すべての画像・説明文の無断転載複写禁止

ヘプセラ(アデホビル)

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。

ヘプセラ
アデセラ(ヘプセラのジェネリック
成分:1錠中アデホビルピボキシル10mg
メーカー:Cipla
価格はUSドル日本円換算で日本への送料を含みます
しかも国際航空書留郵便(REG便)で追跡可能です
10mg30錠単位
30錠:6,000円
60錠:11,000円
90錠:15,000円
150錠:22,500円
300錠:40,000円
アデセラ(ヘプセラ)添付文書英文日本語訳
アデセラ
アデホビルピボキシル錠10mg

成分:
アデホビルピボキシル10mg

使用指示:
アデセラは、活性ウイルス増殖、血清アミノトランスフェラーゼ(ALTまたはAST)の持続的上昇、組織学的な病気といった状態の成人の慢性B型肝炎の治療に用いられるものです。この使用指示は、代償性肝機能のあるHBeAg+ やHBeAg-の慢性B型肝炎を持つ成人への組織学的、ウイルス学的、生化学的、血清学的な反応にもとづきます。また、肝機能が代償性あるいは非代償性であるラミブジン抵抗性のB型肝炎の患者に対しても同様です。
12歳から18歳以下の場合は、代償性肝機能のHBeAg+慢性B型肝炎ウイルス感染の患者に対するウイルス学的、生化学的反応にもとづいています。

使用量:
慢性B型肝炎
慢性B型肝炎の患者に対して推奨されるアデセラの使用量は、12歳で適切な腎機能がある場合は10mgを1日1回経口で食物に関わらずにとります。最適な使用間隔については詳しいことはわかっていません。アデセラは12歳以下の子供の使用はすすめられません。

腎機能障害への使用量調節:
アデホビルディピボキシルは腎機能障害の患者に使用した場合は薬物曝露が増加します。ですから、アデセラの使用間隔は、クレアチニン・クリアランス値が<50 mL/minである患者さんに対しては表にあるような調節を行う必要があります。これらの使用間隔についての安全性や効果はまだ臨床的には評価されていません。さらに、これらのデータは既存の腎機能障害の患者のものであることも認識しておく必要があります。アデホビルでの治療の間、腎機能不全が進展してしまったような患者には適切ではありません。腎機能や治療の反応については、注意してみていく必要があります。


腎機能障害のある患者へのアデホビルディピボキシの使用間隔
クレアチニン クリアランス値 (mL/min)
> 50 30-49 10-19 人工透析を受けている場合
推奨使用量と使用間隔 24時間ごとに
10mg
48時間ごとに
10 mg
72時間ごとに
10 mg
透析後7日ごとに10mg

クレアチニン・クリアランス値はコッククロフト・ゴールド式にもとづき計算しています。これには理想的な体重が用いられています。
アデホビルの薬物動態については、クレアチニン・クリアランス値が<10 mL/minであり、人工透析を受けていない患者については調べられていません。ですから、これらの患者に対する推奨使用量は表示されていません。 青年期の腎不全患者についての推奨使用量はまだ明らかになっていません。
禁忌: アデセラは製品の成分に過敏反応のある方は使用できません。
パッケージ: アデセラは30錠の容器に入っています。

海外からの発送です。商品のお問い合わせや購入方法は商品名を記載してメールでお願いします。24時間以内にお返事致します。携帯メールアドレスの方はメール返信してもエラーで戻ることが多々あります。パソコンからのメール返信ですのでメール受信拒否にしないようにお願いします。