すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

アレグラ(フェキソフェナジン)

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。

アレグラ
アレグラ10錠
1錠中フェキソフェナジン30mg/120mg/180mg
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です。
30mg
1箱(10錠):2,000円
2箱(20錠):3,800円
3箱(30錠):5,400円
4箱(40錠):6,800円
5箱(50錠):8,000円
10箱(100錠):11,000円
120mg
1箱(10錠):2,200円
2箱(20錠):4,100円
3箱(30錠):6,000円
4箱(40錠):7,600円
5箱(50錠):9,000円
10箱(100錠):13000円
180mg
1箱(10錠):2,400円
2箱(20錠):4,600円
3箱(30錠):6,600円
4箱(40錠):8,400円
5箱(50錠):10,000円
10箱(100錠):15,000円

アレグラ英語原文

ジェネリック名: フェキソフェナジン
ブランド名: アレグラ、アレグラODT

アレグラとはどのようなものか:
アレグラ(フェキソフェナジン)は、体内で天然化学ヒスタミンの影響を減らす抗ヒスタミン剤です。ヒスタミンは、くしゃみ、うずうず、涙目、鼻水の徴候を生じることがあります。アレグラは、大人、子供に対して季節性アレルギー(花粉症)の徴候に対処するために使われてきました。また、アレグラは肌のかゆみ、成人や子どもに起こる慢性特発性蕁麻疹に対しても使われてきました。このガイドにはない目的でも使用されることもあります。

重要な情報:
もし、あなたにアレルギーがあったり、薬を使用している場合、あるいは腎臓に病気のある場合には、アレグラを使用する前に医師または薬剤師に尋ねてください。アレグラはフルーツジュース(例えばリンゴ、オレンジまたはグレープフルーツ)と一緒には飲まないでください。
アレグラに影響を及ぼす可能性のある薬があるかもしれません。あなたが使っているすべての薬について医師に話してください。これには処方薬(店頭で買ったもの)、ビタミン、ハーブも含みます。あなたの医師に言うことなく、新薬の使用を始めないでください。
あなたがあまりにたくさんの薬を使っていると思うとき、または、あなたがアレルギー反応の徴候(じんましん、呼吸困難、顔、唇、舌、のどの膨張)があるならば、アレグラを利用するのを止めて、すぐに医師の診断を受けてください。徴候が改善しないような場合、あるいはアレグラを飲むことでさらに悪くなったような場合は医師に告げてください。推奨量以上の使用はしてはいけません。

薬を使用する前に:
あなたが薬に対するアレルギーがある場合、または腎臓病にかかっている場合は、医者または薬剤師にアレグラを使用しても安全かどうかを尋ねてください。
FDA妊娠カテゴリーC: アレグラが胎児に影響を及ぼすかどうかはわかっていません。この薬を使用する予定がある場合、あなたが妊娠しているか、妊娠の予定があるかどうかについては医師に話してください。フェキソフェナジンが母乳に移るかどうか、または、それが赤ちゃんに影響するかどうかについてはわかっていません。あなたが赤ちゃんを母乳で育てているならば、あなたの医師に言うことなくこの薬を使わないでください。アレグラ・タブレットとカプセルは6才以上の子供たちの季節アレルギー症を治療するのに用いられることがあります。アレグラオーラルサスペンション(液状)は2才から11才の子どもにも使うことができます。慢性特発性蕁麻疹を治療するときには、液状のものは2ヵ月の子供にも使われるかもしれません。ただし、医師の診断なしで子供にこの薬を与えないでください。

どのようにアレグラを使用するか?:
ラベルに書かれている指示どおりに、あるいは医師の指示に従ってアレグラを利用してください。推奨された量よりも多く、あるいは少なく、あるいは長期間の使用はしないでください。タブレットはグラスにいっぱいの水と一緒に飲んで、他の液体とは一緒に飲まないでください。液状の経口タイプのものは使用前によく振ってください。使用量が正しいことを確認し、液状タイプは計量スプーンなどできちんと測ってください。もし、計量するものがない場合は薬剤師にどのようにすべきかたずねてください。

経口でタブレット(アレグラODT)を分解しフェキソフェナジンを飲むこと:
・薬は使用するまではタブレットをブリスターパックに入れたままにしてください。パッケージを開けたら、後ろのホイルをタブレットからはいでください。タブレットはホイルに押しつけて出さないでください。タブレットがダメージを受けてしまうことがあります。
・タブレットは乾いた手で扱ってください。口に入れると溶けていきます。タブレットは全体をのみこまないでください。噛むことなくあなたの口で溶けるのを待ってください。
・タブレットが溶解したら数回でのみこんでください。分解されたタブレットをのみこむのを助けるために、液体を飲んでもかまいません。

少なくとも食事の1時間前または食事の2時間後の空腹時にアレグラを飲んでください。アレグラの使用後、徴候が改善されない場合やさらに悪化したような場合は、医師に話してください。アレグラは室温で湿気と熱を避けて保存してください。薬瓶はしっかりと閉じておいてください。

服用の時間を誤った場合(過ごしてしまった場合)どのようにすればいいですか?:
風邪薬やアレルギー薬が必要な場合、この薬の使用スケジュールには入らないでください。定期的に飲んでいた場合は、逃した分の薬は思い出したらすぐに飲んでください。もし、定期的飲んでいた場合の次の服用回が近いようなときには、逃した分がとばしてください。逃した分を余計に飲むことはありません。



過剰に飲んでしまった場合:
緊急に対応しなくてはなりません。毒物対応の機関などに連絡してください。過剰使用の場合の徴候は口の渇き、めまい、うとうとした状態を引き起こすことがあります。

何か避けることはありますか?:
アレグラを含む薬を飲む前後に15分以内に制酸剤を使うことを避けてください。制酸剤は、あなたの体がこの薬を吸収することをより難しくする可能性があります。フルーツジュースや特定の制酸剤は、あなたの体がフェキソフェナジンを吸収することをより難しくするかもしれません。アレグラをフルーツジュース(例えばリンゴ、オレンジまたはグレープフルーツ)と一緒に飲まないでください。また、医師の指示のない限りは他の風邪薬やアレルギー薬といっしょに飲まないでください。

アレグラの副作用:
あなたがアレグラに対するアレルギー反応の徴候を示した場合、すぐに医師の診断を受けてください。
じんましん、呼吸困難、顔・唇・舌またはのどの腫脹。発熱、寒け、体の痛み、咳または他の風邪の症状がでた場合は、アレグラの使用を中止して、すぐに医師の診断を受けてください。
より重篤でないアレグラ副作用は、以下のものを含みます。
・吐き気、下痢、胃の調子の悪さ
・月経の痛み;
・うとうと状態、退屈感
・頭痛
・筋肉または背中の痛み

これは副作用を完全にリストしていませんので、他の症状があらわれることもあります。
副作用については医師の診断によってください。

どんな他の薬がアレグラに影響を及ぼしますか?:
この薬を飲む前に、あなたが眠気をまねくような薬を定期的に使用している場合は、医師に告げてください。そういった薬には例えば風邪薬、アレルギーの薬、発作、うつ、不安感の薬、鎮静剤、麻酔、睡眠薬、筋肉弛緩剤が含まれます。これらはアレグラに起因する眠気を増すことがあります。

他にも使用している薬があれば医師に相談してください。
とくに以下のようなものについては重要です。
ケトコナゾール(ニゾラル)またはエリスロマイシン(E. E. S.、エリペッド、エリタブ、エリスロシン、ペディアゾール)。
このリストは完全なものでありません、他の薬にもアレグラと相互作用を起こすものもある可能性があります。あなたが使用している薬(処方薬、店頭販売の薬、ビタミン剤、ハーブを含む)についてすべて医師に告げてからこの薬を使用してください。医師に言わないままに新薬の使用をしてはいけません。