すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

アモディップ(アムロジピン)

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。

アムロジピン
アモディップ100錠
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
100錠:15,000円

アモディップ1.25mgアムロジピン1箱/チュアブル錠100錠

定性的および定量的構成:
各タブレットには有効成分アムロジピン1.25mgが含まれています。

形状:
チュアブル錠。 形が長方形で、片側にスコアラインがあり、ベージュからライトブラウンの錠剤です。 タブレットは等しく2つに分けることができます。

臨床の詳細:
対象種は猫になります。

使用の適応症、対象種の指定:
猫の全身性高血圧症の治療

禁忌:
心原性ショックおよび重度の大動脈弁狭窄症の場合には使用しないでください。 重度の肝不全の場合についても使用しないでください。 活性物質またはいずれかの賦形剤に対する既知の過敏症がある場合は使用しないでください。

特別な注意:
甲状腺機能亢進症、慢性腎臓病、糖尿病などの高血圧の主な原因および/または併存疾患を特定して治療する必要があります。 猫では、状況に応じた高血圧(白衣高血圧とも呼ばれます)は、正常血圧の動物が診療所で測定するときの結果として発生します。 ストレスレベルが高い場合、収縮期血圧の測定は高血圧の誤った診断につながる可能性があります。 安定した高血圧は、治療を開始する前に異なる日に収縮期血圧を繰り返し測定することによって確認することをお勧めします。 長期間にわたる製品の継続的な投与は、治療中に定期的に(例えば、6〜8週間ごとに)収縮期血圧の測定を含む処方する獣医によって実行される継続的な利益/リスク評価に従う必要があります。

使用上の注意:
動物で使用するための特別な注意事項:
アムロジピンは肝臓で高度に代謝されるため、肝疾患の患者には特別な注意が必要です。肝疾患のある動物での研究は行われていないため、これらの動物での製品の使用は、主治医によるベネフィットリスク評価に基づく必要があります。アムロジピンの投与は、血清カリウムおよび塩化物レベルの低下をもたらす場合があります。治療中は、これらのレベルを管理することをお勧めします。高血圧と慢性腎臓病(CKD)のある年配の猫も、基礎疾患の結果として低カリウム血症に苦しむ可能性があります。アムロジピンの安全性は、体重2.5kg未満の猫では確立されていません。心不全の猫では安全性はテストされていません。これらの場合の使用は、獣医師によるベネフィットリスク評価に基づく必要があります。チュアブル錠には風味があります。誤って摂取しないように、錠剤は動物の手の届かないところに保管してください。

動物用医薬品を投与する人への特別な注意事項::
この製品は血圧を下げる可能性があります。 子供が誤って摂取するリスクを減らすために、動物に投与する準備ができるまで、錠剤を取り出さないでください。 使用済みのタブレットはブリスターとカートンに戻します。 誤って経口摂取した場合は、医師の診察を受け、ラベルまたは添付文書を医師に提示してください。 アムロジピンに対する過敏症が知られている人は、動物用医薬品との接触を避ける必要があります。 使用後は手を洗ってください。

副作用:
軽度および一過性の嘔吐は、臨床試験では非常に一般的な有害事象でした(13%)。 一般的な有害事象としては、軽度で一過性の消化管障害(食欲不振や下痢など)、倦怠感、脱水症でした。 0.25 mg / kgの用量では、顎下リンパ節のいくらかの拡大を伴う軽度の過形成性歯肉炎が、臨床試験の健康な若い成体猫で非常に一般的に観察され、市販後は高齢猫ではめったに観察されていません。 これにより治療を中止する必要は通常はありません。

妊娠中、授乳中の使用:
げっ歯類での実験室研究では、催奇形性または生殖毒性の証拠は得られていません。 アムロジピンの安全性は、猫の妊娠中または授乳中は確立されていません。 責任ある獣医師によるリスクとベネフィットの評価に従ってのみ使用してください。

他の医薬品との相互作用および他の形態の相互作用:
アムロジピンは血圧を下げる可能性のある他の薬剤と併用すると、低血圧を引き起こす可能性があります。これらの薬剤には、利尿薬、ベータ遮断薬、その他のカルシウムチャネル遮断薬、レニンアンギオテンシンアルドステロン系阻害薬(レニン阻害薬、アンジオテンシンII受容体遮断薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACEI)、アルドステロン拮抗薬)、その他の血管拡張薬、アルファ2アゴニストが含まれます。これらの薬剤とともにアムロジピンを投与する前に血圧を測定し、猫が十分に水分補給されていることを確認することをお勧めします。しかし、猫の高血圧の臨床例では、アムロジピンとACEIベナゼプリルを組み合わせた結果として低血圧が発生したという証拠は観察されませんでした。アムロジピンと陰性変力薬および変力薬(ベータ遮断薬、心臓選択的カルシウムチャネル遮断薬、抗真菌薬アゾール(イトラコナゾール)など)を併用すると、心筋の収縮力と収縮率が低下する可能性があります。これらの薬剤とアムロジピンを投与する前には特に注意を払う必要があります。アムロジピンと抗真菌剤のドラセトロンおよびオンダンセトロンの併用の安全性は、猫では評価されていません。

投薬と管理:
アムロジピン錠は、0.125〜0.25mg /kg/日の推奨開始用量で経口投与する必要があります。 治療の14日後、適切な臨床反応が達成されない場合(例えば、収縮期血圧が150 mmHg以上である、または以前との比較で15%未満の減少)、用量はその後2倍または最大0.5 mg/kgまで1日1回増加することが可能です。

猫の体重(kg) 開始量(錠剤の数)
2.5〜5.0kg 0.5錠
5.1〜10.0kg 1錠
10.1kg以上 2錠

錠剤は動物に直接与えることも、少量の餌と一緒に投与することもできます。

過剰摂取(症状、緊急時の手順、解毒剤):
偶発的な過剰摂取の場合、可逆性低血圧が発生する可能性があります。 治療は対症療法です。 健康な若い成猫に0.75mg/kgと1.25mg/kgを1日1回6ヶ月間投与した後、過形成性歯肉炎、下顎リンパ節の反応性リンパ過形成、ライディッヒ細胞の空胞化、過形成の増加が見られました。 同じ用量レベルで、血漿カリウムおよび塩化物レベルは減少し、尿比重の減少に関連する尿量の増加が観察されました。 これらの影響は、短期間の偶発的な過剰摂取を伴う臨床条件下では観察されそうにありません。 健康な猫(n = 4)を対象とした2週間の小規模な耐性試験では、1.75 mg / kg〜2.5 mg / kgの用量が投与され、死亡(n = 1)と重度の罹患(n = 1)が発生しました。

撤退期間 なし

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。

/アトピカ/ドロンタールプラス/ドロンタール幼犬/ドロンタール猫用/ハートガードプラス/ネクスガードスペクトラ/インターセプター/プロハート/アドバンティックス/アドボケート犬用/アドボケート猫用/フロントラインプラス/レボリューション/ストロングホールド/マバコキシブ/サーチフェクト/コンフォティスプラス/フロントラインスプレー/リマダイル/プレビコックス/メロキシカム/ピロキシカム/レボチロキシン/エピオティック/エピスムース/フラジール/オプティミューン/メベンダゾール/アルベンダゾール/スルファサラジン/イベルメクチン/アイボメック注/ゾビラックス/ゾビラックス眼軟膏/エリスロマイシン/クラリスロマイシン/セファレキシン/ST合剤/デキサメタゾン/プレドニゾロン/メチルプレドニゾロン/ケトコナゾール/エナラプリル(エナカルド錠)/酢酸フルドロコルチゾン/グリセオフルビン/アジスロマイシン/アモキシシリン/アモキシシリン注/アミトラズ/アンピシリン/イトラコナゾール/クリンダマイシン/フルコナゾール/フルオキセチン/ベナゼプリル/ベタネコール/カルシトリオール(ビタミンD)/クロミプラミン/オメプラゾール/ラニチジン/メトクロプラミド/テオフィリン/ドキシサイクリン/クラバセプチン/セフィキシム/セファドロキシル/ナプロキセン/ワーファリン/メトカルバモール/シプロフロキサシン/レボフロキサシン/スパルフロキサシン/クロラムフェニコール/クロルプロマジン/テラマイシン/テラマイシン眼軟膏/テトラサイクリン/ミノサイクリン/ジルチアゼム/アムロジピン/アテノロール/フロセミド/ウルソジオール/テルブタリン/シクロフォスファミド/シプロヘプタジン/セレギリン/ヒドロキシジン/ジゴキシン/ロペラミド/フェノキシベンザミン/メトトレキサート/トブラマイシン/ナタマイシン/ラタノプロスト/ピモベンダン/ミルクシスル/グリピジド/セレニア/イリウム/センチネル/スクラルファート/アロプリノール/ニゾラルシャンプー/マラセブシャンプー/コセクインDS/エンジェルアイズ/トロピカミド/ブリンゾラミド/カルバマゼピン/コルヒチン/コソプト/フルルビプロフェン/プロプラノロール/リファンピシン/トラマドール/イミプラミン/クロトリマゾール/セフポドキシム・プロキセチル/バイコックス/バイトリル錠/バイトリル注/バイトリル経口液/ザイマックスイヤープロテクター/トリアムシノロン/ファモチジン/CAN-C/カルベジロール/アセタゾラミド/アザチオプリン/ブスピロン塩酸塩/メラトニン/アダプティルDAP/マイクロラックス/スキンコート/カプトプリル/スピロノラクトン/ビジオティアーズ/ビジオエイド/タクロリムス/トレンタール/トラボプロスト/スキャット/コクシベット/メガバク/クロルヘキシジン/ドキシサイクリン鳥/マイコプラズマ/鳥トリコモナス/鳩ジアルジア/クロルテトラサイクリン/ミツバチ毒(マヌカ蜂蜜)/ゾニサミド/酢酸メゲストロール/エモギイガイ馬用/エモギイガイ犬用/エモギイガイ猫用/デナマリン/ゼントニル/チニダゾール/クレマスチン/テルビナフィン/メドロキシプロゲステロン/リスペリドン/オンダンセトロン/オセルタミビル/イミドカルブ/オキシトシン/フェンベンダゾール/パナクール液/鳥のオウム病/鳥用ドキシサイクリン液/鳩エネルギー/鳩トリコモナス/鳩コクシジウム/鳩駆虫薬/白点病/プロクロルペラジン/ヒドロキシウレア/メチマゾール/グリベンクラミド/ドキセピン/タイロシン/ケトプロフェン/マルボフロキサシン/カーダリス/トリロスタン/コンベニア/パーコーテンV/チアンフェニコール/ミルプラゾン犬用/ミルプラゾン猫用/ノロジン/キシラジン/エクゼマチン/エプリノメクチン/ネクトンS/ネクトンE/コクシジウム/メトロニダゾール/オキシテトラサイクリン/ネクトンR/エニルコナゾール/ネクトンドッグVM/ネクトンドッグH/クロサゾール/ミルプロ犬用/ミルプロ猫用/ベタハート/セラフォーテ/ブラベクト錠犬用/ブラベクトスポット犬用/ブラベクトスポット猫用/ブラベクトプラススポット猫用/カルプロフェン/イミダプリル塩酸塩/チルミコシン/リンコマイシン/チアムリン/デキサメタゾン注/アリジン/フロルフェニコール/フロルフェニコール注/レバミゾール/ドラメクチン注/ケプロメック/センスルファトリム/プロカイン・ジヒドロストレプトマイシン注/ペニシリン注/クリンダマイシン経口液/リンコマイシン・スペクチノマイシン/オキシテトラサイクリン注/メデトミジン/アリジン/クイックストップ/パラディア/ゴナトロピン/トリパノセン注/