All rights reserved. Copyright(C) 2002- Australia & Newzealand Pharmacy Group 転載、コピー禁止

プロメンシル

分類:ハーブサプリメント
製品の価格や注文などの問い合わせ、健康に関する相談など、日本で医薬品販売許可がある個人輸入代行業者(オレンジドラッグ)へメールや電話(0836-58-5639)でお気軽にお問い合わせください。
製品一覧はこちら サプリメント詳細はこちら

プロメンシル(レッドクローバー)
<健康補助食品>
プロメンジル30錠女性
1日1錠
御召し上がりください
1錠中:40mgの植物エストロゲン

PROMENSIL(プロメンシル)

女性のための天然植物エストロゲンのサプリメント
レッドクローバーからの抽出。天然の豊富なイソフラボン植物エストロゲンのサプリメント
女性の肉体的、精神的な幸福の維持に貢献

(エストロゲンの重要性)
近年の医学のすばらしい発見の一つに、エストロゲンが体内のほとんどすべての組織の健康維持に関係するということを見い出したことです。女性にとって、エストロゲンは老化とともに減少していきます。エストロゲンは女性の生殖器官の発達にのみ関係するものではありません。思春期の間、また子供を生む間、体はエストロゲンにより骨の強化、肌の質の維持がおこります。これらエストロゲンはまた動脈の健康や通常の血圧、コレステロールレベルの維持にも働きます。通常の脳の機能と感情はまたエストロゲンに影響を受けます。体内の組織の若さの維持に決定的な役割をエストロゲンは果たすのです。

35才頃になると女性は自分でエストロゲンを作るスピードが遅くなります。これは多くの女性に起こることです。通常の体の機能はこの段階では大変に重要になってくるのです。エストロゲンをサプリメントとしてとることの効果はよく知られています。これは体のコレステロールレベルのコントロール、健康な骨の維持にとって有効です。また、動脈の壁の弾力性、肌のつや、気分や感情の安定、集中力などにも有効です。

(食事との関係)
もしエストロゲンが女性の健康にとってそれほど重要ならば、どうして自然になくなってしまうのでしょうか?この問題は他の哺乳類にはありません。

また、どうして北アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなどの女性はアジア、中央アメリカ、地中海地方の女性と比べてエストロゲン欠乏と関係した症状の発生率が高いのでしょうか。研究によると、それは食事に関係しているようです。西洋では昔の食事とはかなり違った形での食事がなされているのです。フィトエストロゲンや植物エストロゲンというものが食事の中でのポイントとなります。

(どうして植物エストロゲンが重要か)
フィトエストロゲンは植物に存在する物質です。エストロゲンの効果と似た効果を持ち、ヒトのエストロゲンとその構造もよく似ています。ヒトの祖先のエストロゲンと大変に似ているのです。フィトエストロゲンは何千年もの間、ヒトの食事に存在していました。女性の体のエストロゲンレベルはこれでバランスがとられていたのです。

ただ、このフィトエストロゲンは体が作り出すエストロゲンとは違い、それほど強くありません。若い女性は自分自身のエストロゲンレベルが十分ですので、フィトエストロゲンは限られた効果となってもいいえすが、年令を重ねるにつれて、エストロゲン生産が減り、フィトエストロゲンが重要になってくるのです。50才頃からはエストロゲン生産は極端に減り、フィトエストロゲンがエストロゲンとしての活性の源になります。

(フィトエストロゲンの効果はどれも同じか?)
たくさんの植物エストロゲンが知られています。これらは、フラボン、フラバノン、フラボノル、チャルコン、リグナン、イソフラボンなどです。フィトエストロゲンの最も普通のタイプはフラボン、リグナンとイソフラボンです。リグナンとフラボンは穀物や果実、野菜に多く含まれます。しかし、イソフラボンはクローバーや大豆、ヒラマメ、ヒヨコマメ、インゲンなどのマメ科植物にのみ見られるものです。アメリカ人女性のほとんどはリグナンやフラボンはあるレベルで保有していますが、イソフラボンはとても低いレベルでしか持っていません。

アジアではマメ科植物は大変によく消費されるので、血中のイソフラボンフィトエストロゲンはアメリカ人女性の20〜30倍にもなります。

イソフラボンはアメリカ人の食事に大変に不足しがちです。アジアやラテンアメリカのようなマメ科植物をとることが必要になってきています。イソフラボンには4つのものがあります。バイオカニン、フォルモノネチン、ゲニステイン、ダイドゼインです。プロメンシルはレッドクローバーから抽出されたもので、これら4つのイソフラボンを含んでいます。大豆などには2つしかありません。

新しいプロメンシルはエストロゲンの代わりとして大変にいいものです。安全えオーストラリアレッドクローバーから得られた天然植物エストロゲンです。

中年になるとエストロゲン生産レベルは衰えます。体の異常を感じはじめることでしょう。プロメンシルはエストロゲニックイソフラボンと呼ばれる天然植物エストロゲンの付加によってその減少を補うのです。

イソフラボンの人間の健康への影響は大変に重要なものです。残念なことに大豆などはエストロゲニックイソフラボンの主要な4つのうちの2つしか持っていません。プロメンシルはこれら4つのすべてを含んでおります。

アジアやラテンの女性は中年になって肉体的、精神的に特に異常を感じる人はあまり多くありません。ヒラマメ、大豆、ヒヨコマメなどが食事に多く含まれるからです。アメリカ人の食事にはこれらが大変に不足しています。

プロメンシルは一日1錠とるもので、今現在のアメリカ人の食事に含まれるエストロゲニックイソフラボンの約8倍もの量を摂取できるのです。14年間もの研究でプロメンシルは生まれました。臨床的にも93%の女性がプロメンシルを使い続けたいと言っています。感情が正常である、と言った声が多くの女性から聞こえています。

プロメンシルはレッドクローバーから得られたものです。イソフラボン植物エストロゲンの源です。その開発の過程では、ノボゲンがフィトエストロゲンの分野でもっとも有名な科学者と協力し、その加工過程で技術を応用しました。オーストラリアで管理された場所育ったクローバーを使用して、特許製法で作られています。

500mgプロメンシル錠剤には40mgの植物エストロゲンが含まれています。さらに、プロメンシルは4つの主なエストロゲニックイソフラボンが含まれており、これが健康を維持するために働くのです。これら4つのうち、ダイドゼインとゲニステインは他の食物にもよく見られますが、フォルモノネチンとバイオカニンは大豆には含まれていません。

毎日1錠で、マメ科植物を食事に取り入れるのと同様の効果を示します。1杯の豆乳や4カップのヒヨコマメを毎日とるのと同様です。

(広く使われるプロメンシル)
プロメンシルは多くの女性に使われています。この植物エストロゲンの安全性はこれでおわかりいただけると思います。オーストラリアにこれが紹介されて以来、大変な売り上げを記録して、植物エストロゲンのサプリメントの中ではトップになっています。


お家で病気の検査
ミニチュアダックス・トイプードル・ミックス犬・うさぎのイーわんこ