゼピン/コルヒチン/コソプト/フルルビプロフェン/プロプラノロール/リファンピシン/トラマドール/イミプラミン/クロトリマゾール/セフポドキシム・プロキセチル/バイコックス/バイトリル錠/バイトリル注/バイトリル経口液/ザイマックスイヤープロテクター/トリアムシノロン/ファモチジン/CAN-C/カルベジロール/アセタゾラミド/アザチオプリン/ブスピロン塩酸塩/メラトニン/アダプティルDAP/マイクロラックス/スキンコート/カプトプリル/スピロノラクトン/ビジオティアーズ/ビジオエイド/タクロリムス/トレンタール/トラボプロスト/スキャット/コクシベット/メガバク/クロルヘキシジン/ドキシサイクリン鳥/マイコプラズマ/鳥トリコモナス/鳩ジアルジア/クロルテトラサイクリン/ミツバチ毒(マヌカ蜂蜜)/ゾニサミド/酢酸メゲストロール/エモギイガイ馬用/エモギイガイ犬用/エモギイガイ猫用/デナマリン/ゼントニル/チニダゾール/クレマスチン/テルビナフィン/メドロキシプロゲステロン/リスペリドン/オンダンセトロン/オセルタミビル/イミドカルブ/オキシトシン/フェンベンダゾール/パナクール液/鳥のオウム病/鳥用ドキシサイクリン液/鳩エネルギー/鳩トリコモナス/鳩コクシジウム/鳩駆虫薬/白点病/プロクロルペラジン/ヒドロキシウレア/メチマゾール/グリベンクラミド/ドキセピン/タイロシン/ケトプロフェン/マルボフロキサシン/カーダリス/トリロスタン/コンベニア/パーコーテンV/チアンフェニコール/ミルプラゾン犬用/ミルプラゾン猫用/ノロジン/キシラジン/エクゼマチン/エプリノメクチン/ネクトンS/ネクトンE/コクシジウム/メトロニダゾール/オキシテトラサイクリン/ネクトンR/エニルコナゾール/ネクトンドッグVM/ネクトンドッグH/クロサゾール/ミルプロ犬用/ミルプロ猫用/ベタハート/セラフォーテ/ブラベクト錠犬用/ブラベクトスポット犬用/ブラベクトスポット猫用/ブラベクトプラススポット猫用/カルプロフェン/イミダプリル塩酸塩/チルミコシン/リンコマイシン/チアムリン/デキサメタゾン注/アリジン/フロルフェニコール/フロルフェニコール注/レバミゾール/ドラメクチン注/ケプロメック/センスルファトリム/プロカイン・ジヒドロストレプトマイシン注/ペニシリン注/クリンダマイシン経口液/リンコマイシン・スペクチノマイシン/オキシテトラサイクリン注/メデトミジン/アリジン/クイックストップ/パラディア/ゴナトロピン/トリパノセン注/